クロス動物医療センター足立【東京動物アレルギーセンター・トリミングサロンブルーム足立店併設】の評判・口コミ - 東京都足立区【カルーペット】

クロス動物医療センター足立【東京動物アレルギーセンター・トリミングサロンブルーム足立店併設】
くろすどうぶついりょうせんたーあだち・とりみんぐさろんぶるーむあだち

クロス動物医療センター足立【東京動物アレルギーセンター・トリミングサロンブルーム足立店併設】

4.39
飼い主の声99件 (
アクセス数: 56,412 [1ヶ月: 1,569 | 前期間: 1,489 ]
所在地
足立区 栗原
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 家畜
学位・認定・専門
山口大学大学院連合獣医学研究科博士(獣医学) ・ 獣医腫瘍科認定医 II種 ・ 日本獣医皮膚科学会認定医
得意な診察領域
皮膚系疾患 循環器系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
竹ノ塚駅徒歩12分「クロス動物医療センター足立」は、年中無休で犬猫以外の動物も診察。駐車場15台完備。予防医療から循環器科、皮膚科、腫瘍科、整形外科、軟部外科など幅広く対応。トリミング・ホテル併設
足立区 尾竹橋通り沿い 栗六陸橋すぐにある動物病院「クロス動物医療センター足立」です。
年中無休で、平日は夜20時まで土日・祝日も夜18時まで診療しており、飼い主の皆様がお越しやすいよう駐車場を15台完備しております。

クロス動物医療センター足立では診療だけでなくトリミングやペットホテルなど、総合的に対応致します。

♦︎診療案内♦︎
予防医療、皮膚の病気、おなかの病気、ケガ、咳・呼吸・循環器、避妊・去勢、腫瘍科、猫の泌尿器、歯科、眼科など。

1.外科手術
様々な外科疾患に対する手術対応を積極的に行い、必要に応じ提携施設とも連携しております。一般外科、整形外科、神経外科、胸部外科など、幅広い外科手術に対応可能です。手術前には十分な術前検査を行い、的確な診断に基づいた治療方針を決定し、細心の注意を払って安全確保に努めております。

2.循環器科
循環器を専門にしている獣医師が診察致します。
心臓に雑音がある、呼吸が苦しそう、咳が出る、疲れやすくなった、あるいは、失神したことがある。このような症状がある際は、一度心臓検査を行うことを推奨しています。(獣医師 榎園担当)

3.皮膚科
犬や猫の皮膚病には様々な原因が関わり、痒みなどの症状を発症していることが多くあります。当院では、日本獣医皮膚科学会認定医による診察を承れます。(完全予約制、日本皮膚科学会認定医 川野担当)

4.腫瘍科
当院では腫瘍認定医によるセカンドオピニオンを受け付けております。また、がんの早期発見・早期治療のために、がん検診も実施しております。(完全予約制、日本獣医がん学会認定医 池田担当)

5.エキゾチックアニマルの診療(週1回の専門診療)
ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 魚 げっ歯類 爬虫類 両生類

困った時にいつでもご相談頂ける、信頼頂ける地域の高度医療拠点を目指し、 スタッフ一同全力で取り組んでまいります。
地域への貢献を忘れずに末長く愛される施設になりたいと考えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

■グループ院について
クロス動物医療センター葛西・トリミングサロンブルーム葛西
https://pet.caloo.jp/hospitals/detail/131657

お知らせ

【「がん検診」実施中!】

人と同様、動物のがんの死亡率は低くありません。
犬では死因の第1位、猫では第2位となっております。
当院では、腫瘍認定医によるがん検診を実施しております。
動物の高齢化に伴い、がんが増加しており、最も有効な対策は「早期発見・早期治療」となります。

クロス動物医療センターグループでは、2/28までの期間限定でがん検診キャンペーンを実施しております。
詳しくは当院までお気軽にお問い合わせ下さい☆
MAIL:info@camec-ad.jp
TEL:03-6807-1672
LINE@もございます!

WEB予約

予約はこちら
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

14件中 3件を表示(すべて見る

Zak
さん
Pick Up!
23人中 20人が、 この口コミが参考になったと投票しています

知人の勧めもあり、9月にオープンしたばかりのクロス動物医療センターに吐気のある8才のチワワの子を連れて行きました。仕事あとのギリギリ午後8時頃、雨だったので車で行ったが駐車場も大きくスムーズに駐車出来... (続きを読む)

投稿時期: 2017年10月 | 来院時期: 2017年09月 
5.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2019年05月12日

Zak様、口コミのご投稿ありがとうございます。 そのようにおっしゃって頂けて、大変光栄でございます。 今後も皆様にご満足して頂けるような診療・対応が出来るよう努力して参ります。

抹茶992
さん
10人中 10人が、 この口コミが参考になったと投票しています

2018年に初めて健康診断で生後1年半の猫2匹を連れて行き、血液検査、ウイルス検査等をしました。1匹は検査に間違いがあったらしく、もう一度、別の日に血液を取り直す事になってしまいました。 猫にとって... (続きを読む)

投稿時期: 2019年06月 | 来院時期: 2019年02月 
1.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2019年06月16日

抹茶992様 貴重なお言葉頂き誠に有難うございました。この度は、飼い主様のご期待に応えられず、大変申し訳ございません。 今回ご指摘いただきました、患者様へのご説明に関しましては、改めて当院スタッフ...

コアタン
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

1歳8ヶ月のミニチュアシュナウザーの子がお世話になりました。 耳やお尻をかゆがるのが気になり相談した所、先生に進めてもらい検査をしたら食物アレルギーが判明、その後の食べ物のことなど親身になって相... (続きを読む)

投稿時期: 2019年04月 | 来院時期: 2019年04月 
5.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2019年05月10日

コアタン様、口コミのご投稿ありがとうございます。また、いつも当院及び当サロンをご利用いただき、ありがとうございます。お力になれており、私たちとしても嬉しい限りです。今後も皆様にご安心頂けるような診療・...

14件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

85件中 3件を表示(すべて見る

  • 4.0
    投稿時期: 2019年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 慢性腎不全

    症状をしっかり聞いてくれるので安心です。

  • 5.0
    投稿時期: 2019年7月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 口の中のしゅようの処置など

    かなり大きくなってしまったしゅようの処置をどうしたら良いのかいくつかの選択肢を出して下さって、ここの病院でできる事とできない事をわかりやすく説明して頂いたので次への行動をとりやすかった。

  • 5.0
    投稿時期: 2019年7月 | 動物の種類: ネコ | 病名・治療名: 血液検査

    適切でした

85件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

犬猫以外の動物も診察/予防医療〜外科手術まで幅広く対応

●予防医療
年に1回の健康診断、狂犬病予防、ワクチン、フィラリア予防、ノミマダニ予防を推奨しております。

●皮膚の病気
原因特定のため、適切な検査を行い、正しい治療法を選択します。

●おなかの病気
嘔吐や下痢など様々な症例に対応します。内視鏡も準備しておりますので、必要な場合は使用します。

●ケガ
骨折などのケガにも対応します。必要な場合は提携病院をご紹介します。

●咳・呼吸・循環器
先天性疾患を始め、心臓に関わる病気の診断と治療を行ないます。

●避妊・去勢
生体への影響と安全性を考慮し、全ての犬、猫に対して6ヶ月以降の不妊手術を推奨しております。

●腫瘍科
動物たちのQOL(生活の質)を最優先に考え、飼い主様とじっくり話し、内科治療及び外科治療を決定いたします。

●猫の泌尿器
内科療法、外科療法、食事療法などを組み合わせ、ご提案いたします。猫ちゃん専用の診察室も準備しております。

●歯科
歯磨きやスケーリングで定期的に歯周病対策を‼

●眼科
点眼薬や内服薬、外科手術により、治療します。

●エキゾチックアニマル科
犬猫以外の動物も診察させていただきます。

皮膚科/循環器科/腫瘍科

皮膚科
当院では、「日本獣医皮膚科学会認定医」による診察を行なっております。
※認定医による診察は完全予約制になりますので事前にお問い合わせ下さい 。
犬や猫の皮膚病には様々な原因が関わり、痒みなどの症状を発症していることが多くあります。
当院では、原因を特定するために、適切な検査(細菌検査、搔爬試験、細胞診)などを行い、的確な治療法を選択します。完治しづらい症状は悪化させないように安定的にコントロールすることを目指します。

循環器科 
当院では、先天性疾患を始め、心臓に関わる病気の診断と治療を行なっています。
心臓に雑音がある、呼吸が苦しそう、咳が出る、疲れやすくなった、あるいは、失神したことがある。このような症状がある際は、一度心臓検査を行うことを推奨しています。
一般的な身体検査に加え、血圧測定、心電図、レントゲン検査、心臓超音波検査で総合的に心臓の形態や機能の評価し、不整脈の有無を評価します。どの検査もほとんど痛みを伴わない検査です。

腫瘍科
当院では、腫瘍認定医によるセカンドオピニオン、がん検診を受け付けております。外科手術も対応可能です。

エキゾチックアニマル科

エキゾチックアニマルは世話の手間がかからず飼育しやすいというイメージが先行していますが、実際は体の不調がわかりづらいだけであったりもします。 少しでも異常を感じましたら、お気軽にご相談ください。

うさぎ フェレット  げっ歯類(モルモット、ハムスター、チンチラ、リス、プレーリードッグ、ラット、マウス、フクロモモンガ、スナネズミ、デグー、ハリネズミなど)鳥類(ニワトリ、アヒル、七面鳥など) 小型猛禽類(フクロウ、ミミズク、ワシ、タカなど) 爬虫類(カメ、トカゲ、ヘビなど) 両生類(カエル、イモリ、アホロートル、サンショウウオなど)

対象動物にない動物でもできる限り飼い主様とのご協力のもと可能な限り対応したいと考えております。お電話にてご相談ください。

院長紹介

獣医長:榎園 昌之

メッセージ

担当科:循環器科 総合診療科 軟部外科 救急科

経歴
2012年3月 麻布大学 獣医学科卒業
2012年4月 ダクタリ動物病院 京都医療センター
2015年4月 日本小動物医療センター 夜間救急科
2015年7月 動物循環器胸部外科センター 手術チーム
2017年4月 日本大学内科学研究室 大学院研究生

学会発表
2016年 日本獣医循環器学会にて発表
2017年2月  JCVIM 2017にて発表。
2017年6月 ACVIM2017 in ワシントンDC にて発表。

クロス動物医療センターグループは、飼い主の皆様に安心してご来院いただける動物病院として地域医療に貢献しております。以前と違い、動物たちも家族の一員となっている中、その家族の一員である動物たちが元気に、そして笑顔になれるよう、チーム全員で日々最善の治療法を提案させていただいております。
スタッフ全員が明るく愛情を持って、お迎えいたしますので、お気軽にご来院下さい。

趣味:ドライブ、グルメツアー、愛犬ぐぐとの散歩

スタッフ紹介

獣医師紹介

左上から時計回りに
獣医師 黒岩 陽平 
・診療科:総合診療科
・出身地:高知県四万十市
・出身大学:北里大学獣医学部
・趣味:全国のラーメン屋巡り
・座右の銘:「雨垂れ石を穿つ」
・夢:ラブラドールとコーギーと一緒に住むこ
 と

獣医師 石嶋 俊介
・診療科:総合診療科、整形外科
・出身地:埼玉県さいたま市
・出身大学:日本獣医生命科学大学獣医学部
・趣味:観劇(レミゼラブル)
・座右の銘:「迷ったら険しい道を選べ」
・夢:マイホームを持つこと

獣医師 山下 諒
(現在、日本獣医生命科学大学へ留学中)
・診療科:総合診療科、腫瘍科
・出身地:北海道札幌市
・出身大学:日本獣医生命科学大学獣医学部
・趣味:スノーボード、テニス
・座右の銘:「好きこそ物の上手なれ」
・夢:孫の顔を両親に見せること

獣医師 山田 恵美
・診療科:エキゾチックアニマル科
・出身地:兵庫県神戸市
・出身大学:麻布大学獣医学部
・趣味:映画鑑賞(ショコラ)
・座右の銘:「継続は力なり」
・夢:ムツゴロウ王国を作ること!

獣医師・看護師紹介

左上から時計回りに
獣医師 行光 基
・出身地:兵庫県神戸市
・出身大学:日本学生物資源科学部獣医学科

主任動物看護師 阿片俊介
・出身地:茨城県龍ケ崎市
・出身大学:日本獣医生命科学大学
・趣味:コーヒー作り、ギター、甘いもの巡り
・座右の銘:「大丈夫」
・夢:パパさん看護師として、子供に自慢でき
 る動物病院を作る

動物看護師 佐伯 英理奈
・出身地:東京都足立区
・出身大学:帝京科学大学
・趣味:ツーリング
・座右の銘:「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
・夢:大型バイク(GSXR1000)に乗ること

動物看護師 中村 夏生
・出身地:東京都足立区
・出身学校:ヤマザキ動物専門学校
・趣味:ショッピング、ライブ鑑賞
・座右の銘:「笑う門には福来たる」
・夢:信頼される動物看護師でい続けたい!

認定医紹介

日本獣医皮膚科学会認定医
川野 浩志
【経歴】
1998年 北里大学卒業
2007年 米国 MedVet Medical & Cancer Center皮膚科 研修
2013年 米国 Veterinary Speciality Center皮膚科 研修
2014年 日本獣医皮膚科学会認定医取得
2014年 動物アレルギー医療センター院長就任
2017年 山口大学大学院連合獣医学研究科 卒業 獣医学博士学位取得(アレルギー研究)
2018年 動物アレルギー医療センター退任
2019年 東京動物アレルギーセンターセンター長

日本がん学会腫瘍科認定医
池田 雄太
【経歴】
2008年 日本大学卒業
2011年 亀戸動物総合病院 腫瘍科 担当
2014年10月 North Carolina State University 腫瘍科にて短期研修
2014年11月 The Animal Medical Center New York 腫瘍科にて短期研修
2017年04月~2019年8月 東京大学附属動物医療センター 農学特定支援員
2019年 クロス動物医療センターグループ腫瘍科

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
クロス動物医療センター足立【東京動物アレルギーセンター・トリミングサロンブルーム足立店併設】
住所
〒123-0842 東京都足立区栗原4丁目23−15 (地図)
電話
03-6807-1672 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
WEB予約
オンライン予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 家畜

※対象動物にない動物でもできる限り飼い主様とのご協力のもと可能な限り対応したいと考えております。お電話にてご相談ください。

学位・認定・専門
山口大学大学院連合獣医学研究科博士(獣医学) ・ 獣医腫瘍科認定医 II種 ・ 日本獣医皮膚科学会認定医
得意な診察領域
皮膚系疾患 循環器系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-18:0016:00-18:0016:00-18:00

※12:00~16:00は手術を行っております。

※クロス動物医療センター足立では、多くの経験を持つ獣医師が勤務し、夜間の救急医療にも対応できる体制を整えております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://camec-ad.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

【「がん検診」実施中!】

人と同様、動物のがんの死亡率は低くありません。
犬では死因の第1位、猫では第2位となっております。
当院では、腫瘍認定医によるがん検診を実施しております。
動物の高齢化に伴い、がんが増加しており、最も有効な対策は「早期発見・早期治療」となります。

クロス動物医療センターグループでは、2/28までの期間限定でがん検診キャンペーンを実施しております。
詳しくは当院までお気軽にお問い合わせ下さい☆
MAIL:info@camec-ad.jp
TEL:03-6807-1672
LINE@もございます!

地図

〒123-0842 東京都足立区栗原4丁目23−15

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬・猫の歯周病について

    JR南武線武蔵中原駅から徒歩10分。ヴィータ動物病院はペットのエキスパートとして病気以外にもしつけや気になることを気軽に相談できる、もっと身近な存在でありたいという。院長の佐藤元気先生にデンタルケアの話とともに歯周病についてお話しを伺った。

    • ヴィータ動物病院
    • 佐藤 元気 院長
  • 犬のヘルニアと膝蓋骨脱臼

    浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。佐野晋院長は、犬の椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼の手術を得意とし、全国から多くの患者が訪れている。そんな佐野院長に病気について詳しいお話を伺った。

    • 佐野動物病院
    • 佐野 晋院長
  • 犬の会陰ヘルニア。症状と治療方法

    松戸市にある「さだひろ動物病院」では、外科、腫瘍科、循環器に力を入れている。未去勢の犬で多くみられる会陰ヘルニアはただの便秘と間違えられやすいが、自然治癒はせず進行していく病気だという。貞廣優子院長に会陰ヘルニアの症状や手術について伺った。

    • さだひろ動物病院
    • 貞廣 優子院長
  • 犬・猫のリンパ腫。診断と治療

    名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、がん治療に力を入れている。岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や経験も豊富な院長の伊藤祐典先生に、がん治療に取り組む姿勢やリンパ腫についてお話を伺った。

    • パル動物クリニック
    • 伊藤 祐典院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗名誉院長
ページトップへ