こばやし動物病院の評判・口コミ - 福岡県那珂川市【カルーペット】

こばやし動物病院
092-951-0077
こばやしどうぶつびょういん

こばやし動物病院

4.89
アクセス数: 61,376 [1ヶ月: 1,303 | 前期間: 1,461 ]
所在地
那珂川市 片縄
診察動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 整形外科系疾患
診察領域
皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
動物大好きなスタッフが親身に対応させていただきます。一般の他に、整形外科専門外来も行なっております。
初めてワンちゃん、ネコちゃんを飼われる方のご相談から、
病気の診療までトータルケアをしております。
小さな事でも、少しでも我々がお役に立てる事があればと思いながら、
日々診療をしております。
言葉を話すことができない動物。
ご家族様とご一緒にその子を支えられたらと思っております。
飼い主様と動物が安心して笑顔で暮らしていけるよう、どんなことでもご相談いただける「かかりつけ医」としてサポートいたします。


また、毎月第3月曜日に、整形外科専門外来も行なっております。完全予約制になりますので、ご希望の方は当院までご連絡ください。

整形外科や神経外科の分野は獣医療でも専門性が高く、特殊な技術と機材が必要となるため、お住いの地域によっては遠方の専門病院まで行かなければいけない場合も少なくありません。専門病院に連れて行くことができない、もしくは治療までの時間が長くかかってしまうなどの理由から手術を含めた適切な治療が受けられないことも多く、また近くの病院では跛行(歩き方の異常)や痛みの原因が特定できない、という子も多くみてきました。
急な怪我(骨折/脱臼),歩き方の異常がみられた場合や、原因がわからない/治せないと言われて困っている場合など、ぜひ気軽にご相談いただければと思います。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

18件中 3件を表示(すべて見る

マイ
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

普段は自宅から近い動物病院で診察してもらっています。この時、怪我をしてしまったものの夜遅い時間だったので、いつも通っている病院が開いておらず、ネットで探してたどり着きました。初めて行った病院でしたが、... (続きを読む)

投稿時期: 2019年08月 | 来院時期: 2018年09月 
4.5
moi
さん
12人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

もうすぐ15歳のチワワ。 腎臓と心臓が悪く、特に最近になって 調子が悪い。 ずっとお世話になっていた動物病院。 いざという時の対応に疑問を感じ セカンドオピニオンで受診しました。 院長... (続きを読む)

投稿時期: 2019年03月 | 来院時期: 2019年03月 
5.0
J.F
さん
20人中 20人が、 この口コミが参考になったと投票しています

まだ一歳半の我が子ですが、子供の居ない私達夫婦の息子として迎え入れた生後2ヶ月の時からお世話になっています。 常日頃より、先生をはじめスタッフ皆さんの温かな対応に安心をしていましたが、この度、年... (続きを読む)

投稿時期: 2019年01月 | 来院時期: 2019年01月 
5.0

18件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

腫瘍・整形外科にも力を入れております

総合診療医として、どんな症状にもしっかりと対応・治療ができるよう日々努めております。
「何にも症状ないけど、いつもとちょっと様子が違う」
だけでも、まずはご相談ください。
お話をゆっくりと聞かせていただき、丁寧に診察していきます。

予防接種や健康診断も行っております

動物は痛みや苦痛を顔に出さない子が大変多いです。
健康診断をしてあげて、そういった苦痛を我慢していないかチェックしてあげましょう。

専門医と連携し、近くでも最善の医療を

整形外科や神経外科の分野は獣医療でも専門性が高く、特殊な技術と機材が必要となるため、お住いの地域によっては遠方の専門病院まで行かなければいけない場合も少なくありません。専門病院に連れて行くことができない、もしくは治療までの時間が長くかかってしまうなどの理由から手術を含めた適切な治療が受けられないことも多く、また近くの病院では跛行(歩き方の異常)や痛みの原因が特定できない、という子も多くみてきました。
より地域の患者様/飼い主様に貢献できるよう、定期的に整形外科専門医による診察を行うことにしております。
急な怪我(骨折/脱臼),歩き方の異常がみられた場合や、原因がわからない/治せないと言われて困っている場合など、ぜひ気軽にご相談いただければと思います。

院長紹介

小林 裕季

メッセージ

こばやし動物病院院長の小林です。
「もし、自分の家族だったらどうしてほしいか」を常に考えながら、飼い主様と同じ立場・気持ちで診療するよう心がけております。

また当院は、飼い主様と動物達に求められる事にしっかりと対応させていただくために、
スタッフ一人一人が小さな積み重ねを大切にし、常に変化・発展し続けられる病院を目指しております。
些細なことでもご相談ください。

病院詳細

病院名
こばやし動物病院
住所
〒811-1201 福岡県那珂川市片縄3-33 (地図)
電話
092-951-0077 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 整形外科系疾患
診察領域
皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

※午後の診療後、19時以降もできる限り対応いたします。

重症対応や緊急手術などの際には対応できない場合がございますが、まずはお電話にてお問い合わせください。

対応可能な場合は10分以内に折り返しご連絡を差し上げます。
ご来院の前に必ずお電話をおかけください。

※時間帯に応じて通常診察料金に加え、別途時間外料金がかかります。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://kobayashi-animal.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒811-1201 福岡県那珂川市片縄3-33

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗名誉院長
  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 犬の心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」検査と治療

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓のエコー検査に精通し
    、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針に
    ついて伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
  • 画像診断を活用して正確な診断を行うことで最適な治療法を提案

    日吉駅の『カトウ獣医科クリニック』。獣医師の加藤直之院長は画像診断を活用することで、動物たちの不調に関する原因を根本から探り、適切な治療を提案しています。勘や経験だけに頼らず、しっかりとした画像診断にこだわるクリニックの特徴や加藤院長の想いを伺いました。

    • カトウ獣医科クリニック
    • 加藤 直之院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
ページトップへ