京都北山動物病院の評判・口コミ - 京都府京都市左京区【カルーペット】

京都北山動物病院
きょうときたやまどうぶつびょういん

京都北山動物病院

4.48
飼い主の声18件 (
アクセス数: 56,262 [1ヶ月: 322 | 前期間: 444 ]
所在地
京都市左京区 下鴨南芝町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット
北山駅から徒歩5分の『京都北山動物病院』、予約診療優先、ペットホテル・駐車場5台完備、救急診療も対応可能
京都北山動物病院では、地域に根ざした安心の獣医療を提供できるよう、犬や猫のほかに、ウサギ・フェレット・ハムスターも診察しています。

救急医療に従事していた経験から、緊急時の対応も数多く手がけてきており、院内には大型犬にも対応している大きなレントゲン機器や内視鏡などの専門機器を多く備えています。

1.各種手術
消化器系、整形外科、神経・脊椎外科、呼吸器系、腫瘤・腫瘍、産科・繁殖系、泌尿器系と幅広い手術を行っております。

2.ワクチン
ワクチンとは、感染症の予防接種に使うお薬です。ワクチンを接種しておくとその病気への免疫ができるため、万が一病原体が体内に侵入しても病気になりにくくなります。
恐ろしい病気を予防するために年に一度、必要なワクチンを受けるようにしましょう。

3.フィラリア・ノミ、ダニ
フィラリア
血液検査:血液検査で感染しているかどうかを確認できます。蚊のシーズンが始まる前の3月〜4月頃に検査、5月から予防されることをおすすめします。

4.ノミ・ダニ
おやつタイプ、スポットタイプがございます。
猫ちゃんには3ヶ月効果があるスポットタイプがお薦めです。
完全室内飼いだからといって油断は禁物です。
家族が健やかな生活を送るためにもしっかりとノミ・ダニの駆除対策をしておきましょう。

口コミ

12件中 3件を表示(すべて見る

シャロン804
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

まだ新しくとても綺麗な動物病院です。 院長先生もまだお若いのに人気の病院で、以前は救急に勤めていらっしゃったようで病院内でもTVに出演なさった時の映像が流れています。 助手の方や受付の方もとても優... (続きを読む)

投稿時期: 2019年03月 | 来院時期: 2018年11月 
4.0
カトリン
さん
14人中 14人が、 この口コミが参考になったと投票しています

2017年の8月中旬から、乳糜(にゅうび)胸水の猫、吉報(きっぽう)でお世話になりました。 もともと腫瘍があった子で、5月末からすでに発症していました。胸水を抜くのは延命処置の目的です。 遠方... (続きを読む)

投稿時期: 2018年12月 | 来院時期: 2017年12月 
5.0
桜吹雪681
さん
31人中 24人が、 この口コミが参考になったと投票しています

今回は避妊手術ということで、 こちらの病院にお願いしました。 手術当日、14時くらいに手術が 終わったら先生から電話が来るとのお話でしたが、 20時まで待ってもかかってこず。 心配になってか... (続きを読む)

投稿時期: 2018年09月 | 来院時期: 2018年09月 
1.0

12件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

6件中 3件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2020年12月 | 動物の種類: イヌ (ネコ)

    先生の愛情いっぱいの丁寧な治療で、今も元気に生きてます。先生との出会いで助けて頂き、感謝しかありません。命の恩人です。宮本先生との出会いに感謝です。本当に丁寧な治療です。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年6月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 腎不全

    体調不良が続き、血液検査をして頂いたところ、腎不全と診断されました。先生は色んな治療方法やサプリメントを提案して下さり、こちらの希望もたくさん聞いて下さりました。先生もスタッフの方々もいつも丁寧に対応して下さり、とても安心感がありました。大変お世話になり、本当にありがとうございました。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年4月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 腎不全|点滴・内服・血液検査

    年末年始に調子が悪くなり、診療されていると伺い受診しました。丁寧な説明と治療で愛犬もみるみる元気になりました。先生をはじめ、スタッフさんも優しく、安心して愛犬をお任せできます。

6件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

各種手術

・消化器系
消化できないもの(竹串・おもちゃ・衣類など)を飲み込んでしまった場合に、お腹を切らずに安全に摘出することができる内視鏡(胃カメラ)を初めとした、様々な設備を整えております。

・整形外科
プレート内固定術・創外固定術を取り入れております。前十字靭帯の断裂に関しても人工支帯による関節制動術を行っています。

・神経・脊椎外科
椎間板ヘルニアの場合に片側椎弓切除や脊髄減圧術を行っております。

・呼吸器系
軟口蓋過長症は原因となる器官の構造を整復することになります。

・腫瘤・腫瘍
細胞の一部を摂取して検査を実施し良性か悪性かを判断します。悪性の場合は、進行度合いがとても早く他臓器に転移するため、切除手術が必要になります。

・産科・繁殖系
避妊/去勢手術・子宮蓄膿症・子宮脱 卵巣子宮摘出術
乳腺腫瘍摘出術
難産 帝王切開術

・泌尿器系
尿路結石の位置やその大きさ、尿路閉塞を起こしている場合は摘出手術を行う場合があります。
・眼科
赤く腫れ上がって飛び出す瞬膜腺脱出(チェリーアイ)の場合は、当院では手術を行うことが可能です。

ワクチン

ワクチンとは、感染症の予防に使うお薬です。ワクチンを接種しておくとその病気への免疫ができるため、万が一病原体が体内に侵入しても病気になりにくくなります。
恐ろしい病気を予防するために年に一度、必要なワクチンを受けるようにしましょう。

・狂犬病ワクチン
現在は日本での感染は確認されていませんが、犬以外の動物を通じて海外から進入する可能性もあります。
年に1回の予防接種と飼い犬の登録は法律に基づいた飼い主の義務です。必ず受けるようにしましょう。

・犬の混合ワクチン
当院では『6種混合ワクチン』『8種混合ワクチン』『10種混合ワクチン』の取り扱いがあります。分からないことがあれば何でもご相談ください。

・猫の混合ワクチン
当院では『3種混合ワクチン』の取り扱いがあります。予防接種について分からないことがあれば何でもご相談ください。

※ワクチン接種をしてもすぐに免疫力が付くわけではありません。ワクチン接種が終わってから1週間は他の犬・猫と接触させたりしないでください。

予防

・フィラリア
血液検査で感染しているかどうかを確認できます。蚊のシーズンが始まる前の3月〜5月ころに検査し、5月から予防されることをおすすめします。
フィラリア症は、きちんとお薬を飲ませることで予防できる病気です。蚊が飛び始める5月から12月までの間、毎月必ずお薬を飲ませましょう。

・ノミ、ダニ
おやつタイプ:月1回、錠剤を飲ませます。
スポット製剤を滴下することにより、皮膚がかゆくなってしまったり、滴下した所を気にしてしまう子におすすめです。
スポットタイプ:月に1回、動物の首の後ろ(肩甲骨の間)に滴下します。
飲み薬が難しい子でも簡単に投与することができます。

院長紹介

宮本 修治

メッセージ

はじめまして院長の宮本修治と申します。京都北山の地に動物病院を開業、地域に根ざした安心の獣医療を提供できる施設を目指して参ります。また救急医療に従事してきた経験から、緊急時の対応も数多く手がけてきております。飼い主様の不安なお気持ちも理解しておりますので、診療時間外にもお困りのことがございましたら、ご連絡頂ければ可能な限り対応させて頂きます。
皆様の大切なご家族の幸せに最大限貢献できるよう努力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
京都北山動物病院
住所
〒606-0841 京都府京都市左京区下鴨南芝町51−1 ソレイユ 北山 1F (地図)
電話
075-744-6188 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:30--
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※診察時間外でも可能な限り対応させていただきます。お電話にてお問い合わせください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://kyotokitayama-animalhospital.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒606-0841 京都府京都市左京区下鴨南芝町51−1 ソレイユ 北山 1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 一般診療から専門診療まで。チーム医療で飼い主に安心を届けたい

    横浜市都筑区の横浜青葉どうぶつ病院は、整形外科・外科が専門の古田健介院長と、循環器・画像診断・小動物の診療など専門を持つ獣医師によるチーム医療が特徴だ。開業までの経緯や、飼い主様とのコミュニケーションについて古田院長に伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬猫の眼科診療。失明から回復させる最新手術

    仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。

    • エビス動物病院
    • 山下 洋平院長
  • 犬の特発性てんかん~国際基準に準拠した診断と治療~

    高田馬場駅から徒歩6分の「小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター」は神経系疾患の治療に強みを持つ病院だ。発作を起こす病気は特発性てんかんや脳腫瘍など複数あり正しい診断が重要である。大竹大賀先生に、てんかんの診断や治療について伺った。

    • 小滝橋動物病院 新目白通り 第2高度医療センター
    • 大竹 大賀先生
  • 西洋医学と東洋医学でアプローチ、病気にならない生活を目指して

    横浜市都筑区にある「横浜もみじ動物病院」は西洋医学と東洋医学を取り入れている病院だ。西洋医学に鍼灸、漢方を加えることで治療の幅が広がるという。「病気にならない飼い方を伝えたい」と話す中西啓介院長、中西由佳梨副院長にお話しを伺った。

    • 横浜もみじ動物病院
    • 中西 啓介院長
    • 中西 由佳梨副院長