クロス動物医療センター足立・トリミングサロンブルーム足立の評判・口コミ - 東京都足立区【カルーペット】

クロス動物医療センター足立・トリミングサロンブルーム足立
くろすどうぶついりょうせんたーあだち・とりみんぐさろんぶるーむあだち

クロス動物医療センター足立・トリミングサロンブルーム足立

4.48
飼い主の声11件 (
アクセス数: 22,254 [1ヶ月: 2,623 | 前期間: 2,477 ]
所在地
足立区 栗原
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 魚 家畜
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
竹ノ塚駅徒歩12分「クロス動物医療センター足立」は、年中無休で総合診療科、整形外科、軟部外科、循環器科、歯科、眼科を診療します。外科手術も対応。P15台完備。トリミング・ペットホテル有
足立区 尾竹橋通り沿い 栗六陸橋すぐにある動物病院「クロス動物医療センター足立」です。
年中無休で、平日は夜20時まで土日・祝日も夜18時まで診療しており、飼い主の皆様がお越しやすいよう駐車場を15台完備しております。

クロス動物医療センター足立では診療だけでなくトリミングやペットホテルなど、総合的に対応致します。

1.診療案内
皮膚の病気、おなかの病気、ケガ、咳・呼吸・循環器、避妊・去勢、腫瘍科、猫の泌尿器、予防医療、歯科、眼科など。

2.エキゾチックアニマルの診療
うさぎ フェレット ミニブタ げっ歯類(モルモット、ハムスター、チンチラ、リス、プレーリードッグ、ラット、マウス、フクロモモンガ、スナネズミ、デグー、ハリネズミなど)鳥類(ニワトリ、アヒル、七面鳥など) 小型猛禽類(フクロウ、ミミズク、ワシ、タカなど) 爬虫類(カメ、トカゲ、ヘビなど)小型霊長類(スローロリス、リスザルなど) 両生類(カエル、イモリ、アホロートル、サンショウウオなど)

3.外科手術
当院は、様々な外科疾患に対する手術対応を積極的に行い、必要に応じ提携施設との連携も進めます。一般外科に加え、整形外科、神経外科、胸部外科など、幅広い外科手術に対応可能です。犬猫以外にも、うさぎ・フェレット・カメなど、様々な動物種にも対応可能です。手術前には十分な術前検査を行い、的確な診断に基づいた治療方針を決定し、また麻酔前から術後管理にかけて、細心の注意を払って安全確保に努めております。

4.循環器科
先天性疾患を始め、心臓に関わる病気の診断と治療を行なっています。
心臓に雑音がある、呼吸が苦しそう、咳が出る、疲れやすくなった、あるいは、失神したことがある。このような症状がある際は、一度心臓検査を行うことを推奨しています。

5.夜間診療
夜間救急医療の体制を整えております。(要事前連絡)

困った時にいつでもご相談頂ける、信頼頂ける地域の高度医療拠点を目指し、 スタッフ一同全力で取り組んでまいります。
地域への貢献を忘れずに末長く愛される施設になりたいと考えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

■グループ院について
クロス動物医療センター葛西・トリミングサロンブルーム葛西
https://pet.caloo.jp/hospitals/detail/131657
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

9件中 3件を表示(すべて見る

Zak
さん
Pick Up!
20人中 17人が、 この口コミが参考になったと投票しています

知人の勧めもあり、9月にオープンしたばかりのクロス動物医療センターに吐気のある8才のチワワの子を連れて行きました。仕事あとのギリギリ午後8時頃、雨だったので車で行ったが駐車場も大きくスムーズに駐車出来... (続きを読む)

投稿時期: 2017年10月 | 来院時期: 2017年09月 
5.0
雪菜444
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

かかりつけの動物病院が祝日休診のため、初めてこちらの動物病院にお世話になりました。 診療ではなく、ペットホテルの利用です。 初めての外泊だったのでとても心配でしたが、朝と夕方にLINEで猫の様子を... (続きを読む)

投稿時期: 2018年08月 | 来院時期: 2018年08月 
4.5
Aoi & Marco
さん
5人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

近くの動物病院で「治せない」と断られて慌ててネットで探したらいい動物病院見つけました。 この動物医療センターは昨年開設された新しい病院です。 先生は終始丁寧な口調で優しくフレンドリー、動物に寄り添... (続きを読む)

投稿時期: 2018年07月 | 来院時期: 2018年07月 
5.0

9件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

2件中 2件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2018年9月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 嘔吐 下痢

    たくさん話を聞いて頂いて、その上で診療して頂けてとても安心致しました。 ありがとうございます。

  • 5.0
    投稿時期: 2017年12月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 膵炎、子宮膿瘍

    子宮の摘出オペ、点滴 説明もくわしくして頂き、安心してお任せできました。

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

診療案内

クロス動物医療センター足立では、皮膚のトラブルの他、予防医療や外科手術など、幅広く診療しております。

●皮膚の病気
原因を特定するために適切な検査を行い、的確な治療法を選択します。

●おなかの病気
嘔吐や下痢などの様々な症例に対応します。

●ケガ
骨折などのケガも検査・治療いたします。必要な場合は提携病院をご紹介します。

●咳・呼吸・循環器
先天性疾患を始め、心臓に関わる病気の診断と治療を行なっています。

●避妊・去勢
生体への影響と安全性を考慮し、全ての犬、猫に対して6ヶ月以降の不妊手術を推奨しております。

●腫瘍科
動物たちのQOL(生活の質)を最優先に考え、飼い主様とじっくり話し、内科治療及び外科治療を決定いたします。

●猫の泌尿器
内科療法、外科療法、食事療法などを組み合わせ、ご提案いたします。

●予防医療
年に1回の健康診断、狂犬病予防、ワクチン、フィラリア予防、ノミマダニ予防を推奨しております。

●歯科
歯磨きやスケーリングで定期的に歯周病対策を‼

●眼科
様々な検査をし、どのような原因かを鑑別します。外科手術や点眼薬、内服薬による治療法があります。

エキゾチックアニマルの診療

当院では、犬、猫以外の動物(エキゾチックアニマル)の診療も行っております。

エキゾチックアニマルは世話の手間がかからず飼育しやすいというイメージが先行していますが、実際は体の不調がわかりづらいだけであったりもします。
少しでも異常を感じましたら、お早めにご相談ください。

【対応可能なペットの種類】
うさぎ フェレット ミニブタ げっ歯類(モルモット、ハムスター、チンチラ、リス、プレーリードッグ、ラット、マウス、フクロモモンガ、スナネズミ、デグー、ハリネズミなど)鳥類(ニワトリ、アヒル、七面鳥など) 小型猛禽類(フクロウ、ミミズク、ワシ、タカなど) 爬虫類(カメ、トカゲ、ヘビなど)小型霊長類(スローロリス、リスザルなど) 両生類(カエル、イモリ、アホロートル、サンショウウオなど)
対象動物にない動物でもできる限り飼い主様とのご協力のもと可能な限り対応したいと考えております。お電話にてご相談ください。

循環器科について

当院では、先天性疾患を始め、心臓に関わる病気の診断と治療を行なっています。
心臓に雑音がある、呼吸が苦しそう、咳が出る、疲れやすくなった、あるいは、失神したことがある。このような症状がある際は、一度心臓検査を行うことを推奨しています。
一般的な身体検査に加え、血圧測定、心電図、レントゲン検査、心臓超音波検査で総合的に心臓の形態や機能の評価し、不整脈の有無を評価します。どの検査もほとんど痛みを伴わない検査です。

胸部X線検査
・心臓の大きさ、血管系の評価や、肺の状態の評価を行います。
超音波検査
・心臓の内部構造と血流を評価し、心疾患の診断や重症度の判定を行います。
心電図検査
・不整脈の診断を行います。

院長紹介

獣医長:榎園 昌之

メッセージ

担当科:循環器科 総合診療科 軟部外科 救急科

経歴
2012年3月 麻布大学 獣医学科卒業
2012年4月 ダクタリ動物病院 京都医療センター
2015年4月 日本小動物医療センター 夜間救急科
2015年7月 動物循環器胸部外科センター 手術チーム
2017年4月 日本大学内科学研究室 大学院研究生

学会発表
2016年 日本獣医循環器学会にて論文発表
2017年2月  JCVIM 2017にて論文発表。
2017年6月 ACVIM2017 in ワシントンDC にて論文発表。

クロス動物医療センターグループは、飼い主の皆様に安心してご来院いただける動物病院として地域医療に貢献しております。以前と違い、動物たちも家族の一員となっている中、その家族の一員である動物たちが元気に、そして笑顔になれるよう、チーム全員で日々最善の治療法を提案させていただいております。
スタッフ全員が明るく愛情を持って、お迎えいたしますので、お気軽にご来院下さい。

趣味:ドライブ、グルメツアー、愛犬ぐぐとの散歩

スタッフ紹介

【エキゾチックチーム長】獣医師:長屋 薫

エキゾチックアニマル科 総合診療科 軟部外科 

2014年3月北里大学獣医学部卒
2014年4月都内動物病院勤務
2016年4月都内動物園勤務
2018年4月クロス動物医療センター勤務

犬や猫だけでなく、エキゾチックアニマルも診察させていただいております。犬や猫に比べ、これらの動物の生態や習性、病気やその治療に関する情報は少なく、発展途上の分野です。それゆえ日々病気やその治療法、また、適正な飼い方などに関する情報が更新されています。

当院ではそのような病気や治療に関する正しい知識と対処を動物とその飼い主の皆様に提供することを目的としており、それぞれの動物の病気に対して、適切な診断・治療を行うよう努めていきます。

また、彼らの病気には、日常の飼育管理の改善で未然に防ぐことができるものも多くありますで、飼い主様に日常から実践できる適切な飼育方法、動物たちとの付き合い方をご提案・ご説明することも当院の大切な役割と考えております。

小さい頃から足立区に住んでいることもあり、地域の皆様に少しでも貢献できるよう精進して参ります。お気軽にご相談下さい。

趣味:中華料理作り、アメフト

勤務医 山下 諒

総合診療科

2018年3月日本獣医生命科学大学卒業
2018年4月クロス動物医療センターにて勤務

私たちの生活を明るく、そして豊かにしてくれる動物たちですが、病気や怪我などの異変を私たちに伝えることがなかなかできません。
そのような異変に気付き、的確な対応をすることが、動物の医療に関わる私たちの役目であると考えています。
現在、動物の病気の中でも最も多い病院の1つでもある腫瘍科の勉強をさせていただいております。
大学病院にて週1回、そして腫瘍認定医を目指し、最新の医療を身につけるべく日々診療に励んでおります。
ホームドクターとして、常に飼い主の皆様と動物の両方に寄り添える存在でありたいと考えております。どんな些細な事でも遠慮なくご相談下さい。

趣味:ソフトテニス、スノーボード

勤務医 行光 基

健康相談 フード相談

日本大学卒業後、動物たちやご家族の皆様のために何ができるかをチームで徹底的に追及し、日々精進して参ります。肉体派獣医師。

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
クロス動物医療センター足立・トリミングサロンブルーム足立
住所
〒123-0842 東京都足立区栗原4-23-15 (地図)
電話
03-6807-1672 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 魚 家畜

※対象動物にない動物でもできる限り飼い主様とのご協力のもと可能な限り対応したいと考えております。お電話にてご相談ください。

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-20:0016:00-18:0016:00-18:0016:00-18:00

※12:00~16:00は手術を行っております。

※クロス動物医療センター足立では、多くの経験を持つ獣医師が勤務し、夜間の救急医療にも対応できる体制を整えております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://camec-ad.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒123-0842 東京都足立区栗原4-23-15

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」検査と治療 NEW

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓のエコー検査に精通し
    、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針に
    ついて伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
  • 犬・猫のリンパ腫。診断と治療

    名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、がん治療に力を入れている。岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や経験も豊富な院長の伊藤祐典先生に、がん治療に取り組む姿勢やリンパ腫についてお話を伺った。

    • パル動物クリニック
    • 伊藤 祐典院長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 犬のヘルニアと膝蓋骨脱臼

    浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。佐野晋院長は、犬の椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼の手術を得意とし、全国から多くの患者が訪れている。そんな佐野院長に病気について詳しいお話を伺った。

    • 佐野動物病院
    • 佐野 晋院長
  • すべての猫の幸せのために、京都ではじめての猫専門病院

    京都ではじめての猫専門病院「動物病院京都ねこの病院」が2016年に開院した。「猫好きの方はもちろん、猫をよく知らない方も、この病院をきっかけに猫を好きになってもらいたい」と話す園田祐三院長に、病院の特徴や猫の病気についてお話を伺った。

    • 動物病院 京都 ねこの病院
    • 園田 祐三院長
ページトップへ