きくなが動物病院の評判・口コミ - 鹿児島県鹿児島市【カルーペット】

きくなが動物病院
きくながどうぶつびょういん

きくなが動物病院

4.93
飼い主の声56件 (
アクセス数: 58,777 [1ヶ月: 998 | 前期間: 1,004 ]
所在地
鹿児島市 和田
診察動物
イヌ ネコ
鹿児島県唯一のオゾン療法、免疫細胞療法。平日・土曜は19時まで、日曜午前中も診療します。無料駐車場3台完備。
「きくなが動物病院」は、鹿児島県 鹿児島市の犬猫専門動物病院です。

動物を家族の一員と考え、わんちゃん・ねこちゃん達にとって一番大切なのかを飼い主様と一緒に考え、健康管理に役立てる動物病院を目指しております。

平日・土曜は19時まで、日曜午前中も診療しますので、お忙しい飼い主様もお仕事終わりやお休みの日などにお越しいただけます。

西洋医学では苦慮する多くの難治性及び老齢性疾患の治療に、今までの治療法に加わる選択肢の1つとして
 【オゾン療法、免疫細胞療法(活性化リンパ球療法)、再生医療(幹細胞療法)】
皮膚病の予防、治療法のひとつとして
 【オゾンスパ(オゾンペットシャワー、マイクロナノバブル温浴、炭酸泉温浴)】
をご用意しております。

1)オゾン療法
麻酔や手術が適応できない場合、もしくは今までの治療方法では効果が得られにくかった難治性疾患(腫瘍やアトピーなど)の場合にも用いることが可能です。
① 病気改善・代替療法
オゾン療法は単独での実施ばかりでなく様々な治療と併用でき、併用することで薬剤の副作用の軽減や効果増強が期待できます。
② 健康維持・増進・アンチエイジング・病気予防
今は何も症状が現れていない健康な子でも受けることができます。

2)免疫細胞療法
① 活性化リンパ球療法
② 樹状細胞療法
リンパ球ががん細胞の増殖を抑えるため、がんの増殖や、延命が期待できます。
体への負担が少ないため、副作用が少なく、一部のガンや血液の病気を除き、ほぼすべてのガンに適応可能です。

3)再生医療
① 幹細胞療法
傷ついた細胞を修復し、新しいものに交換=再生する力を使って病気やケガを治すのが『再生医療』です。
再生の力は「幹細胞(かんさいぼう)」という細胞が頑張ることで発揮されます。
椎間板ヘルニア・脳梗塞などの神経疾患、腎炎・腎不全・肝不全や治りにくい骨折、自己免疫疾患などの疾患に改善が期待されます。

4)オゾンスパ(オゾンペットシャワー、マイクロナノバブル温浴、炭酸泉温浴)
オゾンスパを行うことで、皮膚の殺菌・洗浄・脱臭し、皮膚疾患の治療と予防になります。

無料駐車場を3台ご用意しておりますので、お車でお越しの際はご利用ください。

口コミ

31件中 3件を表示(すべて見る

アヒル一族
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

入院する事になった親戚から7歳になる柴犬を保護したので、長い間安心して診ていただける病院を探して「きくなが動物病院」を見つけました。 絶対に柴犬への接し方が慣れている先生が良かったので、病院のHPで... (続きを読む)

投稿時期: 2021年02月 | 来院時期: 2021年02月 
5.0
まさお
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

家の近くの病院にずっと通ってましたが痒がりと皮膚の状態がなかなか治らず患部の毛がどんどん抜け血が出て皮膚が見えてる状態で4ヶ月ほど過ぎた時にネットで見つけました。最初の診断で丁寧にこれからの治療法、治... (続きを読む)

投稿時期: 2020年09月 | 来院時期: 2020年09月 
5.0
ちゃっぴー
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

違う病院に通っていて治療法がない上にもうグッタリ状態でここの病院に連れていきました。もう諦めていて口コミを見てダメ元で行ってみたところ本当にちゃんとした病院で動物を第一に考えてくれる先生達でした。グッ... (続きを読む)

投稿時期: 2020年09月 | 来院時期: 2020年09月 
5.0

31件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

25件中 3件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2021年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 椎間板ヘルニア|オゾン療法、投薬、サプリメント(PEダーマセレクトニューロ、アンチノール)

    治療前は後足が立てなかったのが今では少しよろけるが歩いています。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年9月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: マラセチア性皮膚炎

    10歳になるトイプードルです。3~4年前から皮膚病に悩まされてきました。口コミできくなが動物病院を知り受診。しっかり病状説明をして頂きました。投薬を1か月続けると、かゆみ、フケ、臭いが全く無くなり嘘のように良くなりました。もっと早くきくなが先生に診てもらっていればと後悔です。今後、愛犬に何かあっても信頼出来る先生がいらっしゃるので、本当に安心しています。

  • 4.5
    投稿時期: 2020年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: アトピー(オゾン療法)、去勢手術(セルトリ細胞腫)

    生後2年を過ぎたころからアトピーを発症し、オゾン療法治療をすすめられ、30回位。その時々に消炎剤も使用(服用)現在はほぼ落ち着き、毛並みもきれいです。 / 潜在精巣にセルトリ腫瘍ができ、手術しましたが、日帰りでき、ペットも飼い主も安心できた。丁寧に説明や資料を頂き、良く理解できました。先生の大きい声や説明がわかりやすく、シニア飼主には好感がもてます。他のスタッフもとてもいいです。

25件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

オゾン療法

オゾン療法とはオゾンガスを用いた様々な治療法の総称です。
当院では「オゾン注腸法」すなわち、肛門からオゾンガスを入れる治療を実施しております。
麻酔や手術が適応できない場合、もしくは今までの治療方法では効果が得られにくかった難治性および老齢性疾患(腫瘍やアトピーなど皮膚病)の場合にも用いることが可能です。

【オゾン療法に期待できること】
① 病気改善・代替療法
オゾン療法は単独での実施ばかりでなく様々な治療と併用でき、体への副作用がほとんどなく体力を落としている子でも実施でき、薬剤の副作用の軽減や効果増強が期待できます。
また手術の前後、化学療法(抗がん剤治療)実施中でも実施可能です。


② 健康維持・増進・アンチエイジング・病気予防
今は何も症状が現れていない健康な子でも、オゾン療法を受けることができます。
免疫調整作用があると考えられ、自然治癒力の促進が期待されます。

治療時間は1回15秒程度とが短いです。
費用も1回1,000円(税抜)となります。

オゾン療法を体験できるのは南九州(鹿児島、宮崎)では当院のみです。

免疫細胞療法(活性化リンパ球療法、樹状細胞療法)

ガンそのものを小さくする目的のガン治療の3大療法(外科、化学治療、放射線治療)に加わる選択肢の1つとなります。
『免疫療法』は「自分自身が持っている力」でがんを治療する新たな治療法です。
ヒト医療でも、急速に普及しつつあり、リンパ球ががん細胞の増殖を抑えるため、ほぼすべてのガンに適応可能で、延命が期待できます。

療法の種類
① 活性化リンパ球療法
単純にがん細胞を攻撃する免疫細胞を増やし、体にもどす非特異的免疫細胞療法です。

② 樹状細胞療法
攻撃する免疫細胞を増やすだけでなく、免疫細胞にがん細胞を認識させ、的をしぼり攻撃力を高めることを行った特異的免疫細胞療法です。

免疫細胞療法ができるのは鹿児島では当院のみです。

【免疫細胞療法に期待できること】
① 再発と転移を予防
全身に散らばる「小さながん細胞」を攻撃して、
  再発と転移を予防します。

② どんな子にも適応
麻酔の必要がなく体力のない子でも治療できます。

③ 副作用がほとんどない
自分の血液から増やした『リンパ球』で治療するので、
副作用がほとんどありません。

再生医療(幹細胞療法)

傷ついた細胞を修復し、新しいものに交換=再生する力を使って病気やケガを治すのが『再生医療』です。再生の力は「幹細胞(かんさいぼう)」という細胞が頑張ることで発揮されます。

幹細胞は小さなお医者さん
① 病気やケガしたところに駆けつけます。
② 治療のための処方せん(=サイトカイン)を出します。
③ 骨や軟骨、血管などに変身します。

【治療効果が期待されている病気】
神経疾患
 椎間板ヘルニア、脊髄梗塞、脳梗塞、認知症
自己免疫性疾患
 乾性角結膜炎、炎症性腸疾患、溶血性貧血
眼疾患
 角膜潰瘍、進行性網膜萎縮症
整形外科疾患
 骨折癒合不全、関節炎、靱帯損傷
その他
腎臓疾患、肝臓疾患など

多くの病気に効果が期待され、幹細胞を使った治療はヒト医療でも始まっています。

治療法がないとあきらめる前に・・・
再生医療は夢物語ではなく、手の届く「現実の治療」です。
しかし、まだまだ分からないことも多く、まさにこれからの治療法だと思います。
ぜひ一度、当院で再生医療を試してみませんか?
きっと選択肢が広がると思います。

幹細胞療法ができるのは九州では当院のみです。

院長紹介

菊永栄作

メッセージ

『命の尊さ』についてもっと自分にできることはないか、ずっと考えておりました。そこで動物病院であれば命を救うことができると考え、40歳で県公務員を退職しました。

飼い主様の不安な気持ちを解消させ、『安心感』をご提供できる診療をめざすために上京し、昼間、夜間救急の動物病院の4年間の勤務を経て今日に至りました。

飼い主様の立場に立って、謙虚な気持ちで親身にコミュニケーションをとり、丁寧で分かりやすい言葉での説明し、治療方針を決めていきます。
また、かけがえのないご家族の一員である動物たちへの優(やさ)しい診療を心がけております。
スタッフ一同、明るく、親切で、笑顔を大切にしながら、皆さまに愛される動物病院として安心できる暮らしをご提供し続けられますように努力して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

<経歴>
2010年~  目黒区かねこ動物病院(現在、ガーデン動物病院洗足)に勤務
       夜間救急動物病院目黒に勤務
2012年~  上記病院以外に週1回
       千葉市青木獣医科病院(現在、とことこ動物病院)に勤務
2014年3月~ きくなが動物病院開院

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
きくなが動物病院
住所
〒891-0143 鹿児島県鹿児島市和田1丁目23-6 ユーミー大御堂Ⅱ1F (地図)
電話
099-296-1212 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:00
空いている混んでいる予約のみ

※休診日:木、日(午後)

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://kikunaga-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒891-0143 鹿児島県鹿児島市和田1丁目23-6 ユーミー大御堂Ⅱ1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 犬・猫の内科疾患

    西武新宿線狭山市駅から徒歩10分にある彩の森動物病院は、大学附属病院で培った経験を活かし、腫瘍や血液内科疾患など治療が困難な疾患の治療にもあたっている。また嘔吐や下痢といった一般的な消化器内科疾患から内視鏡を用いた処置まで様々な診療を行う。

    • 彩の森動物病院
    • 鴨林 慶院長
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生