横浜青葉どうぶつ病院の評判・口コミ - 神奈川県横浜市都筑区【カルーペット】

横浜青葉どうぶつ病院
よこはまあおばどうぶつびょういん

横浜青葉どうぶつ病院

4.57
飼い主の声23件 (
アクセス数: 26,238 [1ヶ月: 910 | 前期間: 1,102 ]
所在地
横浜市都筑区 中川中央
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
得意な診察領域
脳・神経系疾患 循環器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気
センター北駅より徒歩2分。日曜・祝日も17時まで診療。動物たちに優しい医療を提供します。整形外科おまかせください。ペットホテル承ります。提携コインパーキング有。
都筑区の「横浜青葉どうぶつ病院」は、センター北駅から徒歩2分。地域の皆さまの身近なホームドクターとして「動物たちに負担の少ない優しい医療」を心掛けている病院です。

月曜~土曜(木曜除く)19時まで、日曜・祝日も17時まで診療を行っているので、もしものときにも安心してご来院ください。

犬・猫・小動物の診察に対応。
特に整形外科、神経外科を専門とし、骨折・膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂の手術症例が多くあります。

1. 健康診断
病気の早期発見、早期治療のため定期的な健康診断をご案内しております。月齢に合った様々なコースをご用意しております。

2. 手術
避妊、去勢などの一般外科から、整形外科、神経外科のような専門的手術まで、様々な手術に対応出来る体制が整っております。特に整形外科に力を入れています。また、疼痛管理(pain control)の徹底も心掛けております。

3. 犬と猫の予防医療
犬と猫の予防医療に積極的に取り組んでおります。また、高齢犬との暮らしもサポートします。

【当院の基本理念】
・十分なコミュニケーションインフォームドコンセント
・ホームドクターとして、丁寧な予防医療
・二次医療への対応設備と経験
当院では、「人と動物の絆」を重視しています。

動物の症状や飼い主様との関係性などに配慮し、飼い主様から十分な納得を得た治療こそが、最良の関係を維持する最善の治療と考えています。

全ての可能性を求める飼い主様の望みと、家族との絆を大切にした治療とのバランスを取りながら、最善の医療を提供できるよう努めます。

ドクターズインタビュー

古田 健介 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.025

犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

整形外科系疾患

痛みの少ない手術を実践、積み重ねた経験が幅広い治療を生む

横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。 もっと読む

古田 健介 院長
街の頼れる獣医たち vol.024

一般診療から専門診療まで。チーム医療で飼い主に安心を届けたい

得意分野を生かした診療体制を整え、スタッフ一丸となって対応

横浜市都筑区の横浜青葉どうぶつ病院は、整形外科・外科が専門の古田健介院長と、循環器・画像診断・小動物の診療など専門を持つ獣医師によるチーム医療が特徴だ。開業までの経緯や、飼い主様とのコミュニケーションについて古田院長に伺った。 もっと読む

口コミ

4件中 3件を表示(すべて見る

にーにゃ
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

猫を飼い始めた頃に、開院の内覧会にお邪魔しました。 衛生的な待合室やトイレ、設備も整い、そして何より優しい先生です。 当初は院長先生お一人で診察されており、ちょうど別の患者さんワンちゃんの緊急手術... (続きを読む)

投稿時期: 2019年06月 | 来院時期: 2019年05月 
5.0
ポンチョ479
さん
7人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

もともと膝が弱く知り合いの紹介で受診したところ、とても分かりやすく説明して頂きました。 結果的に手術をすることになりましたが、入院中もスタッフの方々がとても可愛がってくれて、少し神経質なうちの子も安... (続きを読む)

投稿時期: 2018年06月 | 来院時期: 2018年04月 
5.0
りゅうちゃんママ
さん
8人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています

いつも優しく迎えてくださる先生。病気の時には、じっくり様子をみて直ぐに治療、手術を勧めたりせず、飼い主の考えやわんこの事を考えながら治療法をご提案して下さいます。 お友達も他の病院ですぐ手術しないと... (続きを読む)

投稿時期: 2018年05月 | 来院時期: 2018年05月 
5.0

4件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

19件中 3件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2020年7月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 蛋白漏出性腸症

    とても良く見てもらっています。症状も良くなってきています。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年3月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 心臓、胃腸、脚

    心臓のお薬を調合して頂き、安定してすごせています。胃腸も崩しやすく、早めに注射、投薬で対応して下さいます。食事のこと等日常生活についても相談に乗って下さり、助かってます。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年3月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 誤飲|検査・点滴・投薬

    丁寧に親身に対応して下さって不安な中、必要以上に動揺せずに居られました。ずっと長時間抱いていて下さって、家族も本当に有難く思いました。全てにとても感謝しています。

19件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

健康診断

当院では、「病気の早期発見、早期治療は動物たちの幸せにつながる」との考えから、定期的な健康診断をおすすめしております。

◆若齢〜約7歳
年に1回の健診をおすすめしております。
健康体だからこそ得られるその子の血液検査正常値を知る事が、加齢に伴って出てくる異常値の早期発見につながります。

◆中高齢〜
半年に1回の健診をおすすめしております。
併せて心臓病の健診や、当院常駐の画像診断医によるCT検診により、詳しい検査をさせて頂きます。

費用や月齢に合った様々なコースをご用意しておりますので、ますはお気軽にご相談ください。

手術

当院では、避妊、去勢などの一般外科から、整形外科、神経外科のような専門的手術まで、様々な手術に対応出来る体制が整っております。

特に整形外科や神経外科が専門ですので、お悩みの方はぜひご相談ください。

「動物に優しい医療」を基本理念とする当院では、まず十分な術前検査を行い、動物たちに無用な苦痛を与えない適切な手術計画(術前、術中、術後)を立て、疼痛管理(pain control)の徹底を心掛けております。

麻薬性鎮痛剤や局所麻酔薬などを用いたブロック鎮痛により、可能な限りの疼痛緩和を行います。

尚、当院で対応が難しい場合は、最適な設備・経験を持つ大学病院などをご紹介しますので安心しておまかせください。

犬と猫の予防医療

動物たちと楽しく幸せに暮らす上で大切なことは、人と同様「予防」と「病気の早期発見・治療」、そして日々の「運動」と「食事管理」「定期的な接種接種」があげられます。

◆犬
日々の予防医療や、早期発見に繋がる定期健診が大切になります。犬たちの日常のちょっとした気になる動きなど、どんな些細なことでもご気軽にご相談下さい 
【犬の予防接種】
・狂犬病予防
・混合ワクチン
・フィラリア予防
・ノミ・ダニ予防

また当院では、高齢犬との暮らしもサポートしております。

犬の痴呆や介護などで、精神的・肉体的にも疲労していませんか?そんなときは限界まで頑張りすぎず、まずはご相談ください。

最愛の家族である動物たちを最後まで共に温かく見守っていきましょう。

◆猫
ワクチンによる病気の予防が大切です。
【猫の予防接種と予防医療】
・3種あるいは5種混合ワクチン
・ノミ、ダニ予防

猫の長寿化により腎不全に特に注意が必要です。
血液検査や尿検査で調べられますから、早期発見のためには、7歳を過ぎたら半年に一度位の定期健診をお薦めします。

院長紹介

古田 健介

メッセージ

当院は、予防から一部の専門診療も含める広範囲の医療を目指しますが、そこで大切にするのは“動物に優しい医療”という視点。 

その視点の基本は、『人と暮らす動物たちにとって一番幸せなことは、単に長く生きられることだけではなく、長く家族の傍に一緒に居ること』という“人と動物の絆を重視する”考え方です。

従って、当院が目指す動物に優しい医療は、必ずしも病気を治す最高の高度医療とは限りません。
家族の一員としての動物と人の絆を意識すると、高度医療による入院で家族と離れた生活を長く動物に強いるより、通院できる方法を選択するのも一つだと考えます。 
一方で、全ての可能性を求める飼い主様の望みにも応えたい …。 そのバランスをとりながら、患者動物特有の症状や飼い主様との関係性などを配慮し、飼い主様の十分な納得を得た治療こそが、飼い主様と動物たちの最良の関係を維持する最善の治療、と考えます。

(所属学会)
獣医麻酔外科学会、動物臨床医学会、日本獣医師会、横浜市獣医師会

スタッフ紹介

古田あゆ美

北里大学 獣医畜産学部 獣医学科卒業(解剖学研究室)

(略  歴)
2008〜2011:相模原市動物病院勤務
2012〜2013:北里大学獣医学部付属小動物診療センター全科研修医
2016〜:JASMINEどうぶつ循環器病センター研修医

(所属学会)
日本獣医循環器学会

三浦綾乃

北里大学 獣医学部 獣医学科卒業(放射線学研究室)

(略  歴)
2012〜2015:都内動物病院勤務
2015〜2017:動物健診センターキャミック勤務(画像診断医としてCT、MRI検査を担当)
2017〜:横浜青葉どうぶつ病院勤務(小動物診療、画像診断担当)

(所属学会)
エキゾチックペット研究会、獣医画像診断学会

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
横浜青葉どうぶつ病院
住所
〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-8-3 プリムローズ1F (地図)
電話
045-910-5500 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス

※ハリネズミ、フクロモモンガ、その他小動物も診察いたします。

得意な診察領域
脳・神経系疾患 循環器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-17:0009:00-17:00
14:00-19:0014:00-19:0014:00-19:00-14:00-19:0014:00-19:00--

※小動物診療のみ予約制とさせて頂きます。

※継続治療中、または当院で診療や予防を受けられた動物には、出来る限りの対応を致します。先ずは来院前に必ずご連絡下さい(Tel:045-910-5500)。また、当院で対応出来ない場合は、提携先のDVMs救急医療センター(Tel:045-473-1289)へご連絡をお願い致します。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.yokohama-aoba.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-8-3 プリムローズ1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療 NEW

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。 NEW

    滋賀県近江八幡市の森動物病院は、75年以上の歴史をもつ。ワクチンやフィラリア、去勢・避妊手術などの予防医療から、CT検査や高難度の外科手術にまで対応できる総合医療を提供。3代目の森健志先生と篠田仁美先生へ、同院の強みや特徴について伺った。

    • 近江八幡動物医療センター 森動物病院
    • 森 健志先生
    • 篠田 仁美先生
  • 往診専門動物病院と緩和ケアの在り方

    あさくさワンニャン保健室は、台東区に拠点を構えて東京都内で往診診療を行う、犬猫の往診専門動物病院だ。病院に行けず諦められていた命に手を差し伸べたいと話す江本宏平院長に、往診の意義やターミナル(緩和)ケアについて話を伺った。

    • 往診専門動物病院わんにゃん保健室
    • 江本 宏平院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
  • 口から始まる「病気の予防」

    名鉄線南安城駅から徒歩10分のパーク動物病院は、歯科治療に力を入れている。歯周病は全身の病気を発症するリスクも高めるという。「歯周病は体を守るために治療するべき病気」と話す奥村聡基先生に、治療の方針やホームケアについてお話を伺った。

    • パーク動物病院
    • 奥村 聡基先生
ページトップへ