山之上動物病院の評判・口コミ - 大阪府枚方市【カルーペット】

山之上動物病院
072-846-6320
やまのうえどうぶつびょういん

山之上動物病院

4.19
アクセス数: 9,953 [1ヶ月: 255 | 前期間: 139 ]
所在地
枚方市 山之上北町
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 腫瘍・がん
診察領域
眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
枚方市にある『山之上動物病院』、犬猫小動物対象、平日20時・土日も午前診療、健康診断・避妊手術、駐車場完備
枚方市にある『山之上動物病院』は、ワンちゃんネコちゃん小動物を対象に診療しております。

1.健康診断
1歳を過ぎたら1年に1回、7歳以降は1年に2回の血液検査をお勧めします。

中高齢の動物でよく見られる心疾患や肝疾患、腎疾患、腫瘍等は早期発見、早期治療を実施することで健康寿命の延長が可能となります。

2.予防獣医学
ワンちゃんの混合ワクチンは、 5種混合から9種混合までありますが、 当院では、 その地域の環境や、 ワンちゃんの飼育環境に合わせて感染する可能性のある感染症を予防できるものとして、6種混合ワクチンと8種混合ワクチンを用意しております。

ネコちゃんの混合ワクチンは、3種混合、4種混合、5種混合がありますが、当院では、飼育環境に合わせて感染する可能性のある感染症を予防できるものとして、3種混合ワクチンと5種混合ワクチンを用意しております。

3.犬または猫の不妊・去勢手術
・去勢手術
精巣を取り出して、ワンちゃん猫ちゃんを繁殖出来ないようにする手術です。
将来、精巣の病気にかかることがなくなります。
ワンちゃんは前立腺の病気や会陰ヘルニアなどの病気にかかるリスクが低くなります。
・不妊手術
卵巣や子宮を取り出して、ワンちゃんや猫ちゃんが妊娠しないようにする手術です。
ワンちゃんでは将来、乳腺腫瘍や乳腺がんになる確率が低くなります。ネコちゃんでも乳腺腫瘍を予防できる確率が高いとされています。

当院では、お車でお越しの患者様へ病院前面に第一駐車場(1台分)、一号線側に第2駐車場(2台分)、当院から枚方市駅に向かって160m向かったところに第3駐車場(2台分)をご用意いております。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

3件中 3件を表示(すべて見る

ちゃんちゃんこママ
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

実家の犬たちが、もう、30年近く、お世話になっています。 診察代や、ワクチン代も良心的な値段設定だと思います。 狂犬病の注射の案内を郵送で毎年、送ってくれるので、助かります。 動物に対する優しさ... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年 
4.0
みみさん
さん
12人中 12人が、 この口コミが参考になったと投票しています

最愛の猫を24歳で旅立たせました。その半年前には、歯石のため頬に穴が空き膿が出で大変でした。評判の良い引越し先の動物病院にすぐにつれていきましたが、放っておいたら治ると言われ、抗生剤のみを 4ヶ月投与... (続きを読む)

投稿時期: 2017年03月 | 来院時期: 2016年 
5.0
ぱんちょ
さん
11人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

アメリカから連れて帰って来た猫2匹のうち1匹の口の中に癌が出来ました。もう食べられなくなって安楽死を選ぶまで院長先生はとてもプロフェッショナルに対応して下さいました。もう一匹の猫が膀胱炎になった時に苦... (続きを読む)

投稿時期: 2016年04月 | 来院時期: 2015年11月 
5.0

3件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

健康診断

1歳を過ぎたら1年に1回、7歳以降は1年に2回の血液検査をお勧めします。

中高齢の動物でよく見られる心疾患や肝疾患、腎疾患、腫瘍等は早期発見、早期治療を実施することで健康寿命の延長が可能となります。

血液検査、超音波検査をご希望の方は8時間以上の絶食状態でご来院下さい。

・血球検査(CBC)
貧血の程度や白血球数などを測定します。

・血液化学検査
肝臓や腎臓、血糖値、コレステロールなど内臓系の数値を測定します。

・糞便検査
糞便中の細菌のバランスや寄生虫を調べます。

・尿検査
試験紙で尿糖や潜血などを調べます。
尿の沈殿物を顕微鏡で確認して結晶(膀胱結石の元になるもの)の有無を確認します。

・レントゲン(X線)
心臓の大きさや肺の状態、関節の異常の有無などを確認する検査です。

・超音波検査(エコー)
麻酔や鎮静をかけず痛みのない検査です。

超音波で肝臓や腎臓、消化器の状態を確認します。

臓器の形態的な変化、腫瘍の大きさや血流の有無などを精査する際に有用です。

予防獣医学

◆犬の予防学
・ワクチン
ワンちゃんの混合ワクチンは、 5種混合から9種混合までありますが、 当院では、 その地域の環境や、 ワンちゃんの飼育環境に合わせて感染する可能性のある感染症を予防できるものとして、6種混合ワクチンと8種混合ワクチンを用意しております。

・ノミ・ダニ予防
飲むタイプや背中につけるタイプがあります。どちらも毎月1回の投薬が必要です。
その子に合ったものを処方しますのでご相談下さい。

◆猫の予防学
ネコちゃんの混合ワクチンは、3種混合、4種混合、5種混合がありますが、当院では、飼育環境に合わせて感染する可能性のある感染症を予防できるものとして、3種混合ワクチンと5種混合ワクチンを用意しております。

犬または猫の不妊・去勢手術

・去勢手術
精巣を取り出して、ワンちゃん猫ちゃんを繁殖出来ないようにする手術です。
将来、精巣の病気にかかることがなくなります。
ワンちゃんは前立腺の病気や会陰ヘルニアなどの病気にかかるリスクが低くなります。
発情期の雌のワンちゃんや猫ちゃんを追い回すことがなくなります。
ネコちゃんはおしっこをかけるマーキングがなくなります。

・不妊手術
卵巣や子宮を取り出して、ワンちゃんや猫ちゃんが妊娠しないようにする手術です。
ワンちゃんでは将来、乳腺腫瘍や乳腺がんになる確率が低くなります。ネコちゃんでも乳腺腫瘍を予防できる確率が高いとされています。
ワンちゃんもネコちゃんも将来、卵巣や子宮の病気にかかることがありません。
飼い主さんにとって不妊手術(避妊手術)の利点
ワンちゃんの発情期間はやや長く、性格が神経質になったリ、腟からの出血があったりしますが、そのための世話をする必要がなくなります。ネコちゃんは2~8月が発情期ですが、その間に発する独特の大きな鳴き声がきかれなくなります。

院長紹介

小川晋介

メッセージ

当院は1978年4月に現地近くで開院し、1984年5月に現在地に移転いたしました。
開院以来41年目を迎える事となりましたが、これもひとえに地域の皆様の支えによるものと日々、痛感しております
当院は皆様の大切な人生のパートナーであるペットの健康の維持に貢献してまいりたいと思っております。
また、ペットオーナーの皆様が安心して通える病院をめざして日々努力してまいりたいと思っております。
どうか、今後とも宜しくお願いいたします。

1975年 日本大学農獣医学部獣医学科卒業
1975年 大阪府内動物病院勤務
1978年 山之上動物病院開業

スタッフ紹介

小川 高寛

2015年 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
2015年 東京都内動物病院勤務
2018年 山之上動物病院勤務

小川龍子

1975年 大阪府立大学農学部獣医学科卒業
1975年 大阪府内動物病院勤務
1978年 山之上動物病院開業

病院詳細

病院名
山之上動物病院
住所
〒573-0049 大阪府枚方市山之上北町1-20 (地図)
電話
072-846-6320 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ

※犬・猫・小動物全般を対象とします。鳥類、爬虫類は診療対象外となります。

得意な診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 腫瘍・がん
診察領域
眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00---

※休診:祝日

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://yamanoue-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒573-0049 大阪府枚方市山之上北町1-20

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 「てんかん」MRI検査と最新のアプローチ NEW

    浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。

    • かば動物クリニック
    • 國谷貴司院長
  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献 NEW

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 根拠のある診断と負担の少ない手術で、飼い主様に納得と安心を

    大阪市天王寺区の「上本町どうぶつ病院」は、負担の少ない手術や糸を使わない手術など、早期回復を実現する手術を多数手がける動物病院。徹底した検査によって根拠に基づいた医療を実践する中西崇之院長に、診療への想いや手術の工夫について伺った。

    • 上本町どうぶつ病院
    • 中西 崇之院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
ページトップへ