ふじのペットクリニックの評判・口コミ - 北海道札幌市南区【カルーペット】

ふじのペットクリニック

4.29
アクセス数: 24,878 [1ヶ月: 265 | 前期間: 240 ]
所在地
札幌市南区 藤野三条
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

ふじのペットクリニックの運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
ふじのペットクリニック
住所
〒061-2283 北海道札幌市南区藤野三条7-1-25 (Googleマップを見る)
電話
011-591-0661 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
診察時間
 
09:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0010:00-16:0010:00-16:00
14:00-18:0014:00-18:0014:00-18:0014:00-18:0014:00-18:0014:00-18:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.fujino-pc.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

ふじのペットクリニックの運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

口コミ

12件中 3件を表示(すべて見る

0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています
ふじのペットクリニックへの口コミ
投稿者: まりちょん さん
5.0
来院時期: 2021年11月 投稿時期: 2021年11月
自宅から車で5分くらいなので3ヶ月に1度に爪切りに通っています。先月、朝起きたらケージ内のお水を全部こぼしていて牧草もペレットもほとんど食べていなくて、ウンチもほんの少し。今まで見たことのないほどくったりしていて大慌てで時間外連絡先に電話しました。(朝6時半だったので)
院長先生がうさぎさんはポーカーフェイスだから思ったより悪いかもしれないからすぐ連れてきて良いと言ってくださいました。点滴と注射で帰宅後は食欲も戻りウンチも出るようになりました。夕方念のためもう一度連れて行って様子を話したところ違う先生から薬を飲ませた方が良いと提案されましたが抱っこも出来ないので飲ませる自信がないと話して様子を見ることになりました。
完全には治っていなかったのか先日また同じような症状になってしまいました。
今回も早朝にもかかわらずまた院長先生に対応していただき注射と点滴で元気にはなりました。午後からと翌日にも受診してシリンジでの薬の飲ませ方を親切に教えていただきました。
甘いらしく自ら飲みたがるので薬を飲ませるのに躊躇していたのが杞憂に終わりました。まだ1週間なので心配ですが病院の対応にはとても感謝しています。
動物の種類 ウサギ《純血》 (ネザーランドドワーフ) 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 早朝 (6-9時)
待ち時間 3分未満 診察時間 15分〜30分
診察領域 消化器系疾患 症状 ぐったりして元気がない
病名 胃腸うっ滞 ペット保険
料金 4400円 来院理由 元々通っていた
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています
ふじのペットクリニックへの口コミ
投稿者: bol さん
4.0
来院時期: 2019年04月 投稿時期: 2020年05月
我が家からは遠いのですが、院長先生はじめ、みなさんとても親切なので時々お世話になっています。
ただ、いついっても待合室がいっぱい、駐車場もいっぱい…それだけ信頼して通われてる方が多いのかなと思います。診察室は確か3つ?先生の人数も多いので、混み具合の割には待たないかな?と思います。日によって勤務されてる先生が違うので毎回同じ先生に見ていただけるわけではないのでそこだけ気になる方は注意です。全体的に雰囲気の良い病院です。
動物の種類 イヌ《純血》 (トイプードル) 来院目的 予防接種
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 15分〜30分 診察時間 15分〜30分
診察領域 症状
病名 ペット保険
料金 来院理由
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
1人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています
ふじのペットクリニックへの口コミ
投稿者: サッチ さん
4.5
来院時期: 2018年03月 投稿時期: 2020年02月

(仲良し黒猫17才と3才)

(まだ仲良くしてた3才(雄)と生後3ヶ月半の(雌)2匹)

(現在は1匹で過ごし来月末で2才になる女の子)

あれから2年近くの話だけど、子供の病気で地元を離れ半年間くらい札幌市に在住してた時。猫二匹(雄)17才と3才と家族3人合計5人で生活していた。

当時、老猫とか何も考えず『まだ一緒に居ようね』の感じで話し掛けたりしていた。引っ越した年の12月頃、17才の子が体調を崩し土地勘もなく調べて近くの動物病院に掛かり『お腹にシコリが有り老猫だから覚悟もして欲しい』と言われ
それまで本当に何も考えても感じてもいなかったから診察室の中で泣いた。

通院も続いたけど、余命宣告から3ヶ月元気に3才の子とドタバタと騒いだり元気に過ごしてた。まるで年を感じさせないくらい元気で御飯を食べ水を飲む遊ぶを繰り返してた。

でも3ヶ月半くらいから食欲が落ち歩くのもままならず寝てばかりで起きて立ち上がれなくなり鳴いたりすると御飯、水、トイレ等は自然に判ったから家族と交代で世話をし夜中も看病続きで眠れない事も有った。もう一匹の子も心配そうに見ては居たけど何か?が違うのか?近付いて来る事もなく遠目で見たり一緒に寝てた事もあったかな。

せめて子供が小学校卒業まで持ってくれればの思いで最後の病院へ連れて行き点滴を受けたけど次の日の夜に発作を起こし旅立った。家に居る時『限界』が来てたのか体を冷す所を探したり人目を避けようとしたり不自由な体で起きてしてた。今、思うと眠そうにしてたので延命を掛けた事、後悔してる部分もある。

最期は家族で見送り写真、品を添え。そんな中『何処に連れてくの?僕も行く』というハプニングも有り自宅からだったけど見送った。人間の四十九日では無いけど残された先住猫の事も考え新しい子猫を迎えたが1ヶ月くらい仲良くしてたのに急に威嚇し始め子猫を遠ざけ不満から家中の線を噛切ったり困り果てる中
子供の病気も落ち着き始め『紹介状をか書くから地元で継続診察を受けて良い』となり地元に帰省するための準備中の中でも子猫が近付くだけで威嚇その不満をテレビの線から兎に角、噛切りストレスを発散させるのが毎日続き子猫は子猫でストレスから体調を崩し病院へ。やむなく子猫を貰った仮里親さんに相談し『この子が落ち着いて暮らせるように』とお願いし写真を見せて貰ったが家では見た事もない。まるで別猫。落ち着いてて他の家で迎え入れられ幸せに現在は過ごしている。もしかしたら2匹の猫の幸せの暮らしを導いてくれたのかも知れない。

現在、新型コロナウィルス拡大により札幌へ2才の子連れて墓参りに行きたいが何時?落ち着くかも解らないので未定。
2年前、本当に良い病院、スタッフの人達に出会えて感謝してます。当時を思い出して一匹になったけど大切な家族として過ごしていこうと思う。
動物の種類 ネコ《雑種 (ミックス)》 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 10分〜15分 診察時間 10分〜15分
診察領域 腫瘍・がん 症状 苦しそうに呼吸をする
病名 不明 ペット保険
料金 8000円 (備考: 約、掛かった費用) 来院理由 近所にあった
  • 点滴
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ

12件中 3件を表示(すべて見る

近くの病院

PR

はらだ動物病院

4.13点  【口コミ 3
北海道札幌市南区川沿一条3-3-30
011-578-1122
イヌ ネコ
札幌市南区にある動物病院。小さなケガから最新のがん療法まで対応しています。無料駐車場15台完備。

南札幌動物病院

4.03点  【口コミ 2件】
北海道札幌市南区藤野三条11-10-28
イヌ ネコ ウサギ

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
  • かかりつけ医による先制医療。病気にならないためにできること

    広島市西区のオズ動物病院は、犬猫に加えウサギや鳥、爬虫類の診察を行う病院だ。「ペットショップにいる動物は診てあげたい」と話す大園幸志郎院長は、病気の早期発見を目指す先制医療に注力する。大園先生に病院の特徴やかかりつけ医の役割について伺った。

    • オズ動物病院
    • 大園 幸志郎院長
  • 犬と猫の尿管結石(尿管閉塞)に対する治療〜外科手術を中心に〜

    福島駅から車で5分、「福島中央どうぶつクリニック」は泌尿器外科に力を入れている病院だ。尿管結石は、尿毒症を引き起こす緊急性の高い病気であり、病態把握と適切なタイミングでの手術が重要である。桑原拓磨院長に尿管結石の治療について話を伺った。

    • 福島中央どうぶつクリニック
    • 桑原 拓磨院長
  • 犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓の超音波検査に精通し、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針について伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
アポクル予約ペット 動物病院予約システム