学芸大学ペットクリニックの評判・口コミ - 東京都目黒区【カルーペット】

学芸大学ペットクリニック
03-3713-7779

学芸大学ペットクリニック

4.75
アクセス数: 12,862 [1ヶ月: 634 | 前期間: 501 ]
所在地 :
目黒区 五本木
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
笑顔でペットと過ごせるよう、お手伝いしていきます
こんにちは!東京都目黒区五本木のある学芸大学ペットクリニック院長、宮坂です。「困ったときには、とりあえず聞いてみよう」と思っていただけるような病院を目指してまいります。どんなに些細なことでも構いません。気になることがございましたら是非お気軽にご来院ください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

14件中 3件を表示(すべて見る

チョコレート649
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

多頭飼いで二頭お世話になっております。初めはトリミングと健康診断を出来る場所を探しており、家の近所だったということもありますが、何より納得出来る説明を先生がゆっくりさまざまな角度からお話ししてくださる... (続きを読む)

投稿時期: 2018年05月 | 来院時期: 2018年05月 
5.0
aya_petit310
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

夫婦ともに初めて子犬を迎え入れ、何も分からない私たちですが、 先生、スタッフの方みなさんとても親切に対応してくださいます。 朝早くからオープンしていることも仕事をしている私にとっては 有難い環境... (続きを読む)

投稿時期: 2018年01月 | 来院時期: 2018年01月 
5.0
まるめる
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

昨年、港区から学芸大学に引っ越ししてきて、二匹のトイ・プードルがおります。すでに二匹とも心臓病や胆嚢などの持病があり、そちらはかかりつけ医の病院があるのですが、他の突然の病気や症状、予防接種などで住ま... (続きを読む)

投稿時期: 2017年10月 | 来院時期: 2017年07月 
5.0

14件中 3件を表示(すべて見る

院長紹介

宮坂 聡

メッセージ

◇誕生日 昭和58年4月生まれ
◇特技 診察
◇所属学会 獣医皮膚科学会、獣医麻酔外科学会

病院詳細

病院名
学芸大学ペットクリニック
住所
〒153-0053 目黒区五本木3-26-10 山本ビル1F (地図)
電話
03-3713-7779 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
08:30-12:0008:30-12:00-08:30-12:0008:30-12:0008:30-12:0008:30-12:00-
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.gakugeidai-vet.com
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒153-0053 目黒区五本木3-26-10 山本ビル1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • スタッフの技術と最新の設備で、人と動物が幸せになる環境を作る

    足立区の梅島動物病院は開院して30年。「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫院長と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。勝山院長に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。

    • 梅島動物病院
    • 勝山 義夫院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
ページトップへ