小泉ネスト動物病院の評判・口コミ - 福岡県北九州市八幡西区【カルーペット】

小泉ネスト動物病院
093-632-2222
こいずみねすとどうぶつびょういん

小泉ネスト動物病院

4.88
アクセス数: 157,305 [1ヶ月: 2,417 | 前期間: 2,371 ]
所在地
北九州市八幡西区 別当町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 家畜
ワンちゃんネコちゃんの診療に加え、エキゾチックアニマルの専門医療を皆様にご提供いたします
当院はワンちゃん・ネコちゃんの診療はもちろん、「エキゾチックアニマル」の専門医療を提供する病院です。
豊富な治療・診療経験をもとに様々な動物の疾患や手術に対応しており、患者様ごとに適切な診療・治療方法をご提供していきます。
当院の病院名「ネスト」とは、「Nest=動物の巣、安心できる寝ぐら」という意味があります。不安な気持ちで病院にいらっしゃる動物たち・オーナー様にとって、安心していただける場所でありたいという思いを込めて付けました。

診療対象動物
・犬、猫・ウサギ、フェレット、ハリネズミ、フクロモモンガ、げっ歯類(モルモット、チンチラ、デグー、ジリス、モモンガ、プレーリードッグ、シマリス、ハムスター、マウス、ラット、ジャービルなど)・鳥類(セキセイインコ・ボタンインコ・コザクラインコなどのインコ類、オカメインコなどのオウム類、ブンチョウなどフィンチ類、ニワトリ・アヒルなど家禽・水禽類、フクロウ・コノハズクなど小型猛禽類)・爬虫類(各種カメ・トカゲ・ヘビ類)・両生類(カエルなど無尾類、ウーパールーパー・イモリなど有尾類)・特殊動物(小型サル類、フェネック、ミニブタ、ヤギ、ヒツジなど)

お知らせ

●web予約はじめました●
当日の診療予約をウェブ上で取ることができます。まずは下記アドレスにアクセスしてください。
https://www.mrweb-yoyakuv.com/koizumi_nest/login/

口コミ

19件中 3件を表示(すべて見る

さよママ
さん
Pick Up!
18人中 17人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ロシアリクガメが何ヶ月も食が細い状態が続いた末、ついには餌を食べなくなり、来院しました。 以前飼っていたホシガメをとある病院の指示に従って治療したところそれが原因で死なせてしまったことがあり、根... (続きを読む)

投稿時期: 2019年07月 | 来院時期: 2017年11月 
5.0
雛菊
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

モルモットの赤ちゃんを診ていただいています。 ペットショップからお迎えして数日後お尻の辺りが禿げている事に気付き、こちらの病院へ連れて行きました。 うちの子はカビ菌のせいで毛が抜けてしまってい... (続きを読む)

投稿時期: 2021年03月 | 来院時期: 2021年03月 
5.0
Kokoママ
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

先日、セキセイインコのココちゃんが天国へと旅立ちました。院長先生の治療のおかげで何度も命を助けていただきました。診察の時も、ココちゃんに話しかけながら治療をしていただいたり、私の不安に思う事や家での飼... (続きを読む)

投稿時期: 2020年12月 | 来院時期: 2020年12月 
5.0

19件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

ご来院について

ご来院時のご案内
【ワンちゃん・ネコちゃん】
ご来院の際は、必ずケージに入れて鍵をしてお越しください。大型犬のワンちゃんは首輪とリードをし、リードをしっかり持ってオーナー様から離れないようお願いいたします。当院は車通りの多い国道200号線に面しておりますので、ノーリードでの抱っこ等は大変危険です。

【ウサギさん・モルモットさんなどの小型動物】
キャリーに入れてご来院ください。キャリーは上開きの物が処置などもしやすく、安全です。

【鳥さん】
小型のキャリーやプラスチックケージに入れてご来院ください。普段使っている大きなケージでは鳥さんが興奮しやすく、検査の際にも逃げることで疲れてしまうため、ご遠慮ください。

【カメさん】
プラスチックケージや段ボールなどの大きさがあった入れ物に入れてご来院ください。車移動などで強く揺れる場合、タオルや新聞紙等で隙間を埋めてあげるとカメさんも安心します。

【トカゲさんやヘビさん】
必ず脱走できないような容器をしっかりしめてご来院ください。

【水中にすむ動物】
小型のケースに普段の飼育水をそのまま入れてご来院ください。

エキゾチックアニマルの診療

当院ではワンちゃん・猫ちゃんはもちろん、エキゾチックアニマルに対しても、各精密検査を行い適切な診断と治療を行っております。
検査自体が動物にとって負担になってしまう事もあるため、オーナー様と診療方針についてしっかりお話しさせていただき、ご納得していただいた上で治療を進めていきます。
少しでもご家族の不安を解消出来るよう、努めていきたいと思っております。

またエキゾチックアニマルの診療では、普段の飼育環境や食べ物の状況が重要です。できれば普段お世話をしているご家族の方にお越し頂くようお願いいたします。

また普段生活している環境・ケージのお写真などもありますと診察がよりスムーズです。

エキゾチックアニマルの健診

エキゾチックアニマルは、身体の調子が悪くても病気を隠す習性があります。オーナー様が気づいた時には重症になっているケースも少なくありません。
当院ではエキゾチックアニマルについても健康診断を行っております。

・対象種
ウサギ・フェレット・モルモット・ハリネズミ・ハムスターなど小動物、鳥類、カメ類、トカゲ、ヘビ類など

・検診内容
一般身体検査、便検査+尿検査は全ての動物種におすすめです。レントゲン検査は小型鳥類を除くほとんどの動物種に、血液検査は特に小型鳥類・小型動物を除くほとんどの動物種におすすめです。
各種検査結果の必要に応じて、エコーなどの検査もしていきます。

検査内容によっては、動物の種類や性格によって実施できない場合や、麻酔を用いての検査になる場合もございますので詳しくは当院にお問い合わせください。

検査内容はオーナー様が選んでいただくことも可能です。ご希望の場合はご遠慮なくお申し付けください。

料金はHPをご覧ください。
http://www.koizumi-nest.com/sinryou.html

院長紹介

小泉 伊織

メッセージ

当院は犬や猫の一般診療に加え、エキゾチックアニマルの専門的医療まで提供することをコンセプトとした病院です。豊富な診療・治療経験をもとに、あらゆるエキゾチックアニマルの難治性疾患や外科手術にも対応しております。病気のことのみならず、飼育や食事に関するご相談も自身の飼育経験からアドバイスさせていただきます。セカンドオピニオンにも対応しておりますので、ご自身の大切なペットに関して、ご不明な点がありましたらご遠慮なくご来院・ご相談ください。どんな動物種であっても、平等に大切な家族であるということは、私も自身の飼育経験から痛いほど感じております。たとえ体重30gのハムスターであっても、水の中にいるウーパールーパーであっても、その子の元気がなくなれば不安になりますし、食事をしなくなればその子のことばかりが気になってしまう気持ちは、私もとてもよくわかります。当院では、飼い主様とのご相談・ご協力のもと、それぞれのご家族にとっての最適な医療を十分に話し合ったうえで治療を進め、ご家族の方々の不安なお気持ちを少しでも和らげることが出来るよう努めていきたいと考えています。どんなことでもお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

小泉 美智子/副院長

福岡県北九州市出身
山口大学農学部獣医学科(現共同獣医学部)卒業
山口大学付属動物病院・伴侶動物医療研究室にて小動物診療を学び、卒後は山口県農業共済組合にて牛の診療に携わってきました。
動物とご家族が心安らぐ病院・診療内容を提供することを目標としています。

求人

病院詳細

病院名
小泉ネスト動物病院
住所
〒806-0062 福岡県北九州市八幡西区別当町3-24 (地図)
電話
093-632-2222 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 家畜

※その他の動物に関しましても対応可能ですので、まずはお問合せください。

診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
10:00-13:00-10:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-14:0010:00-13:0010:00-14:00
17:00-20:00-17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00-17:00-20:00-

※休診日/火曜日、土曜・祝日の午後は休診。※2020年2月から土曜・祝日が午前診療のみになります。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.koizumi-nest.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒806-0062 福岡県北九州市八幡西区別当町3-24

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • 犬と猫の尿管結石(尿管閉塞)に対する治療〜外科手術を中心に〜

    福島駅から車で5分、「福島中央どうぶつクリニック」は泌尿器外科に力を入れている病院だ。尿管結石は、尿毒症を引き起こす緊急性の高い病気であり、病態把握と適切なタイミングでの手術が重要である。桑原拓磨院長に尿管結石の治療について話を伺った。

    • 福島中央どうぶつクリニック
    • 桑原 拓磨院長
  • 通常の診療から高度医療まで。かかりつけ医が24時間365日対応

    足立区、環状七号線沿いの「東京サンライズアニマルケアセンター」は、24時間年中無休で診療を行っている。「いつでも行けて気軽に頼れる。そんなかかりつけの動物病院を目指す」と語る原田宗範院長と妻の友美先生に話を伺った。

    • 東京サンライズアニマルケアセンター
    • 原田 宗範院長
    • 原田 友美先生
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
  • 猫に優しい動物病院です。本院との連携で夜間救急も対応

    JR荻窪駅から徒歩7分の「グラース猫の病院」は、キャットフレンドリークリニックのゴールド認定を取得している、猫専門の動物病院だ。副院長の福田あゆみ先生に、病院の特徴や、本院である「グラース動物病院」との連携、猫の病気について伺った。

    • グラース猫の病院
    • 福田 あゆみ副院長
ページトップへ