動物病院 セカンドセレクトの評判・口コミ - 東京都練馬区【カルーペット】

動物病院 セカンドセレクト
03-6883-8766
どうぶつびょういん せかんどせれくと

動物病院 セカンドセレクト

4.45
アクセス数: 3,969 [1ヶ月: 323 | 前期間: 338 ]
所在地
練馬区 東大泉
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
練馬区の『動物病院 セカンドセレクト』、犬・猫・うさぎ・フェレット対応、年中無休・往診対応。駐車場4台完備・ペットホテル。
練馬区の『動物病院 セカンドセレクト』は、犬・猫・うさぎ・フェレットを対象に一次診療・往診診療に対応しております。その他の動物は応相談になります。

1.一次診療
これって病気?というちょっとした不安から、セカンドオピニオンの相談まで、飼い主様の色々なご相談は随時承っておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください!!

2.手術・入院・ペットホテル
院長はかなり多くの手術の執刀経験があり、避妊手術や去勢手術のほか椎間板ヘルニアを含めた緊急手術はすべてセカンドセレクトで行うことができます。
入院やペットホテルがご必要になった場合もセカンドセレクトにお任せください。

3.往診診療
往診診療とは言えども診療の幅、質は非常に高いものと自負しております。

一度診療を受けていただいた飼い主様からは、あまりにも楽すぎるのでもう普通の動物病院には連れていけない・・というご感想をいただくことも度々です。ぜひとも一度、セカンドセレクトでの往診診療試してみてください。

専門のペットカウンセラーの専門外来があります。ペットのしつけや相談、ペットロスのカウンセリングを行います。

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

chiponta
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

チワワ2匹、心臓とてんかん持ちでお世話になってます。 心臓が悪い子が少々凶暴なので、他院ですと必ずカラーや口輪をされてしまいますが、こちらではそれがありません。些細なことですが、スタッフの動物に対す... (続きを読む)

投稿時期: 2020年06月 | 来院時期: 2020年06月 
5.0
mareo
さん
3人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ミニチュアダックスを二匹買っていますがそのうちの一匹がヘルニアや他の事でも先生に手術をして頂きその度に命を助けていただき今、16歳になっても尚元気に暮らせています!もお一匹も17歳ですが食欲も衰えずと... (続きを読む)

投稿時期: 2020年02月 | 来院時期: 2017年 
5.0
小波オペラ
さん
4人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うちの子の命を一度、救ってくれた、とても信頼のおける先生!!命に対して誠実に向き合ってくれるとても信頼のおける先生。些細な不安もしっかり診てくれて的確な診断をしてくれるのでとても信頼の出来る先生なので... (続きを読む)

投稿時期: 2019年12月 | 来院時期: 2019年11月 
5.0

5件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

一次診療

どんな最先端の医療を用いても、治らない病気は簡単なワクチンやお手入れももちろん手際よく行いますが、重い心臓病や重度のアトピー、リンパ腫などに代表される癌の治療など、幅広い分野にかけて多くの経験があります。

もちろん専門病院との連携もとりつつ診療は進めていくこともありますが、どんな病気を患ったとしても、しっかりとした診療方針を立てることができる動物病院です。

また、セカンドセレクトでは鍼治療やリハビリのためのリンパマッサージなどの治療も行えるなど、ペットの高齢化に合わせた治療も行うことが出来ます。

これって病気?というちょっとした不安から、セカンドオピニオンの相談まで、飼い主様の色々なご相談は随時承っておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください!!

手術・入院・ペットホテル

院長はかなり多くの手術の執刀経験があり、避妊手術や去勢手術のほか椎間板ヘルニアを含めた緊急手術はすべてセカンドセレクトで行うことができます。

昨今の2次診療の行える動物病院の普及化にともない、整形外科や眼科のような専門性にたけた設備が必要な手術に関してはご紹介させていただくことになりますが、そのほかの腫瘍の摘出や口腔内外科、消化器の手術など全般的に手術することが可能です。

入院やペットホテルがご必要になった場合もセカンドセレクトにお任せください。

お預かりさせていただくお部屋は、犬用と猫などのものの音や鳴き声に敏感な動物用とに分かれております。

集中的な治療が必要なICUも完備しておりますので、呼吸器や循環器に障害をもった動物たちの管理は、高酸素濃度が保たれた入院ケージでのお預かりが可能となります。

往診診療

セカンドセレクトは往診診療も積極的に行っています。もともとセカンドセレクトは往診の病院としてスタートしました。

というのも、長年通常の動物病院で勤務医を行っていると、病院に連れて来たいけど移動手段がないとか、犬や猫の病状が重いので移動の負担が心配で連れていけないなどの飼い主様からのお声をよく聞いていたからです。

なかにはほかの動物病院で受けた検査や治療の内容の相談など、セカンドオピニオンとしてのご依頼を受けることもあり、その後の経過を大幅に改善することも多数ありました。

往診診療とは言えども診療の幅、質は非常に高いものと自負しております。

一度診療を受けていただいた飼い主様からは、あまりにも楽すぎるのでもう普通の動物病院には連れていけない・・というご感想をいただくことも度々です。

ぜひとも一度、セカンドセレクトでの往診診療試してみてください。

院長紹介

獣医師 斉藤功

メッセージ

ぼくは2001年に青森県にある獣医大学を卒業以来、同じ練馬区内で勤務医を長く務めさせていただいていました。ぼく自身は年間で10000件以上も診療することもあり、また外科手術も緊急手術を含め多くの執刀経験をつんでまいりました。セカンドセレクトではこうした多くの経験にもとづき、昨今の普通の町の動物病院が求められる以上の診療が行うことが可能です。

もちろん、ご対応できない症例もありますが、症状に見合った専門性のある動物病院にご紹介も行っていますのでご安心ください。いつでも頼りになる動物病院になれるよう努力をしてまいりますので、いつでもお気軽にご来院下さい。

スタッフ紹介

川上さやか/尾本麻理/落合麻里子/中村明香

田附はる子/本多未侑/長嶺昌枝/秋元小百合

福田綾子

ペットオーナーケア・アドバイザーという職業は、きっとこれまで飼い主の皆様の馴染みのある名前ではないかもしれませんが、飼い主様の心の負担を軽くし、ご自身そしてペットとの生活が更に充実したものになるようなサポートをご提供する仕事です。
私がこの仕事を始めたきっかけは、愛犬の闘病生活が終わり、子供のように可愛がっていた愛犬を亡くした時に、「今日愛犬を失うかもしれない」、という恐怖と向き合い続けた闘病生活の中でも、幸運なことに私自身は深刻なペットロスを避けられた経験を通じて、私の経験を共有することでお役に立ちたいと思ったからです。

ペットオーナーケア・アドバイザーを通して、ペットを診察して治療する獣医師のような存在ではなく、私自身はいつでも飼い主様のための「サポーター」であり続けたいと思っています。

ふらっと立ち寄って話をするような、気楽なお気持ちでご相談ください!

病院詳細

病院名
動物病院 セカンドセレクト
住所
〒178-0063 東京都練馬区東大泉2-6-3 (地図)
電話
03-6883-8766 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ

※その他の動物は一度ご相談ください。

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:30-
15:30-18:30-15:30-18:3015:30-18:30-15:30-18:3015:30-18:30-

※年中無休です。※月・水・木・土・日の12:30~15:30と18:30~、火・金の12:30~は往診対応時間です。往診専用:080-3740-4824

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.secondselect.vet
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒178-0063 東京都練馬区東大泉2-6-3

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 膝の関節疾患(膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂) NEW

    横浜市中区にある「横浜山手犬猫医療センター」では、整形外科診療にも力を入れている。小型犬の半数以上は膝関節がゆるく、痛みや跛行などの症状が出る可能性があるという。川合智行先生に、代表的な膝の病気である膝蓋骨脱臼と十字靭帯断裂について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 川合 智行先生
  • スタッフ一丸、患者様のために。高度医療を実現するチーム医療 NEW

    札幌市白石区の「アイリス動物医療センター」は2020年に移転リニューアルをした動物病院だ。チーム医療を実践し、症状にあわせてその科目に特化した獣医師が高度な医療を提供する。中村匡佑センター長と倉本先生、加藤先生、波田先生に病院の特徴を伺った。

    • アイリス動物医療センター
    • 中村 匡佑センター長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 家族の声を聞く、地域に根差した生涯のかかりつけ医でありたい

    杉並区桃井「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」は2020年に開院。一般診療に加え、院長の循環器診療をはじめ、さまざまな専門診療を行っている。家庭ごとの最善の医療の提供を心がける木﨑皓太院長に診療への思いと心臓病について伺った。

    • 荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック
    • 木﨑 皓太院長
ページトップへ