こすもす動物診療所の評判・口コミ - 兵庫県明石市【カルーペット】

こすもす動物診療所
078-915-7754
こすもすどうぶつしんりょうじょ

こすもす動物診療所

4.68
アクセス数: 57,327 [1ヶ月: 1,746 | 前期間: 2,200 ]
所在地
明石市 小久保
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
地域の皆様にとっての「何でも話せるホームドクター」こすもす動物診療所
西明石のこすもす動物診療所です!

当院では、飼い主様に分りやすく丁寧な説明を心がけており、動物たちひとりひとりに向き合い心を込めて診察を行っております。

当院と私たちを好きになってもらえるように、アットホームな病院作りをしております。ご不明な事や心配な事、どんな小さな事でもお気軽にお話して頂きたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

小川 篤史 院長小川 まき 先生
街の頼れる獣医たち vol.005

動物と人が幸せに暮らせる環境づくりをサポートしていきたい

根底にあるのは、動物への深い愛情と健康を支える獣医師としての使命感

兵庫県明石市小久保にあるこすもす動物診療所は、犬、猫から、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、小鳥といった小動物まで診察可能。開院以来、大切な動物を飼い主が安心して任せられる獣医療を精力的に展開する院長夫妻にお話を伺った。 もっと読む

口コミ

17件中 3件を表示(すべて見る

雹810
さん
7人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家のプードルがPM22:00頃に爪楊枝をボリボリと1㎝程しか残さず食してしまいました。当のプードルは涼しい顔でしたが私は慌て頭が真っ白になりました。直ぐにかかりつけの動物病院へ電話しましたが電話に... (続きを読む)

投稿時期: 2018年04月 | 来院時期: 2018年04月 
5.0
やっちゃん
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うちの愛犬が、食欲がなくなり、食べなくなり、吐く、下痢をよく繰り返します。いつもの病院行っても、月に1〜2回ほどお世話になり注射、点滴の繰り返し。 初めてこすもす動物診療所に行きました。受付の方も動... (続きを読む)

投稿時期: 2018年04月 | 来院時期: 2017年10月 
5.0
緑青475
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

夏頃から愛犬の鼻の色(黒色)が薄くなりはじめて、いつもの動物病院で看てもらいましたがアレルギーっぽいのうな説明をうけたのですが、だんだん状態がひどくなりました。セカンドオピニオンのつもりで、こすもすさ... (続きを読む)

投稿時期: 2018年01月 | 来院時期: 2017年09月 
5.0

17件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

診察のご予約を承っております。

当院では、待ち時間のご負担を減らすため予約優先制をとらせて頂いております。ご予約の際は、インターネットからの診療予約フォームが便利です。どうぞご利用くださいませ。
診療予約フォームは、こちら。
http://cosmos-ac.com/archives/article/booking
ご予約がなくても、診察は随時受け付けますので、もし予約が埋まってしまっている場合もそのままご来院して頂くか、お電話でお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせは、こちら。
078-915-7754
宜しくお願い致します。

健康診断を受けましょう!

医療の進歩により、わんちゃん、ねこちゃんの寿命が長くなりつつある昨今ですが、長寿だからこそ常日頃からの健康管理がとても大切になってきます。
当院では年に2回、春と秋の健康診断をおすすめしております。

わんちゃん、ねこちゃんは、人間の4倍の速さで年をとると言われておりますので、半年で2歳、1年で4歳年をとっていることになります。

高齢になればなるほど体力も落ち、病気になった場合の回復も遅くなってしまいます。
病気になる前に予防すること、予防するために早期発見が大切です。

過ごしやすい季節に是非検査を受けてみてはいかがでしょうか。
血液検査以外の検診についてもお気軽にご相談ください。

院長紹介

小川篤史

メッセージ

はじめまして。こすもす動物診療所の小川篤史です。
西明石に動物診療所を開院致しました。アットホームな、地域の頼れるホームドクターになれるよう、日々精進してまいります。病気の治療はもちろん病気の予防など、みなさまの大切なご家族が安心して生活できるよう、お手伝いできれば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

スタッフ紹介

獣医師 小川 まき

話しやすく分かりやすい診療を心がけます。
男性が苦手な場合もご相談下さい。
みなさまとのご縁を大切に、動物たちとの安心できる毎日のお手伝いができれば幸いです。
よろしくお願い致します!

病院詳細

病院名
こすもす動物診療所
住所
〒673-0005 兵庫県明石市小久保3丁目7-1 (地図)
電話
078-915-7754 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

※犬・猫以外の診療は事前にお電話にてご確認ください

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:00--

※木曜、祝日、日曜午後は休診日になります。

※当院では夜間・時間外診療を可能な限り対応いたします。
まずはお電話にてご連絡ください。
留守電へ切り替わった時はメッセージを入れてください。
対応可能な時は、5分以内に折り返しいたします。緊急手術・学会参加など対応できない場合もございます。
また、別途時間外料金が発生することをご了承ください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://cosmos-ac.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒673-0005 兵庫県明石市小久保3丁目7-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • すべての猫の幸せのために、京都ではじめての猫専門病院 NEW

    京都ではじめての猫専門病院「動物病院京都ねこの病院」が2016年に開院した。「猫好きの方はもちろん、猫をよく知らない方も、この病院をきっかけに猫を好きになってもらいたい」と話す園田祐三院長に、病院の特徴や猫の病気についてお話を伺った。

    • 動物病院 京都 ねこの病院
    • 園田 祐三院長
  • 飼い主さんと向き合い、一緒に歩みながら治療をする動物病院 NEW

    川崎市幸区「さいわい動物病院」は、商店街の中にある街の動物病院。院長の杉山博輝先生は、飼い主さんに優しく接することを大切にしながら、幅広い分野の治療に全力で取り組んでいる。杉山先生に、病院の特徴や診療の際に心がけていることを伺った。

    • さいわい動物病院
    • 杉山 博輝院長
  • 動物と人が幸せに暮らせる環境づくりをサポートしていきたい

    兵庫県明石市小久保にあるこすもす動物診療所は、犬、猫から、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、小鳥といった小動物まで診察可能。開院以来、大切な動物を飼い主が安心して任せられる獣医療を精力的に展開する院長夫妻にお話を伺った。

    • こすもす動物診療所
    • 小川 篤史院長
    • 小川 まき先生
  • 既成概念をぶっ壊せ!その先にある最良の動物病院を目指して

    横浜市都筑区の港北どうぶつ病院では早朝7時より診察を行うなど既存の常識にとらわれない稀有な動物病院だ。他の病院とは一味も二味も異なる発想で動物病院の常識を覆すような試みを行っている院長の新井勇人先生に港北どうぶつ病院の特徴を伺った。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 動物とずっと一緒に暮らすために、最適な診療と環境を提供したい

    神奈川県・相模原市にある「ほさか動物病院」は地域密着の家庭医でありながら、高度な診療も提供する動物病院です。保坂敏院長に、獣医療のお話だけでなく、動物病院のあり方や伴侶動物とのかかわり方について伺いました。

    • ほさか動物病院
    • 保坂 敏院長
ページトップへ