天神川どうぶつ病院の評判・口コミ - 京都府京都市右京区 【Calooペット】

天神川どうぶつ病院
075-871-1222

天神川どうぶつ病院

4.20
アクセス数: 10,265 [1ヶ月: 158 | 前期間: 116 ]
所在地 :
京都市右京区 太秦森ケ東町
診察動物:
イヌ ネコ ハムスター フェレット
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
『うちの子ならどうするか』常に心がけて診療しています
動物たちの毎日の健康の為にこれまでの経験を生かし、わかりやすい説明とコミュニケーションを大切に、地域の皆様に心から信頼していただける病院を目指して、誠実な医療を行っていきたいと思います。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

2件中 2件を表示(すべて見る

ナビスコ
さん
6人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

愛猫を拾って以来、ずっとお世話になっております。 何台かぶんの駐車場もある、新しくてきれいな病院です。 大事な家族にたいへんな愛情をもって接してくださり、 現在の症状や今後のことなどすごく丁... (続きを読む)

投稿時期: 2013年06月 | 来院時期: 2013年01月 
5.0
あっさむ
さん
5人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

二匹目の猫を迎え、先住猫の様子がおかしいな?と思って こちらの病院を受診しました。 食欲が少し落ちていたぐらいで、目に見えてわかる症状は出ていませんでしたが 先生はわたしの話を丁寧に聞いてく... (続きを読む)

投稿時期: 2012年09月 | 来院時期: 2012年05月 
4.5

2件中 2件を表示(すべて見る

院長紹介

林 暖

メッセージ

常にネバーギブアップの精神で診療を行い、困難な病気で最善の治療を考えて、少しでも長く飼い主さんと動物が幸せに暮らせるように、努力しています。

病院詳細

病院名
天神川どうぶつ病院
住所
〒616-8102 京都府京都市右京区太秦森ケ東町30-3 (地図)
電話
075-871-1222 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ハムスター フェレット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
17:00-20:0017:00-20:00-17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Etenjingawa-animal/index.html
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒616-8102 京都府京都市右京区太秦森ケ東町30-3

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 犬のヘルニアと膝蓋骨脱臼

    浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。佐野晋院長は、犬の椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼の手術を得意とし、全国から多くの患者が訪れている。そんな佐野院長に病気について詳しいお話を伺った。

    • 佐野動物病院(旧岩崎動物病院)
    • 佐野 晋院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 犬と猫のがん治療。標準治療と緩和的治療

    京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」では、がん治療に力を入れている。飼い主の話をしっかり聞き、話し合うことを重視して治療にあたる萩森健二院長に、犬猫のがんの治療方針、免疫療法・温熱療法など負担の少ないがん治療についてお話を伺った。

    • かもがわ動物クリニック
    • 萩森 健二院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
ページトップへ