宮川のほとり動物病院の評判・口コミ - 三重県伊勢市【カルーペット】

宮川のほとり動物病院
みやがわのほとりどうぶつびょういん

宮川のほとり動物病院

4.57
アクセス数: 27,790 [1ヶ月: 595 | 前期間: 702 ]
所在地
伊勢市 小俣町元町
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
土日祝も19時まで診療。画像診断・腫瘍診断・外科手術に力を入れた三重県伊勢市の動物病院。ワクチン・予防にも対応。
宮川のほとり動物病院は犬と猫を診療する動物病院として、2017年6月に三重県伊勢市に開院しました。

高度医療施設で長く診療と外科手術をおこなってきた経験を活かし、ワクチン接種・フィラリア等の予防から一般診察はもちろんのこと、高い専門性をもって対応する病院です。

腫瘍(がん)に対する診療経験を積んだ院長が、超音波凝固切開装置・デジタルレントゲン読取装置・超音波診断装置・顕微鏡などを導入し、画像診断・腫瘍診断・外科手術などにも力を入れております。

土日や祝日も通常通り19時まで診療しており、病院の前に駐車場も10台分ございます。

お忙しい方でも通いやすい環境をご用意しました。

地域の飼い主様と動物達のために、ちょっとしたことでも相談しやすく主治医として信頼される病院を目指します。

皆様のご来院をお待ちしております。

口コミ

6件中 3件を表示(すべて見る

COCOママ
さん
15人中 10人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家のトイプードルは、赤ちゃんの頃からパテラとのこと。以前にかかっていた動物病院では、症状を訴えてもきちんと対応していただけませんでした。 思い切って自宅近くに開業された工藤先生の元へ。先生は私達... (続きを読む)

投稿時期: 2018年08月 | 来院時期: 2018年08月 
5.0
タムタム
さん
19人中 14人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の愛犬に急な吐き気と体の震えがあり、いつもお世話になっている病院で診察を受けたのですが、食べ過ぎだろう(こちらもその可能性を申告したこともあり)とのことで薬で様子を見ていました。 しかし、二日... (続きを読む)

投稿時期: 2018年03月 | 来院時期: 2018年03月 
5.0
リンキン
さん
11人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

とても広い病院で、中も白を基調としてダークブラウンのとカウンターや扉でとてもシックな感じになっていてとても綺麗で、待合室は窓から自然光も入ってくることもあり明るくて雰囲気も良いです。 2年ほど前... (続きを読む)

投稿時期: 2018年02月 | 来院時期: 2017年09月 
5.0

6件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

外科手術と疼痛管理

当院では超音波凝固切開装置【ソノサージ】を導入しています。

超音波凝固切開という手法を用いますので、周辺組織へのダメージが少なく、止血と切開を同時に行い大幅な手術時間の短縮が可能です。

超音波凝固切開装置を積極的に利用することで縫合糸反応性肉芽腫の防止に努めています。

また、動物医療においても「手術が始まる前」「動物が痛みを感じる前」から鎮痛を始める"先制鎮痛"の考え方が非常に大事であると考えており、『周術期の疼痛管理』にも力を入れております。

鎮痛の目的は手術後の動物の痛みを取り除き、速やかな回復を促すことにありますが、そのためには手術が終わってからの鎮痛だけでは不十分なケースが多くみられます。

『周術期』とは手術の前後、そして手術中を含めた手術全体に関わる時間をさす言葉であり、手術の規模によっては術前から先制鎮痛を行なって動物の意識がない麻酔中、そして麻酔から醒めた後にも継続した疼痛管理を行うことで初めて理想的な鎮痛を目指します。

当院では手術の内容だけでなく、個々の動物の性格や個性に合わせて疼痛管理の内容を細かく調整しておりますのでご安心ください。

腫瘍診療について

高度医療施設の腫瘍科にて経験を積んだ院長を中心に腫瘍診療に力を入れております。

腫瘍の良性・悪性の判断は見た目や大きさではできないため、飼い主様の自己判断で様子見するのではなく、まずはお気軽にご相談ください。

はじめは問診・触診・聴診などを行い確認し、それから細胞診などの具体的な検査のご提案となります。

治療に関しましても、内科治療・外科手術・抗がん剤による化学療法・放射線治療・免疫療法など色々な方法がありますが、その患者さんに実施可能なものを提示いたします。

その都度、獣医師と治療方針を話し合いながら進めていくのが腫瘍診療です。

犬や猫の寿命はヒトと比べれば短く、残念ながら今の獣医学では治療が困難な悪性腫瘍も沢山あります。ですが治せない病気であっても、ご家族の皆様が治療で得られる短い時間に大切なものを感じることができるなら。私たちは全力でサポートいたします。

画像診断

会話ができないワンちゃん・ネコちゃんたちだからこそ、画像診断がとても重要であると考えます。

レントゲンやエコーを用いることによって身体の状況を更に詳しく分析することが可能となり、画像を見ながら治療や手術をする事ができるのです。

当院では3つの機器を導入し、詳しい検査を行っていきます。

・CR(デジタルレントゲン):KONICA REGIUS ΣⅡ
・超音波診断装置:GE LOGIQ V5 Expert
・顕微鏡:SHIMAZU タブレットスコープ

院長紹介

工藤 徹也

メッセージ

これまで、北里大学獣医学部付属動物病院、神奈川県川崎市の日本動物高度医療センター、そして三重県伊賀市の南動物病院など、高度な診療設備を備えた施設で診療をおこなってきました。

特に腫瘍(がん)に対する診療を主体とする傍ら、小動物外科専門医レジデントとして犬猫の外科手術全般を担当してきました。

これからは高度医療施設での経験をいかすことで、伊勢市地域の皆様のお役に立ちたいと考えております。

【略歴】
2001年 3月  北里大学獣医畜産学部獣医学科 卒業
2001年 4月~ 八戸動物病院 勤務
2003年 4月~ 北里大学付属動物病院   研修医
2004年 4月~ 日本総合動物医療センター 勤務
2007年 3月~ 日本動物高度医療センター(JARMEC 川崎) 腫瘍科常勤
2007年 12月~2015 2月 南動物病院(三重県)   勤務
(2009年~2015年までは小動物外科専門医レジデント過程に在籍)
 2017年 6月~ 宮川のほとり動物病院    開院

ペットホテル

病院詳細

病院名
宮川のほとり動物病院
住所
〒519-0503 三重県伊勢市小俣町197 (地図)
電話
0596-72-8770 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-11:3009:00-11:30-09:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:30
16:00-18:30--16:00-18:3016:00-18:30-16:00-18:3016:00-18:30

※休診日/水曜日、火曜日・土曜日の午後 ※毎週土曜日の午後は、予約の手術のみとなります。 ※救急・夜間は当院にかかられてる患者様のみ対応しております。※診療受付は、診察時間終了の30分前までとなっております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://miyagawa-no-hotori-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒519-0503 三重県伊勢市小俣町197

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。 NEW

    滋賀県近江八幡市の森動物病院は、75年以上の歴史をもつ。ワクチンやフィラリア、去勢・避妊手術などの予防医療から、CT検査や高難度の外科手術にまで対応できる総合医療を提供。3代目の森健志先生と篠田仁美先生へ、同院の強みや特徴について伺った。

    • 近江八幡動物医療センター 森動物病院
    • 森 健志先生
    • 篠田 仁美先生
  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療 NEW

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • 病気の予防を重視する0.5次診療と、皮膚の健康を保つトリミング

    札幌市白石区「アイリス犬猫病院」は、予防医学に注力、トリミングサロンも併設している。院長の中村匡佑先生に、病気を予防するための「0.5次診療」と、医学的見地に基づいた「メディカルトリミング」への取り組みについて伺った。

    • アイリス動物医療センター
    • 中村 匡佑院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
ページトップへ