かもがわ動物クリニックの評判・口コミ - 京都府京都市北区 【Calooペット】

かもがわ動物クリニック
075-468-1428
かもがわどうぶつくりにっく

かもがわ動物クリニック

4.56
飼い主の声21件 (
アクセス数: 7,460 [1ヶ月: 394 | 前期間: 325 ]
所在地 :
京都市北区 小山西花池町
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ フェレット
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
「人と動物の絆のための医療」を提供することを約束します!
当院では、獣医師とは「ペットとそのご家族のためにいるもの」と考えています。

病気や怪我の治療だけでなく、予防や想定などのトータルヘルスケア、またペットとご家族の絆を結ぶことを使命としています。

そのために、お話をしっかり聞かせて頂くことが重要だと考えます。

世間話の中で「絆」は見えてくるものですので、病気・健康に関わらず、お気軽にお立ち寄り頂ければと思います。
ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

萩森 健二 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.018

犬と猫のがん治療。標準治療と緩和的治療

腫瘍・がん

手術や抗がん剤と、免疫細胞療法・温熱療法の併用でQOLを向上

京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」では、がん治療に力を入れている。飼い主の話をしっかり聞き、話し合うことを重視して治療にあたる萩森健二院長に、犬猫のがんの治療方針、免疫療法・温熱療法など負担の少ないがん治療についてお話を伺った。 もっと読む

口コミ

2件中 2件を表示(すべて見る

ルナ
さん
7人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

遅い時間に初診だったのですが、先生をはじめ、病院のスタッフの方々のとても優しく親切に対応していただけたことほんとうに嬉しかったです。 病院に行く前に電話をして、時間外でしたが、電話応対もゆっくり聞い... (続きを読む)

投稿時期: 2016年06月 | 来院時期: 2016年05月 
5.0
ま~
さん
8人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

飼っていた猫の腹部に、急に大きな腫瘍ができているのが見つかり、 他のクリニックで「悪いものの可能性が高い」との診断を受けました。 あまりにもショックだったので、帰ってネットでどんな治療法があるかな... (続きを読む)

投稿時期: 2016年03月 | 来院時期: 不明 
5.0

2件中 2件を表示(すべて見る

アンケート

19件中 3件を表示(すべて見る

  • 4.0
    投稿時期: 2017年9月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 嘔吐があり、診察を受けました

    点滴治療を受けました。 少し大げさな気もしましたが、その後は症状もなく、元気にしていますので、今後も何か気になることがあれば相談しに来たいと思います。

  • 5.0
    投稿時期: 2017年9月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 結石etc

    2回入院した事がありますが、対応も良く、犬自身も安心して入院生活を送る事が出来ていたと思います。 スタッフのみなさまの動物に対する愛情が伝わってきます。 いつもありがとうございます。

  • 5.0
    投稿時期: 2017年9月 | 動物の種類: ネコ | 病名・治療名: 白血病

    白血病から、口内炎、糖尿病などを発病し治療を受けています。 先生やスタッフの方達に親切にしていただき、大分元気になってきました。

19件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

ドッグ・キャット検診

獣医療の発展に伴い、ペットの高齢化が進んでいます。
6歳を超えたわんちゃん、ねこちゃんは、病気にかかりやすくなるので、定期的な健康診断が必要です。

健康診断をすることで、健康状態を把握し、生活習慣・食事・治療法などアドバイスができればと考えています。

【Aコース】
・一般身体検査
・糞便検査(寄生虫の有無、異常細菌の有無)
・尿検査(PH、比重、尿糖、タンパク、潜血、結石の有無、細菌の有無)
・血液検査(肝臓、腎臓、血糖値、コレステロール、蛋白量、電解質、赤血球、ヘモグロビン、白血球、血小板)

【Bコース】
Aコースに下記を追加
・胸部レントゲン検査
・腹部レントゲン検査
・腹部超音波検査

【Cコース】
Bコースに下記を追加
・心臓超音波検査

【その他】
・ホルモン測定はオプションです
・心臓コース、肝臓コース、腎臓コースなどそのこに合わせたコースもお選びいただけます。

免疫細胞療法によるがん治療

がんの治療は化学療法や放射線治療、外科療法が主流でしたが、近年注目を集めているのが「免疫細胞療法」です。

免疫細胞療法は、ペット自身の血液細胞を使用するので副作用が少なく、QOL(生活の質)を改善するための治療法です。

基本的には、入院や麻酔の必要もなく、2週間に1回、強化した免疫細胞を点滴・注射し、これを6クール行うのが理想的ですが、ペットやその他の状況を考えた上でご提案し、しっかりと話し合いをした上で方針を決定していきます。

特徴としては下記の4つがあげられます。
①相乗効果
放射線治療など他の治療法との併用による相乗効果が期待できます。

②QOL(生活の質)の改善
がんが進行することにより現れる自覚症状(苦痛)を和らげる作用があります。

③副作用がほとんどない
自らの細胞を増殖し投与するため、拒絶反応などの副作用がほとんどありません。

④延命効果がみられる
末期がんと呼ばれる段階で、手術や放射線療法などの選択ができない場合でも、なるべくがんを大きくしないことを主な目的とした治療法です。

超音波手術システム<ソノサージ>

ソノサージを導入しており、体内に糸を残さない(使わない)短時間の手術が可能です。

手術時間が短くなることで、全身麻酔の時間も短くなり、ペットの負担が軽くなります。

また、体内に糸を残さないことで、「縫合糸反応性肉芽腫」を予防することができます。

院長紹介

萩森 健二

メッセージ

今後『病気を治すだけでなく、病気を未然に予防そして想定するトータルヘルスケア』という考えが重要になってきます。
様々な病気の動物たちをみてきて“もっと早くから予防してあげれば、検査し、想定していれば”と思ったことは多くあります。
逆にいえば予防・対処できる病気は多く、簡単に治せる病気は沢山あるのです。
当院をホームドクターとしてくれているご家族が“この病院でいたから大事には至らなかった”と感じて頂けたら幸せですし、それにも気づかずに健康に過ごしていただける様になることが目標です。

第二に『シニア期を見すえた医療サービス』が必要になります。
シニア期のワンちゃん、ネコちゃんは腫瘍、心臓病、腎臓病、関節疾患、歯科疾患、皮膚病、ホルモンの病気などにかかりやすくなってきますが、これらの病気も早くから想定・対処することができれば幸せに暮らすことが可能なのです。

最後に『人と動物の絆(ヒューマンアニマルボンド)の為の医療』を提供することを約束します。
どんな治療をしても動物と家族の絆のためでなければ意味がありません。そのために、ご家族の話をじっくり聞いて話合うことが重要なのです。

病院詳細

病院名
かもがわ動物クリニック
住所
〒603-8148 京都府京都市北区小山西花池町30-1 シルクシティ花・紫明1F号館 (地図)
電話
075-468-1428 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ フェレット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
17:00-19:3017:00-19:3017:00-19:30-17:00-19:3017:00-19:30--

※24時間365日、電話対応しています。
夜間や緊急時も提携している獣医師と相談可能。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://kamogawa-ac.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒603-8148 京都府京都市北区小山西花池町30-1 シルクシティ花・紫明1F号館

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して NEW

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察 NEW

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • リラックスした雰囲気で。飼い主と三位一体で治療にあたる

    小山市西城南の『メルどうぶつ病院』の特長や國分広光院長の獣医師としてのこだわりをご紹介。犬猫以外にも、ウサギの治療を中心として注ぎ込む情熱などについてインタビュー。ペットの健康は獣医師と飼い主が三位一体となって取り戻すことの大切さを熱く語っている。

    • メルどうぶつ病院
    • 國分 広光院長
  • 既成概念をぶっ壊せ!その先にある最良の動物病院を目指して

    横浜市都筑区の港北どうぶつ病院では早朝7時より診察を行うなど既存の常識にとらわれない稀有な動物病院だ。他の病院とは一味も二味も異なる発想で動物病院の常識を覆すような試みを行っている院長の新井勇人先生に港北どうぶつ病院の特徴を伺った。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
ページトップへ