梅島動物病院の評判・口コミ - 東京都足立区 【Calooペット】

梅島動物病院
03-5851-7677
うめじまどうぶつびょういん

梅島動物病院

4.39
アクセス数: 91,348 [1ヶ月: 2,681 | 前期間: 2,790 ]
所在地 :
足立区 竹の塚
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
たえず最先端医療を取り入れ、技術の向上につとめています。
当院では、皆さまの大切な家族である動物たちの各種予防接種はもちろん、日常生活でのお困り事やケガの治療、CT検査まで幅広く対応しております。
常に最新の医療情報を取り入れながら、飼い主さまと動物たちの状況に合わせた適切な獣医療を提供出来るよう努力していきたいと思っております。
また、入院施設を完備し、ICU室・CT検査室・エコー室など充実した設備を整えております。

ご家族とペットが元気で長く過ごす事ができるよう一生懸命サポートいたします。

診察時間を変更しました。
一般診療時間 月曜日~土曜日 9:00~19:00 となります。
13:00~16:00 の間は比較的お待ち時間が少ないです。

日曜・祝日 は 9:00~13:00 完全予約制 です。

ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

勝山 義夫 院長
街の頼れる獣医たち vol.011

スタッフの技術と最新の設備で、人と動物が幸せになる環境を作る

スタッフ同士で切磋琢磨し、積極的に新しい機器や再生医療などの治療法も導入

足立区の梅島動物病院は開院して30年。「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫院長と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。勝山院長に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。 もっと読む

口コミ

34件中 3件を表示(すべて見る

さとちゃん
さん
Pick Up!
3人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

診察時に先生が耳チェック、爪切り、肛門線しぼりまでやってくださるので、すごく助かります。先生は数人いて助手さんもたくさん。若い先生がほとんど。 先生は愛犬の名前を呼びながら優しく接してくださるのでビ... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年 
4.5
羽夢羽大
さん
4人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

数年前から、梅島動物病院にてお世話になっておりますうさぎの羽夢の飼い主です。 つい最近、うさぎが数年前に卵巣を摘出したのに子宮腺がんになりました。 定期通院の際に、腹部にしこりがあり至急エコー検査... (続きを読む)

投稿時期: 2017年08月 | 来院時期: 2017年08月 
5.0
さん
8人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

小さな病院の頃から(初代1代目のワン子~現在まで)ずっとお世話になっている病院です。院長先生は同時から変わらず(愛犬に寄りそうって話しかけてくれたり優しい先生ですしカナリ腕利き)● 診察も丁寧に見てく... (続きを読む)

投稿時期: 2017年06月 | 来院時期: 2017年02月 
4.5

34件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

診察の流れ

事前にご確認いただくことでスムーズに、また安心してご利用いただけます。
①体重測定
 体重管理はペットの健康管理にもつながります。
②目のチェック
 顔面表情筋の対称性や眼球の位置関係など観察します。
 眼球に異常がある場合は検眼・涙液・眼圧・フルオレセイン検査など追加検査が必要になることもあります。
③口腔内のチェック
 歯科疾患は最もよく見られる問題の一つにあげられ、予防歯科の必要性が高まっています。
④耳のチェック
 視診・触診により耳道の炎症や感染・肥厚などを観察し、異常がある場合は耳鏡検査を行い感染・炎症・異物腫瘍などを確認します。
⑤爪切り/足裏の毛のカット
 爪の異常や足裏に傷や感染がないか観察します。
 毛が生えているとフローリングで滑って肢を痛めることがあります。
⑥体温測定
 低体温や高熱は生命の危険性が高まります。
⑦肛門嚢から肛門腺液を絞り出します。
⑧聴診
 心臓の雑音や不整脈・心拍数・肺音などを聴取します。
⑨触診
 皮膚病の検索や腫瘍・体表リンパ節・腹腔内腫瘤の蝕知を行います。
 骨折や脱臼の有無、関節可動域・神経学的検査・筋肉の左右差の確認も行います。

高度医療について

【CT検査】
当院はCT検査室も完備しています。
CT検査は骨に囲まれた病変や、骨に対する浸潤度を画像でとらえるのに非常に有効な検査機器です。

また、CT検査を利用したペットドック(動物の全身健康診断検査)を実施しております。

大切な家族である動物たちと少しでも長く健康的に暮らしていけるようにぜひご利用ください。

【再生医療】
免疫療法および脂肪幹細胞療法を受けられます。

免疫のバランスが崩れてしまうとがん細胞を攻撃する力が弱くなり、「がん」呼ばれる状態になってしまします。

治療法がないと諦める前に、ぜひご相談ください。

手術について

当院では、どのような手術でも術者と助手が付き安全な手術を心がけています。
金属製の手術機器やガーゼは、オートクレーブという高圧蒸気滅菌機を用い確実に滅菌しています。
また、日常的に行われる避妊・去勢手術にも生体にとって安全性の高い吸収糸「ポリジオキサノン」を使用。
一般手術から整形外科、眼科と幅広い手術に対応できるよう、さまざまな手術器具を取りそろえております。

院長紹介

勝山 義夫

メッセージ

動物医療は日々進化しています。
当院は、爪切り、肛門嚢しぼりから各種整形外科・門脈シャント・脳外科・腫瘍外科・胸部外科など最新機器と若い力を結集して、“総合動物医療センター”を目指し頑張っております。
スタッフには勉強会、講習会などに積極的に参加させ、また私自身も参加し、最新医療を提供できるよう努力しております。

【院長略歴】
京都府出身
鹿児島大学農学部獣医学科
公衆衛生学教室卒業。
その後、大学附属家畜病院の研究生を経て栃木県足利市動物病院川上、東京文京区道灌山獣医科病院勤務。

1987年 足立区梅島3丁目に開業
1998年 病院拡張のため梅島1丁目に移転
2005年 CT検査機などの導入及び病院拡張の為、現在の竹ノ塚に移転
2017年 院内設備全面改装 

スタッフ紹介

獣医師

【副院長】安念 了(左上)
名前の通り、先祖は坊主でした。先祖のように「救いの道」を探求し、飼い主様は動物たちそれぞれが、幸せに明るくなれるように努めます。座右の銘「停滞は後退」

【副院長】宮川 健治(中央上)
同じような病気であっても、その子に合わせたオーダーメイドな治療をできるよう、飼い主様とよく話し合って診療することを心掛けています。整形外科、軟部外科に力をいれています。宜しくお願いします。

・岩田 泰介(右上)
座右の銘「努力に勝る天才はなし」よろしくお願いいたします。

・西本 恵(左下)
子育てを始めて、更に言葉がしゃべれない相手と接することが、得意になりました。飼い主さんと一緒に、その子に合ったケアを考え、私にできることで皆様の不安が少しでも軽くなり、明るくなれる診療を目指しています。

・金井 泉(中央下)
治せる病気もあれば治せない病気もあります。診察室でできることは少ないかもしれませんが、不安が一つでも解消できるようにがんばります。笑顔第一!

・室田 あずみ(右下)
オーナー様と動物の架け橋となっていきたいです。健康第一!小さな事でもご相談下さい。

獣医師

・手塚 雅典(左上)
「継続は力なり」日々努力を積み重ね、動物たちが幸せで健康な生活を送れるように全力でサポートしていきたいと思います。どんな些細なことでもご相談ください。

・薮野 圭樹(中央上)
オーナー様と動物たちにホスピタリティ精神を第一に向かい合っていきたいと思います。「いつも笑顔で、元気よく」を合言葉に精進していきます。

・髙山 匡亮(右上)
飼い主様にとってかけがえのない動物たちのためにどんなことにも全力で臨み、皆様の楽しい日々が1日でも長く続くよう、日々努力していきたいです。

・後藤 啓太(左下)
動物を飼うということは癒されたり、楽しいことばかりではなく、つらいこともあるかと思います。少しでも飼い主様の負担と動物の苦痛を取り除けるようにしたいです。

・長濱 麻子(中央下)
飼い主さまも動物たちも安心できる丁寧な診察を心がけます。一人ひとりにあった治療を一緒に考えていきましょう。

・加藤 拓(右下)
わかりやすい説明はもちろんのこと、オーナーさまとペットの動物たちへの気遣いを第一に診療を行っています。予防から病気のことまで、何でも相談してください。

獣医師

・櫻井 琢也(左上)
一つでも多くの命を救えるよう日々精進し、昨日より今日、今日より明日進化していきます。

・小田原 風矢(中央上)
大切な家族である動物たちが毎日笑顔で衖らせるように、飼い主さまと協力しながら二人三脚の医療を目指していきたいです。そのため、どんな小さなことでも気軽にご相談ください。

・住本 純子(右上)
動物たち、オーナー様が楽しく笑顔でいられる時間を少しでも長くできるよう、心身ともにケアできる診療を目指しています。

・鈴木 航(左下)
動物たちの目線にたった診療を行い、より良い治療を行えるように日々努力を怠らずに頑張ります。

・望月 恭平(中央下)
その子その子にあった治療法をご提案し、飼い主さまにも安心して頂ける獣医師を心がけます。優しさと根気を胸に精進していきます。

トリミング

求人

病院詳細

病院名
梅島動物病院
住所
〒121-0813 東京都足立区竹の塚2丁目1-10 (地図)
電話
03-5851-7677 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-19:0009:00-13:0009:00-13:00

※休診日:日曜、祝日の午後 年末年始 受付は午前08:40から承っております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.umejima-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

診察時間を変更しました。
一般診療時間 月曜日~土曜日 9:00~19:00 となります。
13:00~16:00 の間は比較的お待ち時間が少ないです。

日曜・祝日 は 9:00~13:00 完全予約制 です。

地図

〒121-0813 東京都足立区竹の塚2丁目1-10

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 往診専門動物病院と緩和ケアの在り方 NEW

    あさくさワンニャン保健室は、台東区に拠点を構えて東京都内で往診診療を行う、犬猫の往診専門動物病院だ。病院に行けず諦められていた命に手を差し伸べたいと話す江本宏平院長に、往診の意義やターミナル(緩和)ケアについて話を伺った。

    • 往診専門あさくさワンニャン保健室
    • 江本 宏平院長
  • 犬と猫のがん治療。標準治療と緩和的治療 NEW

    京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」では、がん治療に力を入れている。飼い主の話をしっかり聞き、話し合うことを重視して治療にあたる萩森健二院長に、犬猫のがんの治療方針、免疫療法・温熱療法など負担の少ないがん治療についてお話を伺った。

    • かもがわ動物クリニック
    • 萩森 健二院長
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
  • 犬猫の腎臓病。症状と治療法

    世田谷区代田の羽根木動物病院は、犬・猫の腎臓病治療に力を入れている。慢性腎不全は完治が難しいが、早期に発見して治療を開始することで延命できる場合も。院長の有井良貴先生に、腎臓病の症状や検査、最新の治療法である再生医療について話を伺った。

    • 羽根木動物病院
    • 有井 良貴院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
ページトップへ