ジンベイ動物病院の評判・口コミ - 埼玉県さいたま市南区【カルーペット】

ジンベイ動物病院
新規開院!2021年3月31日開院
じんべいどうぶつびょういん

ジンベイ動物病院

アクセス数: 608 [1ヶ月: 354 | 前期間: 238 ]
所在地
さいたま市南区 太田窪
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
眼科系疾患 消化器系疾患 腫瘍・がん
さいたま市南区の『ジンベイ動物病院』、年中無休・昼休みなし、犬・猫・多様なエキゾチック動物対象、腫瘍認定医常勤、夜19時まで、駐車場6台完備
さいたま市南区の『ジンベイ動物病院』は、犬・猫・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します。


<犬猫の専門診療について>

1.腫瘍科
獣医師豊原が日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医Ⅱ種を取得しており、腫瘍科診療を担当しております。当院で実施可能な外科治療、抗がん剤治療、痛みや苦痛を取り除いてあげる緩和治療の他、必要に応じて高度医療設備の整った専門病院へのご紹介もご提案させていただきます。

2.眼科
人間と同じように動物にも角膜潰瘍(目の傷)、ドライアイ、白内障、緑内障など様々な眼の病気があります。見た目の症状だけでは判断が難しい場合も多く適切な検査を行い治療する必要があります。

3.鍼灸・東洋医学
基本的には西洋医学を中心に検査・治療を進めさせていただき、西洋医学ではカバーできないことや、検査をしても何もないけどなんだか体調が悪い「未病」といった状態などに、東洋医学を取り入れております。獣医鍼灸師在籍。

4.内科
当院では内視鏡を導入しております。また、大学病院にて内視鏡の経験豊富な獣医師も在籍しております。

<当院のエキゾチックアニマル診療について>

エキゾチック動物のための待合スペース・診察室・専用入院室があり、専門病院にて経験を積んだ複数の獣医師が在籍しております。

小動物は症状を隠す生き物でストレスにも弱いです。
そんな生き物の具合が悪く見えるときは、かなり調子が悪いということも少なくありません。
かなり調子が悪いときに初めて病院に来たら、そのストレスでショック死することもあります。

また、飼育の歴史も浅いため、エキゾチック動物の病気は飼い方に起因するものもあります。

普段から病院に健康診断などで慣らしておくことで、早期に病気の発見や、来院によるストレスの軽減、なおかつ、飼い方・食餌内容などのご相談をさせていただくことで病気の予防となることができると考えております。
少しでも様子がおかしいと思ったら早めに来院することをお勧めいたします。



動物さんへの負担を考慮し、お待ち頂く時間を最小限にしたいと考え予約優先としておりますが、予約なしでの診療もお受けしております。

お電話や直接ご来院いただいてのご予約も可能です。

お知らせ

内視鏡導入しました

ネット予約

予約はこちら

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

腫瘍科

当院では獣医師豊原が日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医Ⅱ種を取得しており、腫瘍科診療を担当しております。

がんは早期発見が非常に大切です。皮膚や体表にできるがんは飼い主様が触って気づかれることが多いです。「こんなところにしこりがあったっけ?おかしいな?」と思ったときは、ちょっとしたことでも構いませんのでご相談ください。がんの早期発見のための健康診断も積極的に受け付けておりますのでご相談ください。

もしもがんになってしまった場合は、早期に適切な治療をすることが非常に大切です。動物のがんにも様々な種類があり、がんの種類によって適切な治療法が異なります。また犬、猫、うさぎ、フェレットなど動物の種類によっても治療法が異なります。当院ではエビデンス(根拠)に基づいた、最適な治療法をご提案できるようにいたします。当院で実施可能な外科治療、抗がん剤治療、痛みや苦痛を取り除いてあげる緩和治療の他、必要に応じて高度医療設備の整った専門病院へのご紹介もご提案させていただきます。動物たちとご家族のことを一番に考え、最適で負担の少ない治療をご提案できるよう最善の努力をさせていただきます。

眼科

人間と同じように動物にも角膜潰瘍(目の傷)、ドライアイ、白内障、緑内障など様々な眼の病気があります。見た目の症状だけでは判断が難しい場合も多く適切な検査を行い治療する必要があります。

例えば『目が充血している』という症状の場合、アレルギーなどで充血が起こる場合がありますが、その他にも「角膜潰瘍(目の傷)」、「白内障」、「緑内障」などでも目が充血する場合があります。病気の種類によって点眼薬や治療法が異なり、緑内障などでは治療が遅れると数日で失明してしまうこともあります。そのため早期の適切な診断と治療が非常に重要です。

当院では二次診療施設で眼科研修を修了した獣医師豊原が眼科診療を担当しております。当院では眼科検査に必要な、スリットランプ、眼圧計、眼底レンズ等を取り揃え、適切な診断が行えるようにしています。

鍼灸・東洋医学

動物で鍼?とびっくりされる方も多いですが、動物にも鍼灸・漢方といった東洋医学は存在します。

当院では基本的には西洋医学を中心に検査・治療を進めさせていただき、西洋医学ではカバーできないことや、検査をしても何もないけどなんだか体調が悪い「未病」といった状態などに、東洋医学を取り入れております。 近年[中西結合]という、東洋医学(中医学)と西洋医学の両方の良いところ用いて治療を行うメリットが動物でも認められております。副作用が少なく安全性の高い東洋医学は動物にもやさしく、無理のない治療の1つとなります。

特にエキゾチック動物においては、検査が難しいことや治療の負担が大きいものも多くあります、その中で東洋医学の安全で負担の少ない治療の有効性は高いと考えております。当院では中獣医鍼灸師の資格を持つ獣医師長尾が東洋医学の診療を担当しております。

スタッフ紹介

獣医師

【豊原 理仁】
◆獣医腫瘍科認定医Ⅱ種

飼い主様の大切な家族である動物たちの立場に立って診療を行えるよう心がけて参ります。
飼育に関することや病気のことなど些細なことでも構いませんのでなんでもお気軽にご相談ください。

大学卒業後は犬猫の他にエキゾチックアニマルの診療を行っている動物病院に勤め、その後は犬猫の二次診療施設で総合診療科、腫瘍科、眼科、整形外科に所属し最先端の動物医療に携わってきました。
これからは地域の頼れるかかりつけ医となれるよう、今までの経験を活かし動物たちと飼い主様のお役に立てるよう努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

【長尾 淳平】
◆日本獣医エキゾチック動物学会所属
◆国際中獣医鍼灸師 (国際中獣医学院修了・進修過程終了)

「この子が自分の子供ならどうするか?何が幸せなのか?」と考え、獣医師という立場からサポートさせていただければと思います。

獣医師

【佐々木 曜子】
◆日本小動物歯科研究会

適切な予防で悪化させない、早期発見で治癒する病気は沢山あります。
まずは健康診断や予防に力を入れていきたいです。
日常の相談相手として、ぜひお気軽にご来院ください。

でも、もしもの時には、1頭1頭にあった検査や治療をご提案いたします。私にも大切な家族の一員が大きな病気になり、この子にとっての幸せってなんだろう…と悩みながら治療した経験があります。
ご家族が病気に直面した際に不安に思ったり、疑問に思ったりするのは当然です。
一緒にその子にとって何が一番かを考えましょう。


【塩ノ谷 佳苗】
◆日本小動物歯科研究会

獣医師として動物の病気を診て治すことはもちろんですが、それぞれの動物本来の習性を深く知り、さらにその子の個性を大切にしながら、飼い主さんと共に幸せに暮らせるようにお手伝いができたらと思っています。
どんな些細なことでも、気軽にご相談ください。

ペットホテル

病院詳細

病院名
ジンベイ動物病院
住所
〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪2841-8 (地図)
電話
048-628-8216 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
ネット予約
ネット予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
眼科系疾患 消化器系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:00

※12:00~16:00はご予約の方のみです。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://jinbei-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

ネット予約

地図

〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪2841-8

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬と猫のデンタルケア、歯周病の治療と自宅でのケア NEW

    港南台駅10分の「おかの動物病院」は、歯科口腔外科に力を入れている。歯科治療では抜歯だけではなく、歯の温存やクリーニングも実施。横浜市内でただ一人の「ヨーロッパ小動物歯科認定医」である岡野公禎院長に歯周病治療やデンタルケアについて伺った。

    • おかの動物病院
    • 岡野 公禎院長
  • 犬と猫の尿管結石(尿管閉塞)に対する治療〜外科手術を中心に〜 NEW

    福島駅から車で5分、「福島中央どうぶつクリニック」は泌尿器外科に力を入れている病院だ。尿管結石は、尿毒症を引き起こす緊急性の高い病気であり、病態把握と適切なタイミングでの手術が重要である。桑原拓磨院長に尿管結石の治療について話を伺った。

    • 福島中央どうぶつクリニック
    • 桑原 拓磨院長
  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

    豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。

    • ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
    • 青島 大吾院長
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
ページトップへ