西調布犬猫クリニックの評判・口コミ - 東京都調布市【カルーペット】

西調布犬猫クリニック
にしちょうふいぬねこくりにっく

西調布犬猫クリニック

4.87
飼い主の声15件 (
アクセス数: 55,381 [1ヶ月: 1,806 | 前期間: 1,160 ]
所在地
調布市 下石原
診察動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
日曜の診察にも対応。地域の皆様に愛される動物病院を目指しております。
当院では、地域のワンちゃんネコちゃんのホームドクターとして、充実した施設と最新の知識の提供に全力で取り組んでおります。
皆さまにお越しいただきやすいよう、土曜・日曜も診療を行っております。

ワンちゃんやネコちゃんの事を一番理解されているのは、飼い主様です。私たちは、まず飼い主様とのコミュニケーションを密にし、信頼関係を築く事でワンちゃんやネコちゃんからも信用してもらえるよう努力しております。
病気になった時だけではなく気軽に立ち寄って頂き、病院を好きになってもらいたいと考えております。そして、ご家族と元気で長く過ごす事ができるよう一生懸命サポートしてまいります!
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

14件中 3件を表示(すべて見る

ハイビスカス888
さん
3人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

今年の春、うちの老犬の肛門腺にできた腫瘍切除手術でお世話になり、以来ずっとかかりつけです。 幸い良性の腫瘍で、手術で先生が根気よく細やかに、直腸と一部癒着していた腫瘍、取れる限り、綺麗に取って下... (続きを読む)

投稿時期: 2019年10月 | 来院時期: 2019年05月 
5.0
シンガのはな
さん
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

一才の時に慢性腎炎になってしまいました。 全く症状はなかったのですがにゃんにゃんドックで発見していただきました。 定期検診とお薬を飲み続けていますがもう三年になりますが、 4歳になった今元気です... (続きを読む)

投稿時期: 2019年02月 | 来院時期: 2019年02月 
5.0
そらピュナ
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の二頭のチワワ、小川先生に大変お世話になりました。一頭は扁平上皮癌でしたが、早期に発見していただき、年越しが危ないと言われていたのが、適切な対処療法をしていただき、日常生活の質を維持しながら、こ... (続きを読む)

投稿時期: 2018年08月 | 来院時期: 2018年08月 
5.0

14件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

1件中 1件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2019年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 肛門周囲腺腫瘍

    腫瘍の切除手術を受けました。 丁ねいな説明と親切な対応に感謝してます。

1件中 1件を表示(すべて見る

病院紹介

癌(腫瘍)診療に力をいれております。

近年、動物たちも寿命が延び、人間と同じように癌を患う事も増えてまいりました。当院では、大学付属動物病院腫瘍科にて学んだ知識と前病院時代にたくさんの腫瘍治療をした経験を元に、癌(腫瘍)診療に力を入れております。
癌は、早期発見が非常に重要ですので、日ごろから健康診断を行う事をお薦め致します。
癌といっても色々な種類があり、癌の大きさや進行度は、個々に違います。それぞれに合った治療を選択するオーダーメイド治療が必要です。
命に直結する疾患ですので、より丁寧に慎重に治療に取り組んでおります。気になるしこりなどが見つかった際は、一度ご相談ください。

歯石除去について

動物の歯周病の原因の多くは歯石だと言われています。
まず、日常的なケアと致しまして1日1回の歯みがきを励行していきましょう。当院では、デンタルバイオというサプリメントをお勧めしております。チキン味でおやつ代わりにあげる事ができ、口の中の善玉菌を増やし歯石の再付着を予防します。
歯石がたくさんついてしまった場合は歯石除去(スケーリング)を行います。長く健康でいるためにはお口の中を清潔にしておく事がとても大切です。
歯石除去をご希望の場合は是非ご連絡ください。

犬猫の健康診断のすすめ

「元気なのに健康診断をした方が良いの?」その答えは「YES」です。
ワンちゃんやネコちゃんは本能的に病気を隠す傾向があります。調子が悪くなってきてからでは、いざ検査をした時には病気が進行している可能性があります。
実際、ワンちゃんネコちゃんの病気での死亡原因のほとんどは健康診断によって早期発見できる可能性が高い病気であると言われています。
さらに、元気なうちに健康診断を受ける事で、ワンちゃんネコちゃんの基準値を知る事ができます。基準値とは、日本人と欧米人とでは検査の参考基準範囲が異なるのと同様に、犬種・猫種によって参考基準範囲は異なり、基準値を知っている事で病気になった時の血液検査で本当の異常値なのかどうかが判断できるのです。
当院の健康診断のおすすめ頻度は以下の通りです。

1~5歳までは年一度の健康診断
6~10歳までは年一度の健康診断&半年後の血液検査
11歳以上は年に二回の健康診断

ご参考になさって、何かわからない事がございましたら、どんな事でもお問い合わせください。

院長紹介

獣医師 小川圭一

メッセージ

麻布大学獣医学部獣医学科卒業
神奈川県、千葉県の動物病院にて勤務
平成18年より、どうぶつの森総合病院勤務
平成22年より、同病院院長
平成20~23年、麻布大学付属動物病院腫瘍科レジデント
平成24年5月、西調布犬猫クリニック開院
日本獣医がん学会所属
獣医腫瘍科Ⅱ種認定医

獣医師になるのが小学校からの夢でした。
ワンちゃん、ネコちゃんに長生きしてほしい、飼い主さまのご意向や状況に応じたオーダーメイドの治療を提供したいとの思いで当クリニックを開業いたしました。
最新知識の充実を図り、高度な獣医療を目指しています。
診察や治療のみではなく、予防やしつけのことなど、何でもお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

動物看護師 渡辺かんな / 受付・動物看護師 小川祐子

動物看護師 渡辺かんな
NPO法人日本動物職能協会認定 動物看護師2級
動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
飼い主さま、ワンちゃん、ネコちゃんの心のケアも大切に、日々努力していきたいと思います!

受付・動物看護師 小川祐子
人が好き! 動物が好き!たくさんの愛情でワンちゃん、ネコちゃん、飼い主さまをお迎えします。

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
西調布犬猫クリニック
住所
〒182-0034 東京都調布市下石原1-7-8 西浜ビル1F (地図)
電話
042-444-1231 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
16:00-19:30-16:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:30-

※休診:火曜日、祝日 ※時間帯予約制

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.nishi-chofu-dcc.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒182-0034 東京都調布市下石原1-7-8 西浜ビル1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗名誉院長
  • 犬・猫の内科疾患

    西武新宿線狭山市駅から徒歩10分にある彩の森動物病院は、大学附属病院で培った経験を活かし、腫瘍や血液内科疾患など治療が困難な疾患の治療にもあたっている。また嘔吐や下痢といった一般的な消化器内科疾患から内視鏡を用いた処置まで様々な診療を行う。

    • 彩の森動物病院
    • 鴨林 慶院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
ページトップへ