アカシア動物病院の評判・口コミ - 東京都小平市【カルーペット】

アカシア動物病院
042-343-9219

アカシア動物病院

4.60
アクセス数: 12,860 [1ヶ月: 378 | 前期間: 410 ]
所在地 :
小平市 仲町
診察動物:
イヌ ネコ
診察領域:
東洋医学
動物達が自己治癒力を最大限発揮できるように、治療を提供します
動物たちが持つ自己治癒力を最大限に引き出せるように、必要に応じて、鍼・オゾン療法・ホメオパシー等を組み合わせた治療をいたします。
なるべく動物たちに負担をかけず、また、動物たちの免疫力を高め病気に強い身体をつくるためのお力添えができればと思います。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

4件中 3件を表示(すべて見る

rinrin
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

自然治癒や他ではしない治療法をしているということで 受信しました。 人間にも使うようなSCIOという機械で愛犬のことを調べ、 愛犬が口にしているもの、水も含み全部持ってきてくださいとのこ... (続きを読む)

投稿時期: 2017年10月 | 来院時期: 2017年10月 
5.0
Caloouser57003
さん
12人中 12人が、 この口コミが参考になったと投票しています

 小平市にある、わりとこじんまりした動物病院です。部屋は2室あり、親子の獣医さんが運営しています。うちの猫は腎不全でお世話になりました。一般的な病院かとおもいきや、こちらの治療法は見たことがありません... (続きを読む)

投稿時期: 2015年03月 | 来院時期: 2014年 
5.0
Caloouser56996
さん
16人中 15人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うちの猫は癌の治療でこちらにお世話になりました。 他の病院では、手遅れと安楽死を勧められていましたがどうしても諦めることができず、こちらを受診いたしました。 受診は完全予約制で、スムーズに... (続きを読む)

投稿時期: 2015年03月 | 来院時期: 2012年07月 
5.0

4件中 3件を表示(すべて見る

院長紹介

清水 紀子

メッセージ

自己治癒力とは、動物たちの生命力そのものと言えます。どんな子も本来持ち得るその力を最大限に引き出す手助けをすることに重きをおいて日々の診療に励んでおります。
状況に応じて、他の動物病院と連携した幅広い治療を行うことも可能です。

病院詳細

病院名
アカシア動物病院
住所
〒187-0042 東京都小平市仲町210-2 アベニューハイツ石川101 (地図)
電話
042-343-9219 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
東洋医学
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
14:00-18:0014:00-18:00-14:00-18:0014:00-18:0014:00-18:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.acacia-vet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒187-0042 東京都小平市仲町210-2 アベニューハイツ石川101

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • スタッフの技術と最新の設備で、人と動物が幸せになる環境を作る

    足立区の梅島動物病院は開院して30年。「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫院長と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。勝山院長に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。

    • 梅島動物病院
    • 勝山 義夫院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
ページトップへ