こなか動物病院の評判・口コミ - 青森県青森市【カルーペット】

こなか動物病院
こなかどうぶつびょういん

こなか動物病院

4.14
アクセス数: 70,711 [1ヶ月: 615 | 前期間: 517 ]
所在地
青森市 西大野
診察動物
イヌ ネコ
青森市にある動物病院。「青森どうぶつ眼科センター」を併設。土曜は19時まで、日曜祝日は完全予約制です。無料駐車場あり。
「こなか動物病院」は、青森市にある動物病院です。

「青森どうぶつ眼科センター」を併設しており、多くの動物が光を失わないよう、より専門的な眼科医療に対応できるよう力を注いでいます。

人と動物が健康で生活できるように健康診断から高度医療まで幅広く治療いたします。

土曜は19時まで、日曜祝日は完全予約制で診療をおこなっておりますので、普段とは違うちいさなサインを見つけたらお気軽にご相談ください。

1)酸素カプセル
気圧と光、そしてホルミシスなどを取り入れ現代社会のストレスや様々な体調不良などを改善し、 加齢や様々な健康と病気の予防に役立ち、免疫力を高める高気圧カプセルを是非お試しください。

2)緑内障について
入院により点眼薬や内服薬、点滴による内科的治療法が主体となりますが、重症の場合には半導体レーザー手術、眼球摘出術、シリコン硝子体内挿入術、ゲンタマイシン硝子体内注入術を行います。

3)白内障について
軽度の白内障の場合は、内科的治療法によって進行を遅らせる事ができます。既に視力障害が起こっている重度の場合には、外科的治療法によって水晶体を摘出し、眼内レンズを挿入する手術を行います。

無料駐車場がございますので、お車でお越しの際はご利用ください。

口コミ

9件中 3件を表示(すべて見る

ソメ
さん
Pick Up!
29人中 26人が、 この口コミが参考になったと投票しています

こなか動物病院へは、ウチの子が我が家にきて1週間くらいの時に初めて行きました。下痢が止まらずに連れて行ったのですが、最初は先生に「何でもっと早く連れて来なかったの」と叱られました。その時は怖い先生だな... (続きを読む)

投稿時期: 2013年02月 | 来院時期: 2010年02月 
4.5
ローズ643
さん
7人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています

日曜日に嘔吐と下痢を起こしてかかりつけの獣医が連絡が取れずこちらが日曜もやってるということで電話の上伺いました 女性の獣医さんでしたが診察と丁寧な説明の上各種診察と症状診断、そして治療方針を決めてい... (続きを読む)

投稿時期: 2020年10月 | 来院時期: 2020年08月 
4.5
ぷにぷにぷー
さん
15人中 14人が、 この口コミが参考になったと投票しています

モルモットの体調が悪くなり、どんどん痩せていくので、こちらの前にほかの病院に行ったのですが対応もイマイチで注射だけして1万円もしました。 体調が良くならなかったのでこちらの病院に変えました。 青森... (続きを読む)

投稿時期: 2017年06月 | 来院時期: 2014年 
4.0

9件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

酸素カプセル

気圧と光、そしてホルミシスなどを取り入れ現代社会のストレスや様々な体調不良などを改善し、 加齢や様々な健康と病気の予防に役立ち、免疫力を高める高気圧カプセルを是非お試しください。

◆期待できる効果
・疲労回復
疲労物質である乳酸を分解、除去し、疲労回復に効果的です。

・美しい毛並み
新陳代謝が活発になり毛並みをキレイにしてくれます。人間では美肌効果も期待されます。

・ダイエット効果
取り入れた酸素は血液中だけでなく、リンパ液や脳の髄液にまで行き渡るので身体全体の流れが良くなり、脂肪が燃えやすい状態になり、ダイエット効果も期待できます。

・ケガの回復、リハビリ効果
骨折やケガなどで傷ついた細胞の再生時間を大幅に短縮し自然治癒力が向上します。 また炎症を抑える効果があるので関節の痛みにも有効です。

・ストレス解消、アンチエイジング
老化の原因である活性酸素を中和、細胞の新陳代謝を活性化し、健康な状態を回復し、維持します。

・血行促進
血液やリンパ液の流れをよくして代謝を高めます。血行を促進し、病気の予防改善にも役立ちます。むくみや冷え、肩こりなども改善されます。

緑内障について

眼圧上昇による激しい痛みが起こります。
初期症状は眼が少し赤い結膜炎様の症状しかありません。

高眼圧になると「元気がない」「怒りっぽい」「食欲がない」といった漠然とした症状から始まり、 飼い主さんが気付く「目が大きくなった」という状態では完全に失明して「眼球摘出」か「シリコン義眼挿入術」しか 選択肢がありません。

よく観察していつもと違う様子が見られたら早めの受診をお勧めします。

◆治療法
入院により点眼薬や内服薬、点滴による内科的治療法が主体となりますが、状況(重症の場合には)によっては

・半導体レーザー手術
・眼球摘出術
・シリコン硝子体内挿入術
・ゲンタマイシン硝子体内注入術
を行います。

治療は高眼圧から視覚を救うこと、痛みを取り除くことが最大の目的となります。

白内障について

こんなことありませんか?

・ものにぶつかって歩く
・ものが動いても気づかない
・音に敏感に反応して驚く、怖がる
・寝ていることが多い
・急に噛みつくことが多くなった

動物は「眼が痛い」「眼がかすむ」という症状を伝えられません。
このような状態に気づいたら目の検査を受けましょう。

◆治療法
<内科治療>
初期段階の軽度の白内障はさほど視力障害が見られないため、内科的治療法(点眼薬)によって進行を遅らせる事ができます

<外科治療>
既に視力障害が起こっている重度の場合には、外科的治療法によって水晶体を摘出し、眼内レンズを挿入する手術を行います。

院長紹介

小中 知幸

メッセージ

おかげさまで、こなか動物病院も平成元年に開業して今日を迎えることができました。
これもひとえに皆様方の温かいご指示のたまものと深く感謝申し上げます。

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
こなか動物病院
住所
〒030-0856 青森県青森市西大野4-10-5 (地図)
電話
017-729-2195 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
14:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-17:0014:00-17:00

※日曜祝日は完全予約制となっております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://konaka-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒030-0856 青森県青森市西大野4-10-5

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 口の中のしこり~ネコの口腔内腫瘍、扁平上皮癌の治療~ NEW

    新松戸駅から徒歩10分、松戸市の「さだひろ動物病院」は腫瘍の治療に力を入れている。ネコの扁平上皮癌は進行が早く予後も悪い病気であるが、手術や緩和療法で症状を和らげることができる。貞廣優子院長に、口腔内腫瘍や扁平上皮癌について伺った。

    • さだひろ動物病院
    • 貞廣 優子院長
  • 飼い主さんと向き合い、一緒に歩みながら治療をする動物病院

    川崎市幸区「さいわい動物病院」は、商店街の中にある街の動物病院。院長の杉山博輝先生は、飼い主さんに優しく接することを大切にしながら、幅広い分野の治療に全力で取り組んでいる。杉山先生に、病院の特徴や診療の際に心がけていることを伺った。

    • さいわい動物病院
    • 杉山 博輝院長
  • 動物とずっと一緒に暮らすために、最適な診療と環境を提供したい

    神奈川県・相模原市にある「ほさか動物病院」は地域密着の家庭医でありながら、高度な診療も提供する動物病院です。保坂敏院長に、獣医療のお話だけでなく、動物病院のあり方や伴侶動物とのかかわり方について伺いました。

    • ほさか動物病院
    • 保坂 敏院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 年中無休で大事な家族を守る。よりやさしく、確実な医療の実践

    杉並区荻窪にあるグラース動物病院は、24時間365日獣医師、看護師が常駐する病院だ。腹腔鏡を用いた手術や検査も導入し、傷が小さく入院日数が短い、体への負担が少ない医療を提供する。田中那津美院長に病院の特徴や低侵襲医療について伺った。

    • グラース動物病院
    • 田中 那津美院長
ページトップへ