宮川のほとり動物病院の評判・口コミ - 三重県伊勢市【カルーペット】

宮川のほとり動物病院
みやがわのほとりどうぶつびょういん

宮川のほとり動物病院

4.82
アクセス数: 8,404 [1ヶ月: 1,046 | 前期間: 1,061 ]
所在地 :
伊勢市 小俣町元町
診察動物:
イヌ ネコ
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
土日祝も19時まで診療。画像診断・腫瘍診断・外科手術に力を入れた三重県伊勢市の動物病院。ワクチン・予防にも対応。
宮川のほとり動物病院は犬と猫を診療する動物病院として、2017年6月に三重県伊勢市に開院しました。

高度医療施設で長く診療と外科手術をおこなってきた経験を活かし、ワクチン接種・フィラリア等の予防から一般診察はもちろんのこと、高い専門性をもって対応する病院です。

腫瘍(がん)に対する診療経験を積んだ院長が、超音波凝固切開装置・デジタルレントゲン読取装置・超音波診断装置・顕微鏡などを導入し、画像診断・腫瘍診断・外科手術などにも力を入れております。

土日や祝日も通常通り19時まで診療しており、病院の前に駐車場も10台分ございます。

お忙しい方でも通いやすい環境をご用意しました。

地域の飼い主様と動物達のために、ちょっとしたことでも相談しやすく主治医として信頼される病院を目指します。

皆様のご来院をお待ちしております。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

7件中 3件を表示(すべて見る

タムタム
さん
6人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の愛犬に急な吐き気と体の震えがあり、いつもお世話になっている病院で診察を受けたのですが、食べ過ぎだろう(こちらもその可能性を申告したこともあり)とのことで薬で様子を見ていました。 しかし、二日... (続きを読む)

投稿時期: 2018年03月 | 来院時期: 2018年03月 
5.0
リンキン
さん
3人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

とても広い病院で、中も白を基調としてダークブラウンのとカウンターや扉でとてもシックな感じになっていてとても綺麗で、待合室は窓から自然光も入ってくることもあり明るくて雰囲気も良いです。 2年ほど前... (続きを読む)

投稿時期: 2018年02月 | 来院時期: 2017年09月 
5.0
ベル
さん
6人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

目の前で轢かれてしまった 猫ちゃんを助けたい一心で スマホの検索で出てくる動物病院に 電話をかけまくってました。 時間は19時半過ぎ… どこも繋がらず… 途方にくれてた時、折り返し電話... (続きを読む)

投稿時期: 2018年02月 | 来院時期: 2018年01月 
5.0

7件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

外科手術と疼痛管理

当院では超音波凝固切開装置【ソノサージ】を導入しています。

超音波凝固切開という手法を用いますので、周辺組織へのダメージが少なく、止血と切開を同時に行い大幅な手術時間の短縮が可能です。

超音波凝固切開装置を積極的に利用することで縫合糸反応性肉芽腫の防止に努めています。

また、動物医療においても「手術が始まる前」「動物が痛みを感じる前」から鎮痛を始める"先制鎮痛"の考え方が非常に大事であると考えており、『周術期の疼痛管理』にも力を入れております。

鎮痛の目的は手術後の動物の痛みを取り除き、速やかな回復を促すことにありますが、そのためには手術が終わってからの鎮痛だけでは不十分なケースが多くみられます。

『周術期』とは手術の前後、そして手術中を含めた手術全体に関わる時間をさす言葉であり、手術の規模によっては術前から先制鎮痛を行なって動物の意識がない麻酔中、そして麻酔から醒めた後にも継続した疼痛管理を行うことで初めて理想的な鎮痛を目指します。

当院では手術の内容だけでなく、個々の動物の性格や個性に合わせて疼痛管理の内容を細かく調整しておりますのでご安心ください。

腫瘍診療について

高度医療施設の腫瘍科にて経験を積んだ院長を中心に腫瘍診療に力を入れております。

腫瘍の良性・悪性の判断は見た目や大きさではできないため、飼い主様の自己判断で様子見するのではなく、まずはお気軽にご相談ください。

はじめは問診・触診・聴診などを行い確認し、それから細胞診などの具体的な検査のご提案となります。

治療に関しましても、内科治療・外科手術・抗がん剤による化学療法・放射線治療・免疫療法など色々な方法がありますが、その患者さんに実施可能なものを提示いたします。

その都度、獣医師と治療方針を話し合いながら進めていくのが腫瘍診療です。

犬や猫の寿命はヒトと比べれば短く、残念ながら今の獣医学では治療が困難な悪性腫瘍も沢山あります。ですが治せない病気であっても、ご家族の皆様が治療で得られる短い時間に大切なものを感じることができるなら。私たちは全力でサポートいたします。

画像診断

会話ができないワンちゃん・ネコちゃんたちだからこそ、画像診断がとても重要であると考えます。

レントゲンやエコーを用いることによって身体の状況を更に詳しく分析することが可能となり、画像を見ながら治療や手術をする事ができるのです。

当院では3つの機器を導入し、詳しい検査を行っていきます。

・CR(デジタルレントゲン):KONICA REGIUS ΣⅡ
・超音波診断装置:GE LOGIQ V5 Expert
・顕微鏡:SHIMAZU タブレットスコープ

院長紹介

工藤 徹也

メッセージ

これまで、北里大学獣医学部付属動物病院、神奈川県川崎市の日本動物高度医療センター、そして三重県伊賀市の南動物病院など、高度な診療設備を備えた施設で診療をおこなってきました。

特に腫瘍(がん)に対する診療を主体とする傍ら、小動物外科専門医レジデントとして犬猫の外科手術全般を担当してきました。

これからは高度医療施設での経験をいかすことで、伊勢市地域の皆様のお役に立ちたいと考えております。

【略歴】
2001年 3月  北里大学獣医畜産学部獣医学科 卒業
2001年 4月~ 八戸動物病院 勤務
2003年 4月~ 北里大学付属動物病院   研修医
2004年 4月~ 日本総合動物医療センター 勤務
2007年 3月~ 日本動物高度医療センター(JARMEC 川崎) 腫瘍科常勤
2007年 12月~2015 2月 南動物病院(三重県)   勤務
(2009年~2015年までは小動物外科専門医レジデント過程に在籍)
 2017年 6月~ 宮川のほとり動物病院    開院

ペットホテル

病院詳細

病院名
宮川のほとり動物病院
住所
〒519-0503 三重県伊勢市小俣町197 (地図)
電話
0596-72-8770 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:00--16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

※休診日/火曜日(午後)と水曜日 ※救急・夜間は当院にかかられてる患者様のみ対応しております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://miyagawa-no-hotori-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒519-0503 三重県伊勢市小俣町197

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 既成概念をぶっ壊せ!その先にある最良の動物病院を目指して

    横浜市都筑区の港北どうぶつ病院では早朝7時より診察を行うなど既存の常識にとらわれない稀有な動物病院だ。他の病院とは一味も二味も異なる発想で動物病院の常識を覆すような試みを行っている院長の新井勇人先生に港北どうぶつ病院の特徴を伺った。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
ページトップへ