市ヶ谷動物医療センターの評判・口コミ - 東京都新宿区【カルーペット】

市ヶ谷動物医療センター
03-3269-1299
いちがやどうぶついりょうせんたー

市ヶ谷動物医療センター

4.70
アクセス数: 20,323 [1ヶ月: 740 | 前期間: 676 ]
所在地
新宿区 市谷薬王寺町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
得意な診察領域
眼科系疾患 循環器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
牛込柳町駅より徒歩約4分。犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレットなどを診療。『頼れるかかりつけ医』として、年中無休で高度な獣医療を提供します。
「市ヶ谷動物医療センター」は、牛込柳町駅より徒歩約4分にある動物病院です。

犬・猫・エキゾチックアニマル(ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット)を診療いたします。

『頼れるかかりつけ医』として、飼い主様の気持ちに寄り添いながら、年中無休で高度な獣医療を提供します。
特に外科、循環器科、眼科に力を入れております。

1)一般外科
呼吸器外科、心臓外科、消化器外科、肝臓・胆嚢外科、腎臓・泌尿器外科、生殖器外科、内分泌外科、整形外科、脳神経外科、口腔外科、腫瘍外科に対応します。
近隣では少ないICUを備えており、温度・湿度・酸素管理が可能なため、緊急な場合にも対応できます。

2)先進獣医療
グループ内には、専門の知識や経験を持つ医師が多く存在しますので、難易度の高い症例の場合にも、チームで確実な治療を提供することが可能です。
また、最新設備を整えた高度医療センターが存在することで、高度な検査や手術にも対応できます。

3)一般内科
循環器科/呼吸器科、消化器科、肝臓・胆嚢疾患、腎臓・泌尿器科、脳神経科、腫瘍科、内分泌疾患、皮膚科、眼科など、各専門医による詳しい検査やセカンドオピニオン等にも対応しております。

口コミ

13件中 3件を表示(すべて見る

めろ
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家のペット3匹がもう5年以上お世話になっています。 自宅からは車で20分ぐらいかかりますが、先生、看護師さんともにベテランですし対応もとても丁寧なのでここの動物病院以外は考えられません。 病院... (続きを読む)

投稿時期: 2019年03月 | 来院時期: 2019年02月 
4.5
ちょるい
さん
3人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

昔からある動物病院で、この辺りでは結構有名な病院だと思います。 飼い犬のフィラリア予防接種を毎年こちらで受けています。 それから、飼い犬が年を取ってきて心臓が弱くなってきているので定期的に健康診断... (続きを読む)

投稿時期: 2019年02月 | 来院時期: 2019年02月 
5.0
ペガスス9
さん
5人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

最近水を飲む量が減ってきたのとおしっこをする姿勢は取るんですが尿が出なかったりして、おかしいと思い慌てて連れていきました。 何か重い病気だったらどうしようとかなり不安でしたが、先生もスタッフの方も落... (続きを読む)

投稿時期: 2018年09月 | 来院時期: 2018年09月 
4.5

13件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

一般外科

問診、触診、聴診、視診、血液検査、血液生化学検査、レントゲン検査、超音波エコー検査、内視鏡検査、CT検査などにより原因を追究し、治療にあたります。

また近隣では少ないICUを備えており、温度・湿度・酸素管理が可能なため、緊急な場合にも対応できます。

◆診療可能な科目
・呼吸器外科
肺腫瘍、胸腺腫瘍、気管切開術、軟口蓋切除、乳び胸など

・心臓外科
僧帽弁閉鎖不全症、心室中隔欠損症、動脈管開存症、フィラリア症など

・消化器外科
消化管内異物、消化管腫瘍、腸閉塞整復など

・肝臓、胆嚢外科
肝臓腫瘍摘出、胆嚢粘液嚢腫、門脈シャント手術など

・腎臓、泌尿器外科
膀胱結石摘出、会陰尿道瘻、尿管バイパス手術、尿管ステント設置など

・生殖器外科
子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、前立腺嚢胞、前立腺腫瘍、精巣腫瘍など

・内分泌外科
甲状腺腫瘍摘出、副腎腫瘍摘出、膵臓腫瘍摘出

・整形外科
各種骨折整復、各種脱臼整復、前十字靱帯整復など

・脳神経外科
椎間板ヘルニア整復、馬尾症候群、環椎軸椎不安定症整復など

・口腔外科
歯周病、歯肉炎、歯石など

・腫瘍外科
肥満細胞腫、メラノーマ、線維肉腫など

先進獣医療

グループ内には、専門の知識や経験を持つ医師が多く存在します。
それにより難易度の高い症例の場合にも、チームで確実な治療を提供することが可能です。
また、最新設備を整えた高度医療センターが存在することで、高度な検査や手術にも対応できます。

もしもの際も安心いただける体制が整っています。

◆心臓外科
体外循環装置を使用して、心臓を一時止めて手術を行うことが可能です。
今まで内科的対症療法しかできなかった僧帽弁の病気を治せる方法になります。

◆人工透析
血液中の老廃物を透析機を使用して除去可能です。 腎不全に対して使用しています。

◆免疫細胞療法
がん治療の三大療法(外科療法、抗がん剤療法、放射線療法)に加え、第4の治療法として注目されています。免疫細胞を体外で増殖させて体に戻す方法で、副作用がほとんどなく、高齢の動物や衰弱した動物に対しても安心して治療が行えます。

◆再生医療
動物自身の幹細胞を体外で培養・増殖させて、再度体内に導入し、病気や怪我で失った臓器や組織の機能を再生させる治療法です。これまで治療法が存在しなかった病気に対する新しい治療法として注目されています。

一般内科

各専門医による詳しい検査やセカンドオピニオン等にも対応しております。

◆診療可能な科目
・循環器科/呼吸器科
慢性弁膜症、心筋症、先天性心疾患、血栓塞栓症、気管支炎、気管虚脱、肺炎、咳、鼻涙管炎、など

・消化器科
口腔疾患、食道炎、胃腸炎、胃潰瘍、腸閉塞、炎症性腸疾患、大腸炎、膵炎、膵外分泌不全など

・肝臓、胆嚢疾患
肝炎、肝臓腫瘍、肝不全、胆嚢炎、胆嚢粘液嚢腫、胆管炎、胆管閉塞、黄疸など

・腎臓、泌尿器科
腎不全、腎結石、尿管結石、膀胱炎、膀胱結石、尿道炎、尿道結石、など

・脳神経科
脳炎、髄膜炎、てんかん発作、椎間板ヘルニアなど

・腫瘍科
リンパ腫、肥満細胞腫など

・内分泌疾患
糖尿病、甲状腺ホルモン疾患、副腎ホルモン疾患

・皮膚科
膿皮症、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、感染性皮膚炎、外耳炎、中耳炎など

・眼科(スリットランプも備えております)
角結膜炎、角膜潰瘍、ドライアイ、白内障、緑内障、瞬膜炎、流涙症、麦粒腫、霰粒腫など

院長紹介

中村 泰治

メッセージ

市ヶ谷動物病院は、1989年、新宿区市ヶ谷に開院し、長きに渡り地域の皆様と深い関係を築き、治療を続けてまいりました。

近年は動物も人間に近い生活を送るようになったことで成人病など人間に近い症例も増えてきました。

そこで、2016年8月より小滝橋動物病院のグループに加わることで、より高度な医療の提供を志すことになりました。

これからも、“地域のかかりつけ医”として、頼れる存在であるために発展してまいります。

スタッフ紹介

獣医師

◆渦巻 浩輔
子供の頃から動物が大好きで獣医になりました。動物を見るだけで思わず笑みがこぼれます。
様々な種類の動物をたくさん助けたいという純粋な望みもありますが、設備も環境も整ったこの病院で、専門的で高度な知識を身につけ、日々の診察において的確な見立てが行えること、それにより病気の早期発見、解決ができる、頼れる医師になりたいと考えています。

獣医師

◆山里 美貴(左上)
自信を持って患者さんや病気と向き合うには、知識や経験が欠かせないのはもちろんですが、仲間の存在も私にとっては何よりも力になっています。
また、あたたかい患者さんの多いこの地域にも育ててもらっていると感じます。
この病院の中で頼れる存在であるよう、向上心と笑顔を忘れず頑張っていきたいです。


◆舟山(右下)
これまで培った分院で学んできた知識を存分に活かし、たくさんの動物たちの健康を守っていきたいと考えております。
この暖かい雰囲気がオーナー様やワンちゃんネコちゃんにも伝わるような診療をしていきたいと思います!
どうぞこれから皆様よろしくお願いいたします!

看護師

◆金井 杏理(左)
市ヶ谷動物病院で働く毎日は学ぶことが多く社会人になっても勉強することがたくさんあることを実感しています。
市ヶ谷スタッフの皆さんは仕事熱心で素敵な方達ばかりなので、少しでもお手伝いできるよう一生懸命頑張ります。

◆松田 麻理那(右)
市ヶ谷の先生や看護師の皆さんはとても優しく、アットホームな職場で働けてとても嬉しいです!
これから少しでも皆様のお役に立てる様、先生や先輩方の背中を見て成長していきたいと思っています!
まだまだ未熟な私ですが、温かく見守っていただけると嬉しいです。

病院詳細

病院名
市ヶ谷動物医療センター
住所
〒162-0061 東京都新宿区市谷薬王寺町61 (地図)
電話
03-3269-1299 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

※※エキゾチックアニマルの診療については、担当獣医師がいる曜日に限りますので、事前にご連絡をお願い致します。

得意な診察領域
眼科系疾患 循環器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

※1月1日~1月3日は休診となります。また、毎月15日は午前中のみの診察となり午後は休診となります。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://ichigaya-v.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒162-0061 東京都新宿区市谷薬王寺町61

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。 NEW

    滋賀県近江八幡市の森動物病院は、75年以上の歴史をもつ。ワクチンやフィラリア、去勢・避妊手術などの予防医療から、CT検査や高難度の外科手術にまで対応できる総合医療を提供。3代目の森健志先生と篠田仁美先生へ、同院の強みや特徴について伺った。

    • 近江八幡動物医療センター 森動物病院
    • 森 健志先生
    • 篠田 仁美先生
  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療 NEW

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • スタッフの技術と最新の設備で、人と動物が幸せになる環境を作る

    足立区の梅島動物病院は開院して30年。「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫先生と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。勝山先生に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。

    • 梅島動物病院
    • 勝山 義夫先生
  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
ページトップへ