アイビーペットクリニックの評判・口コミ - 神奈川県大和市 【Calooペット】

アイビーペットクリニック
あいびーぺっとくりにっく

アイビーペットクリニック

4.49
飼い主の声14件 (
アクセス数: 19,636 [1ヶ月: 873 | 前期間: 680 ]
所在地 :
大和市 中央林間
診察動物:
イヌ ネコ
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
地域に密着した皆様のホームドクターを目指していきます
最近では、ワンちゃんネコちゃんがペットという存在から大切な家族の一員という存在に変わってきています。
ワンちゃんネコちゃんに対してのオーナー様の意識も高まり、それに伴い獣医療の質も向上し、動物病院も数多く見られるようになりました。

そんな中、当院では以下の点を理念としています。
・ペットの病気の予防のため、必要なホームケアや予防薬などのご提案を通じて予防医療に努めます。
・正確な知識と確実な技術で診断・治療を行います。
・ご家族との連携を大切にし、オーナー様が何でもご相談しやすい環境づくりを心がけます。
・より良い診察をご提供できるよう、スタッフ一同が日々ステップアップし続けます。

当院の名前『アイビー』とは、観葉植物のアイビーから付けています。
花言葉は「永遠の愛」、それに加え大地にしっかり根付きグングン伸びていく生命力をイメージしました。
アイビーのように地域に根ざし、オーナー様とペットとの関係を繋いでいく存在になりたいと願っております。

特に、確実な診断と長期のアプローチが大切となる『腫瘍科』と『皮膚科』に力を入れ、皆さまのお力になれるよう努めてまいります。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

9件中 3件を表示(すべて見る

ローズマロウ383
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

10以上の動物病院をワンダリングして、ようやくたどり着いた病院です。 以前飼っていたジャックラッセルテリアの治療の時には、ほかの病院で 緊急入院し、治療をしたのですが、容体がどんどん悪化。 すで... (続きを読む)

投稿時期: 2017年03月 | 来院時期: 2015年01月 
5.0
ばやしちゃん
さん
6人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

愛猫が元気が無くなり診察してもらいました。年齢的には15歳になっていたので、検査の結果は老衰という事でした。貧血の為の輸血や、点滴などしてもらい、通院になりました。土日には混雑していて、診察に1時間以... (続きを読む)

投稿時期: 2016年09月 | 来院時期: 不明 
4.5
れこ
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

爪切りと体重測定と虫歯の相談に行きました。 先生みんなが動物大好きなのがよくわかるくらいの良い対応でした。気になっていた事やわからない事をとても詳しく教えてくれます。 虫歯の相談の際に、現在虫歯は... (続きを読む)

投稿時期: 2016年07月 | 来院時期: 2016年01月 
5.0

9件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

5件中 3件を表示(すべて見る

  • 4.5
    投稿時期: 2018年2月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 心臓病、内分泌系の治療(血液検査、投薬、点滴)

    各種検査(心臓、甲状腺、副腎他) 手術(脾臓摘出、だ液腺摘出、腫瘤切除) 歯石除去 検査~手術、術後のケアまで、フォローが徹底してます。 治療を進めていくにあたって、選択肢をあげてくれるので、飼い主が納得する治療が出来ていると感じてます。

  • 5.0
    投稿時期: 2018年2月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 急性膵炎

    現状での対処、治療方法の説明、また検査結果によっての対処法(治療法)の具体例、それによって飼い主がどうすべきか順を追ってわかりやすく説明。とにかくわかりやすいのと、不安でいっぱいの飼い主に対しての治療というか心のケアまでしてくれる。初めて犬を飼った私にとっては、本当にありがたいです。 とてもていねいな診療なので待ち時間が長いということもありますが、それでも「ここが良い」という人しか来ていないのでは...待ってでもみて頂きたい‼という人がこの病院を選んでいると思います。 感謝の気持ちしかありません。 (でも...先生方働きすぎで...無理をされませんように...)

  • 5.0
    投稿時期: 2018年2月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 血液検査、他 全般のチェック

    がんになってしまった子に対しては、痛み止めを中心に親身な緩和ケアをしていただいた。動物だけに限らず、飼主にも適切なアドバイスが多くあり、心強く思った。

5件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

当院の手術へのこだわり

大切なワンちゃんネコちゃんが手術を受けるということはオーナー様もとても不安なことと思います。
体力的にも精神的にも動物たちに負担がかかります。
当院は動物たちにかかる負担をできるだけ減らし、手術を行うメリットを大きくすることがスタッフ一同最大の目標と考えております。

痛みを軽減するには痛みを感じる前に抑えることが重要で、先取り鎮痛を用いることで手術後の痛みのピークを抑えることが出来ます。
そして異なるポイントに作用する『マルチモーダル鎮痛』を組み合わせることで鎮痛効果をより高めることが可能です。
当院では体内に縫合糸を残さない超音波手術システム『ソノサージ』を導入しております。『ソノサージ』は超音波の作用で組織を凝固・切開するので体内に縫合糸を残さず手術を行うことができ、ダックスフントに多く見られる縫合糸肉芽腫のリスクを軽減でき安全性を高めます。
安全な麻酔管理のために、手術チーム全体で手術中の動物の状態を細かくチェックして麻酔管理を行っており、手術中の代謝の低下を防ぐため温風ユニットで優しく保温いたします。

腫瘍科診療に対する思い

腫瘍が発見されるともう助からないというイメージが強いかと思われます。
体調の異変を訴えることが出来ない動物たちの腫瘍の早期発見は簡単なことではありませんが、早期発見し適確な診断・治療を行えば完治できる腫瘍や痛みや苦痛を抑えながら長く付き合っていける腫瘍もたくさんあります。
腫瘍の80%は体の表面にできるため、小さなしこりでも見つけたらご相談ください。
残りの20%は体内にできるため、体調がすぐれない、治療中の病気がなかなか良くならないなどは腫瘍のサインかもしれません。
腫瘍とは命にかかわる病気だからこそ、動物・ご家族・獣医師の連携がとても重要になります。
・完治できる腫瘍は適切に治療し、再発防止の徹底を
・完治できない腫瘍は苦痛を抑え日々穏やかな生活ができる工夫を
・一頭でも多くの動物たちの腫瘍を治し、完治が難しい子も最期は穏やかに迎えられるように
これが私達の願いです。

皮膚科診療に対する思い

皮膚科疾患は死につながらない病気がほとんどですが、ワンちゃんネコちゃんにとっては「痒い」ということは非常にストレスで辛いものです。
皮膚科疾患は診断・治療が非常に難しいですが、あきらめずに基本的なアプローチを続けていくことで根本の原因がわかったり、病状を緩和することが出来る病気です。
皮膚科診療には以下のような特徴があります。
・多くの疾患を「除外」して絞りこんでいく
・生涯に渡りケアしていく必要があるものが多い
・ご家族のご協力が不可欠
・ご家族と獣医師との細かなコミュニケーションが大切

動物・ご家族・獣医師の関係性が試される分野であるため、苦しみから開放された動物たちを見る喜びは格別です。
痒みや脱毛などでお困りの方はお気軽にご相談ください。

院長紹介

宮澤 裕

メッセージ

ペットの寿命が延びると共に病気も増えています。
しかし、残念ながらどんな病気に対しても「これが正解」という治療法はありません。
話すことができない動物たちの代わりに、飼い主様が感じている違和感を教えていただくこと、十分に納得がいく選択肢を選ぶことが、正解に近づく唯一の方法だと考えています。
正しい知識や、適切な治療は当たり前ですが、『気になることを何でも相談できる主治医』との信頼関係が最も重要です。
ちょっとしたことでも気になることがあればお気軽にご相談下さい。
いろいろ相談していきましょう。

スタッフ紹介

宮澤 京子

はじめまして、獣医師の宮澤京子です。
ペットと一緒に暮らす生活は、楽しいことがたくさんありますが、
その反面、困ったり、悩んだりすることもありませんか?
常に生活を共にしている飼い主様がペットの一番の理解者です。
ぜひ小さな動物の声に耳を傾けていただいて、私たちにその苦しみや辛さを取り除くお手伝いをさせてください。
常に身近なホームドクター、それが私たちの目標です。

五十嵐 里奈

神経学(後頭部奇形症候群と脊髄空洞症)を専攻していました。
てんかん発作やケイレンでお困りの方は、諦めずにぜひご相談ください!
ワンちゃん・ネコちゃんとご家族の皆様のお力になれるよう、精一杯頑張ります。
よろしくお願いいたします。

遠洞 翠

大学では生化学(炎症性腸疾患における生化学的メディエーター)を専攻していました。
飼い主様が安心できるハイレベルな『万能型』獣医師を目指しています。
ゴールデン・レトリーバーと猫を飼っています。
ワンちゃん・ネコちゃんのこと、何でもお話しください。
大切なご家族の健康を一緒に守っていきましょう!
精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
アイビーペットクリニック
住所
〒242-0007 神奈川県大和市中央林間2-13-15 (地図)
電話
046-211-7167 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-11:4509:00-11:4509:00-11:45-09:00-11:4509:00-11:4509:00-11:4509:00-11:45
16:00-18:45-16:00-18:45-16:00-18:4516:00-18:4516:00-18:4516:00-18:45
空いている混んでいる予約のみ

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://ivypetclinic.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒242-0007 神奈川県大和市中央林間2-13-15

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 口から始まる「病気の予防」

    名鉄線南安城駅から徒歩10分のパーク動物病院は、歯科治療に力を入れている。歯周病は全身の病気を発症するリスクも高めるという。「歯周病は体を守るために治療するべき病気」と話す奥村聡基先生に、治療の方針やホームケアについてお話を伺った。

    • パーク動物病院
    • 奥村 聡基先生
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 往診専門動物病院と緩和ケアの在り方

    あさくさワンニャン保健室は、台東区に拠点を構えて東京都内で往診診療を行う、犬猫の往診専門動物病院だ。病院に行けず諦められていた命に手を差し伸べたいと話す江本宏平院長に、往診の意義やターミナル(緩和)ケアについて話を伺った。

    • 往診専門あさくさワンニャン保健室
    • 江本 宏平院長
  • スタッフの技術と最新の設備で、人と動物が幸せになる環境を作る

    足立区の梅島動物病院は開院して30年。「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫院長と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。勝山院長に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。

    • 梅島動物病院
    • 勝山 義夫院長
ページトップへ