サン動物病院の評判・口コミ - 愛知県岡崎市 【Calooペット】

サン動物病院
0564-46-4911

サン動物病院

4.28
アクセス数: 8,689 [1ヶ月: 323 | 前期間: 204 ]
所在地 :
岡崎市 真伝町
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット
この動物病院の口コミを書く
地域の皆さんに安心していただける動物病院をめざしています
当院にて混合ワクチンを摂取した2~4ヶ月の子犬対象で、パピークラス(子犬のためのしつけ教室)を行っています。
また、パピーの時期が過ぎた子でしつけなどにお困りでしたらしつけ相談も行っております。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

3件中 3件を表示(すべて見る

mschildren
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うさぎの食欲不振、歯ぎしり、全然食べない、痩せている、動かないが五日くらい続き連れて行きました。 ミニウサギだったのですが、はじめに歯を診てもらい問題なし、腸に何か詰まっているのでもなく、 でもお... (続きを読む)

投稿時期: 2017年10月 | 来院時期: 2017年09月 
4.0
きらきら
さん
13人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

今までのかかりつけ医が閉院してしまって、ココを紹介してもらいました。 昨晩から左頬が腫れてきて翌日にはさらにひどくなってしまったので診て頂きました。 うちの子は気が小さくて混み混みの病院は無理なの... (続きを読む)

投稿時期: 2015年10月 | 来院時期: 2015年10月 
5.0
かんとう
さん
19人中 17人が、 この口コミが参考になったと投票しています

飼ったばかりのハムスターが、 下痢をしていたので、連れて行きました。 小さいので、キッチンスケーラーで、体重を測り、 透明な虫カゴにいれて、下から見たり、横からみたり、無駄に触らずに、詳し... (続きを読む)

投稿時期: 2015年10月 | 来院時期: 2015年07月 
5.0

3件中 3件を表示(すべて見る

院長紹介

小﨑 陽子

メッセージ

◇誕生日 1975年9月生まれ
◇出身大学 酪農学園大学(2000年 卒業)

病院詳細

病院名
サン動物病院
住所
〒444-3174 愛知県岡崎市真伝町字寒風7-9 (地図)
電話
0564-46-4911 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
15:00-18:0015:00-18:0015:00-18:0015:00-18:0015:00-18:0015:00-18:00--

※日曜午前診療は予約診療となっておりますのでご注意ください。休診は日曜午後及び祝日です。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://sun-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒444-3174 愛知県岡崎市真伝町字寒風7-9

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様に寄り添って、人も動物もハッピーになれる病院を作る NEW

    京都市北区、上京区、右京区にまたがる場所にある動物病院京都は、「飼い主様に寄り添った診療」をモットーとする年中無休夜間救急対応の動物病院だ。園田祐三院長と坂口邦彦先生のお二人に、開業の経緯や皮膚科専門診療、今後の展望について伺った。

    • 動物病院京都
    • 園田 祐三院長
    • 坂口 邦彦先生
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療 NEW

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ