志水動物病院の評判・口コミ - 大阪府豊中市【カルーペット】

志水動物病院
06-6848-0282

志水動物病院

4.37
アクセス数: 32,833 [1ヶ月: 414 | 前期間: 453 ]
所在地
豊中市 中桜塚
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
皮膚系疾患 内分泌代謝系疾患
笑顔あふれるアットホームな動物病院
皆様の大切なワンちゃん・ネコちゃんのため、優しく丁寧な診療で人や動物に愛される動物病院を目指します。
また、トリミングやしつけ教室(パピークラス)も行っておりますのでお気軽にご利用下さい。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

8件中 3件を表示(すべて見る

さん
10人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

夕方に、愛犬の下痢が酷くかかりつけの病院が休診だった為急遽評判の良いこちらの病院に行きました。 急いで連れて行った待合室はとても綺麗で10分ほどで診察室に案内されました。 入った途端若い女... (続きを読む)

投稿時期: 2018年12月 | 来院時期: 2018年10月 
1.0
木蓮867
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ペットの予防接種や体調不良などの際はいつもこちらにきています。こちらの先生はペットにも飼い主にもとても親切で丁寧な対応でとても安心しています。 待ち時間はやや長いですが受け付け後車内で待つことも出来... (続きを読む)

投稿時期: 2018年07月 | 来院時期: 2018年 
5.0
栗802
さん
10人中 9人が、 この口コミが参考になったと投票しています

大阪に来て5日目、パピヨン(9歳)が朝から白い泡状のものを10回ほど吐き、そのあと何も食べずにオシッコもしないので、とても不安になり、口コミからこの病院を知りました。 病院に電話して、予約なしでも診... (続きを読む)

投稿時期: 2016年07月 | 来院時期: 2016年07月 
5.0

8件中 3件を表示(すべて見る

院長紹介

志水 孝臣

メッセージ

皆様が気軽に相談できる“ホームドクター”を目指して治療を行っています。
なるべく動物たちが怖がらないよう、飼い主様に不安を与えないように努めてまいります。

病院詳細

病院名
志水動物病院
住所
〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚4-4-10 (地図)
電話
06-6848-0282 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ

※その他の動物はお問い合わせください。

診察領域
皮膚系疾患 内分泌代謝系疾患
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
16:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.shimizu-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚4-4-10

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 豊富な経験を活かして犬の膝関節脱臼を治療 NEW

    相模原市中央区、市役所近くの「相模原プリモ動物医療センター第2病院」は、ハイレベルな設備を備えた手術室を持つ動物病院だ。豊富な整形外科手術の経験を持つ今井巡院長に、病院の特徴と犬の膝関節脱臼(パテラ)治療について伺った。

    • 相模原プリモ動物医療センター第2病院
    • 今井 巡院長
  • 病気の予防を重視する0.5次診療と、皮膚の健康を保つトリミング NEW

    札幌市白石区「アイリス犬猫病院」は、予防医学に注力、トリミングサロンも併設している。院長の中村匡佑先生に、病気を予防するための「0.5次診療」と、医学的見地に基づいた「メディカルトリミング」への取り組みについて伺った。

    • アイリス犬猫病院
    • 中村 匡佑院長
  • 犬にも猫にも快適な空間を実現、うさぎの診療や腫瘍科に注力

    八千代市と船橋市の境にある「はる動物病院」は、猫と大型犬にも優しい待合室が特徴のクリニックで、うさぎの診療や手術が得意なことでも知られている。腫瘍科認定医を取得している瀧口晴嵩院長に、同院の方針や診療の際の心がけについて伺った。

    • はる動物病院
    • 瀧口 晴嵩院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ