おひげ動物病院の評判・口コミ - 大阪府和泉市【カルーペット】

おひげ動物病院
0725-34-0033
おひげどうぶつびょういん

おひげ動物病院

4.59
飼い主の声7件 (
アクセス数: 12,923 [1ヶ月: 481 | 前期間: 447 ]
所在地
和泉市 上町
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
和泉市上町にある「おひげ動物病院」は日曜日も診察可!幅広い対応ができる動物病院として往診やセカンドオピニオンにも対応いたします。
2017年、7月に新規開院いたしました「おひげ動物病院」です。

縁ある堺市・和泉市という地域に根付いた、幅広い対応ができる動物病院を目指しております。

北村院長は日常的な病気をケアする一次診療を行いながら、大阪府立大学附属獣医臨床センターで高度医療の経験を積んでまいりました。

大学病院で特任助教として診療に携わってきた知識と経験を生かし、状況を的確に判断して二次診療や専門医との懸け橋になりたいと思っております。

動物とその家族にとっての病院が「病気になったときに行くところ、怖いところ、緊張するところ」ではなく、「動物好きが集まるおうちに遊びに行く!」「おひげのおじさんに会いに行く!」と気軽に来てもらえるところになって欲しいという想いを込めて、「ひげ先生」と覚えていただければ嬉しいです。

当院では往診やセカンドオピニオンもご利用いただけます。

些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

hina
さん
7人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

大型で嫌われる犬種ですが、いつも嫌な顔せずに優しく診察してくれます。今まで色んな病院に行きましたが、先生、看護婦さん共に、ここまで感じの良い病院は初めてです。犬達も病院に入るのを嫌がりません。 多頭... (続きを読む)

投稿時期: 2019年04月 | 来院時期: 2019年04月 
5.0
射手514
さん
7人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

1年前の7月開院の直後からお世話になっています。 最初に診ていただいたのは、(当家中形犬)部屋の中で突発にウンチを1切れ 部屋のあちらこちらに落として、驚かせるという状況が毎日発生して、何か変な病... (続きを読む)

投稿時期: 2018年06月 | 来院時期: 2018年05月 
5.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2018年06月20日

口コミありがとうございます。 散歩の途中にいつもご機嫌で病院に寄って頂く姿は、スタッフの癒しになっております。 病気以外でも、お気軽にご相談下さい。

まんまる猫
さん
8人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

電話で問い合わせてから伺いました。電話では看護師さんが優しく朗らかに対応してくださり、不安だった気持ちが吹き飛びました(笑)。 カフェの様な内装で、堅苦しくなく不思議と猫も緊張していませんでした。 ... (続きを読む)

投稿時期: 2018年04月 | 来院時期: 2018年03月 
5.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2018年06月20日

口コミありがとうございます。口コミに返信が出来るようになりました。 これからも、猫ちゃんのストレスをできるだけ軽減出来る診察を心掛けて、診させていただきます。

5件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

2件中 2件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2018年7月 | 動物の種類: ネコ | 病名・治療名: 糖尿病

    猫が糖尿病になり、何も分からず不安でしたが、丁寧な説明をして下さり、飼い主の気持ちも楽になりました。 猫も治療をがんばってくれ、良い状態をキープできています! ありがとうございました!

  • 5.0
    投稿時期: 2018年2月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: (姉犬)心臓、眼→(娘犬)椎間板、温きゅう治療/(妹犬)脳腫瘍、肝臓、小結節その他

    姉犬(我が家のボス犬)眼緑内障で左眼眼球摘出後の経過(義眼と角膜再生)心臓のそうぼう弁開発不全、妹犬は脳腫瘍で眼が見えなくなり、足も立たず、けいれんが起きたのを薬でコントロールしてもらって日常生活をとりもどしている。ボス犬の娘はお灸をしてもらい、コルセットなしで歩けるようになっている。とてもていねいでやさしい診療。ワンコが「病院」というと、我先競って行く行くとピョンピョンします。

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

対象動物について

犬猫。
その他はご相談ください。(ウサギ・小動物・小鳥など)

状況(必要)に応じて、エキゾチックの専門病院と連携、ご紹介いたします。

診療方針について

おひげ動物病院では、丁寧な説明(インフォームドコンセント)を行ったうえで、飼い主様や動物たちにとって最善の方法をご提案できるよう、飼い主様と話し合いながら検査・治療を行います。
そのため、お時間がかかる場合がございますが、ご了承ください。

院長紹介

北村 憲彦

メッセージ

堺市で学び、和泉市にある地域のどうぶつ病院で長く勤務していました。
育ててもらったこの和泉市・堺市・高石市地域に、この度縁あって開業することになりました。

今までたくさんのご家族と出会い、皆様から「ひげ先生」「おひげの先生」とすぐに覚えてもらいました。(笑)

動物とその家族にとっての病院が「病気になったときに行くところ、怖いところ、緊張するところ」ではなく、「動物好きが集まるおうちに遊びに行く!」「おひげのおじさんに会いに行く!」と気軽に来てもらえるところになって欲しいという想いを込めて「おひげ動物病院」という名前にしました。

ぜひ「ひげ先生」と覚えていただければ嬉しいです。

< 経歴 >
大阪府立大学獣医学科卒業
和泉動物病院 勤務
大阪府立大学附属獣医臨床センター 外科診療科 非常勤獣医師(勤務獣医師)
大阪府立大学附属獣医臨床センター 特任助教 就任
おひげ動物病院 院長

< 所属 > 日本獣医麻酔外科学会/日本獣医臨床病理学会/日本炎症・再生医学会/血液疾患免疫療法学会

スタッフ紹介

獣医師:北村(武富) 愛

< 経歴 >
大阪府立大学獣医学科卒業
和泉動物病院 勤務
大阪府立大学附属獣医臨床センター 放射線診療科 非常勤獣医師

堺・鳳に生まれ、和泉で主人と出会い、この地で子育てをしています。
物心がついた頃から動物が居るのが当たり前。

現在も柴犬1匹、猫2匹と共に子育てしています。
私にとって我が家の犬・猫は息子と同様に大事な「こども」です。

「こども」達が健やかに、幸せに暮らしてくれることが母である私の願いです。

皆様のおうちでもわんちゃん・ねこちゃんは大事な「こども」(兄姉や弟妹というおうちもあると思いますが…)だと思います。

当院で、皆様のおうちの「こども」たちが健やかに、幸せに暮らすお手伝いが出来ればいいな、と思っています。

「親ばか」なお話もお待ちしています。

動物看護士:福島 亜里紗

< 経歴 >
大阪ビジネスカレッジ専門学校卒業
大阪府立大学附属獣医臨床センター 勤務
動物看護士統一認定機構認定

滋賀県出身。好きな動物は、ポメラニアンとチワワです。

まし君とキャラちゃん

< 経歴 >
某動物病院の前で保護される
スタッフの癒しとして、現在に至る

求人

病院詳細

病院名
おひげ動物病院
住所
〒594-0002 大阪府和泉市上町658-4 (地図)
電話
0725-34-0033 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ

※その他はご相談ください。(ウサギ・小動物・小鳥など)

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
16:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※休診日:火曜日、日曜日午後、祝日  12:00~16:00は手術・往診(火・日・祝を除く)

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://ohige-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒594-0002 大阪府和泉市上町658-4

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • スタッフ一丸、患者様のために。高度医療を実現するチーム医療 NEW

    札幌市白石区の「アイリス動物医療センター」は2020年に移転リニューアルをした動物病院だ。チーム医療を実践し、症状にあわせてその科目に特化した獣医師が高度な医療を提供する。中村匡佑センター長と倉本先生、加藤先生、波田先生に病院の特徴を伺った。

    • アイリス動物医療センター
    • 中村 匡佑センター長
  • 膝の関節疾患(膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂) NEW

    横浜市中区にある「横浜山手犬猫医療センター」では、整形外科診療にも力を入れている。小型犬の半数以上は膝関節がゆるく、痛みや跛行などの症状が出る可能性があるという。川合智行先生に、代表的な膝の病気である膝蓋骨脱臼と十字靭帯断裂について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 川合 智行先生
  • 整形疾患の内科的アプローチ

    横浜市営地下鉄・上永谷駅から徒歩5分のニュートン動物病院。地域病院として幅広い診療を行い、前十字靱帯断裂や半月板損傷など、膝や肩の関節を中心とした整形疾患に対して、外科手術だけでなく、保存療法やリハビリ指導など、内科的治療を提案している。

    • ニュートン動物病院
    • 髙橋 誠之院長
  • 「栃木に高度医療を提供する」70年の歴史を継ぐ3代目の決意

    益子町の伏見動物病院は、北関東では数少ない前十字靭帯断裂の最新治療(TPLO、TTA、CBLO)を行う病院。整形外科と眼科では専門診療を実施、総合病院の役割も果たす。整形外科が専門の伏見寿彦先生に病院の特徴や痛みの少ない治療について伺った。

    • 伏見動物病院
    • 伏見 寿彦先生
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
ページトップへ