平成動物病院の評判・口コミ - 愛知県春日井市【カルーペット】

平成動物病院
へいせいどうぶつびょういん

平成動物病院

4.12
飼い主の声33件 (
アクセス数: 79,686 [1ヶ月: 1,559 | 前期間: 1,694 ]
所在地
春日井市 二子町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット 鳥
得意な診察領域
脳・神経系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
名古屋北部春日井市 「平成動物病院」は、地域の総合医療施設です。年中無休で、一般診療からしつけ教室、老猫・老犬ケア、トリミング・ペットホテルなど幅広く対応します。夜間救急診療あり 駐車場100台完備
春日井市「平成動物病院」は、地域の総合医療施設です。
動物を飼い始めてから老齢期を迎えるまで、飼い主様と動物に長い期間ともに歩ませていただいております。

一般診療の他、しつけ教室、老猫・老犬ケア、トリミング・ペットホテルなど幅広く対応します。

平成動物病院では、動物同士のトラブル防止や安全のために、犬と猫で受付の入り口を分けていますので、ご来院いただけましたらそれぞれからお入りください。

365日年中無休で診察し、夜間の救急にも対応していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

おかげ様で20年。地域のかかりつけ病院として、多くの動物たちの診察をさせていただけました。
これからも未来の獣医療をみつめながら、信頼していただける動物病院を目指していきます。

城北線 味美駅下車徒歩5分、名鉄小牧線 味鋺駅・味美駅下車徒歩10分
駐車場100台完備

お知らせ

【お知らせ】ねこちゃんのための夏の定期健康診断

平成動物病院では、ねこちゃんの定期健康診断をお勧めしています!
9月末までの期間限定で、期間内に健診を受けていただいた方には、
お楽しみプレゼントをご用意しています☆
定期的に健診を受けて、病気の予防・早期発見・早期治療につなげましょう!!
健康診断には、かんたんコース、基本コース、しっかりコースの3コースがあります。

詳しくはホームページをご覧ください☆
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

30件中 3件を表示(すべて見る

けんさん
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ワンとニャンの両方でお世話になっています。二匹とも とてもビビりで診察室に入るとすぐにちびってしまうのですが、嫌な顔一つせず対応してくれます。 ですが、小野ドクターに診察をしてもらうと何故か、これま... (続きを読む)

投稿時期: 2018年02月 | 来院時期: 2018年01月 
5.0
hina
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

八事の分院で診察を受け、本院でCT検査。 八事で診察して頂いた女医先生の診察を待合室で待っておりましたが、平日の午前中なのに、待合室いっぱいで次から次へと患者さんがやってくるのには驚きました。 駐... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年06月 
4.5
メリュジーヌ975
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の愛犬(ミニチュアダックス)がいつもお世話になっています。 ほとんど病気になったことがないので、基本はワクチン接種とのみの薬だけです。 駐車場はめちゃめちゃ広いです。が、それでも停められ... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年04月 
5.0

30件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

3件中 3件を表示(すべて見る

  • 4.0
    投稿時期: 2018年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: アレルギー性皮膚炎

    親切にわかりやすく治療してもらってますがなかなか改善されずずーっと通っています。 診療料金明細書がわかりやすく納得できます!

  • 5.0
    投稿時期: 2018年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: キシリトール中毒

    血液検査、レントゲン検査、エコー検査、輸血処置。 できる事すべて行っていただけたので、助からなかったですが、感謝しています。

  • 5.0
    投稿時期: 2018年4月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 目

    親しみやすい 相談しやすい先生が多い

3件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

画像診断センター

平成動物病院では、画像診断センターを併設しています。

MRIやCT、腹腔鏡などの高度医療機器を用いて、正確な画像診断をくだし、最適な治療を実現します。

MRI・CT検査は完全予約制です。
かかりつけの病院に通院している方は紹介が必要です。

患者様に麻酔をかけての検査になりますので、血液検査・レントゲン検査は当院にて、実施させていただきます(かかりつけの病院で検査が済んでいる方はデーターをご持参してください・省略する場合もあります)。

麻酔の安全性などを考慮しての対応ですので、ご理解・ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

はじめて動物を飼われたら

【初期検診】
ペットを飼うということは、新しい家族を迎え入れることになります。
生まれたばかりの子犬や子猫は、赤ちゃんと同様に、簡単なことで体調を崩してしまいます。
まずはしっかりと健康診断を受けて、これから長く続く生活を楽しくスタートしましょう。

【飼育相談】
・問題行動・しつけ相談
・食事指導
・ワクチン接種
・避妊/去勢
・歯磨き指導

【パピークラス】
生後2~4か月の子犬は人間の3~6才ごろにあたり、「社会化期」と呼ばれる大切な時期です。

そこで社会化のお手伝いをするのが「パピークラス」です。
同じくらいの歳の子犬が、飼い主様と一緒に数組集まっていただき、人間とのコミュニケーション、犬同士の遊び方・つきあい方、さまざまな匂いや音などの環境への対応を学んでいきます。

ご参加いただくにはワクチン接種や事前のカウンセリングなどが必要ですので、病院スタッフにご相談ください。

老犬・老猫のケア

【健康診断】
犬や猫は、体の異常を飼い主に上手く伝えることができません。さらに、年を重ねるほど人と同様に病気は多くなってきてしまいます。

シニアになる7歳からは、1年に1回、10歳を超えたら半年に1回のわんにゃんドックをお勧めします。

【老齢期の病気】
犬や猫は、7才を超えた頃から老齢期に入ります。大型犬は小型犬よりも少し早い5才過ぎた頃から始まります。

老齢期の病気として、痴呆があります。
夜鳴き、徘徊、飼い主の呼びかけに反応しない、昼夜逆転、食欲旺盛だが痩せる、トイレを失敗する、狭いところや部屋の隅から脱出できない、円を描くように歩き続けるなど、どれも一人で全てを解決することは難しいと思われます。
動物を扱う専門スタッフの知識と、時にはお薬が必要となる場合もあるかもしれません。
一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

【介護ケア・ターミナルケア】
●介護施設
痴呆が進み吠え続けてしまうなど、ご自宅で飼うことが難しくなったペットを長期でお預かりする介護施設です。 飼い主様とペットの負担を軽減します。

●介護グッズ
車椅子、滑り止め・介護服・サポーター など

院長紹介

平島 康博

メッセージ

私ども平成動物病院は、『楽しいペットライフをサポートする』をモットーに平成8年3月開業以来、地域のかかりつけの動物病院としても一日も休むことなく診療を続けてまいりました。
また平成16年3月から新しい本院に移転し、広く快適な空間でのサービスとCTなど質の高い獣医療の提供が可能となりました。

平成25年6月には、飼い主様とスタッフに、より高い満足度を提供できる理想の一次診療病院を目指して、分院である平成八事動物病院を開院し、電子カルテ、コニカ製フラットパネルを使用した、最新のデジタルレントゲン撮影装置を導入しました。
平成26年10月からは、本院にて画像診断センターを立ち上げ、さらなる質の高い獣医療の提供が可能となりました。
これもひとえに多くの飼い主様の温かいご支援があればこそだと感謝しております。

近年、獣医療の進歩により、様々な治療法が選択できる時代になりました。私どもは学会や院内セミナーにお越しくださる先生方との交流を通じ、最先端でなおかつ治療実績の高い獣医療を学び、よりベストな診療を提供し、進化し続ける病院にしたいと思っております。

スタッフ紹介

獣医師

◆八事 院長、総副院長:平島 納子
◆総副院長:小野 隆久
◆八事 副院長:中野 好美
◆本院 内科長:渡邉 由起子
◆内科主任:神谷 合可
◆本院 副院長:原田 敢
◆画像診断長:田口 裕康
◆内科主任:尾関 一輝
◆内科主任:原 崇洋
◆田中 和
◆網干 裕貴
◆藤本 良司
◆櫻井 洋介
◆今飯田 創太
◆竹内 萌香

動物看護士

◆総看護職長、本院 看護職長、手術主任:大島 和美
◆八事 看護職長:石神 真紀
◆鈴木 千尋
◆入院副主任:宮下 晴香
◆近藤 真実
◆山本 美季
◆入院主任:加藤 千晴
◆藤井 三紗子
◆手術副主任:永井 上総
◆入院副主任:西川 明香里
◆牧 紗弥
◆手術副主任:三島 歩
◆北川 晏名
◆黒澤 菜々美
◆鈴木 あやね
◆谷口 海砂希
◆中島 美帆
◆丹羽 映実
◆木村 凜
◆梶田 夏花
◆木村 夢有未
◆新妻 恵理
◆水野 沙季
◆岡田 優芽
◆加藤 里奈
◆長谷川 夢菜

受付

◆鈴木 音々
◆影山 裕加
◆大野 恵理奈
◆神谷 星良
◆犬飼 愛子
◆山嵜 清加

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
平成動物病院
住所
〒486-0955 愛知県春日井市二子町2-1-1 (地図)
電話
0568-36-1236 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット 鳥

※ウサギ・ハムスター・フェレット・鳥などは 電話予約可能です

得意な診察領域
脳・神経系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:30-11:3009:30-11:3009:30-11:3009:30-11:3009:30-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:30
15:00-19:0015:00-19:0015:00-19:0015:00-19:0015:00-19:0014:00-17:3014:00-17:3014:00-17:30

※年末年始(12月31日~1月3日) 9:00~13:00

※当院で受診されている方で、急患のみ対応致します。 診察時間終了後にお電話していただきますと留守番電話に切り替わります。留守番電話のメッセージに診察券番号・お名前・ご連絡先をお話ししていただき、電話を切ってお待ち下さい。
宿直担当者がカルテを確認し、折り返し連絡させていただき、状態を確認させていただきます。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.heisei-vet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

【お知らせ】ねこちゃんのための夏の定期健康診断

平成動物病院では、ねこちゃんの定期健康診断をお勧めしています!
9月末までの期間限定で、期間内に健診を受けていただいた方には、
お楽しみプレゼントをご用意しています☆
定期的に健診を受けて、病気の予防・早期発見・早期治療につなげましょう!!
健康診断には、かんたんコース、基本コース、しっかりコースの3コースがあります。

詳しくはホームページをご覧ください☆

地図

〒486-0955 愛知県春日井市二子町2-1-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 最新の機器と先進的な技術で骨折や脱臼などの整形外科疾患を治療 NEW

    京都市の「メイプル動物病院」では、整形外科疾患の治療を得意としている。海外から最新の治療方法を積極的に取り入れ、セカンドオピニオンも行っている森勇雄院長。家族と同じ気持ちで動物と接する森院長へ、整形外科治療への想いを伺った。

    • メイプル動物病院
    • 森 勇雄院長
  • すべての猫の幸せのために、京都ではじめての猫専門病院 NEW

    京都ではじめての猫専門病院「動物病院京都ねこの病院」が2016年に開院した。「猫好きの方はもちろん、猫をよく知らない方も、この病院をきっかけに猫を好きになってもらいたい」と話す園田祐三院長に、病院の特徴や猫の病気についてお話を伺った。

    • 動物病院 京都 ねこの病院
    • 園田 祐三院長
  • 犬と猫の包括的な歯科治療の実践

    JR岐阜駅から車で15分の日野どうぶつ病院は、歯科治療と整形外科治療に力を入れている。歯科治療は1本ずつ歯の状態を検査し治療を行うことが大切だという。包括的な歯科治療を実施している津田卓二院長に、歯科治療の流れや治療内容の決め方について伺った。

    • 日野どうぶつ病院
    • 津田卓二院長
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ