いなば動物病院の評判・口コミ - 京都府京都市下京区【カルーペット】

いなば動物病院
075-353-2700
いなばどうぶつびょういん

いなば動物病院

4.64
アクセス数: 25,044 [1ヶ月: 458 | 前期間: 469 ]
所在地
京都市下京区 因幡堂町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
得意な診察領域
皮膚系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患
京都市下京区「いなば動物病院」は犬猫だけでなく、エキゾチックアニマルも診療 平日と土曜は20時まで診療・日曜祝日も診療 各種地下鉄・路線バス、くるでもアクセスが良く、契約駐車場あり
「いなば動物病院」は、 京都市下京区に立地していて、犬猫の診療はもちろん、京都府内でも数少ないエキゾチック診療に力を入れている動物病院です。

地下鉄五条駅より徒歩3分、四条駅または烏丸駅より徒歩5分、路線バスでもアクセスしやすい立地になっています。また契約駐車場(GSパーク因幡堂町)もご用意しており、診察にお越しの方へ割引券をお渡しいたしますので、お車でのご来院も可能です。
因幡薬師(平等寺)さんの東隣、ロトス洋菓子店さんの向かい側、シェパードの置物が目印となっております!
路地になっており、場所が分かりずらい場合は、お気軽にお尋ねください。

1. 診察科目
一般内科・外科、皮膚科、消化器科、泌尿器科、循環器科、内分泌、眼科、腫瘍科など
エキゾチック診療(主に小鳥、猛禽類、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、ハリネズミなど)

2. 予防接種、フィラリア・ノミ・マダニ予防

3. 健康診断

いなば動物病院では、主に犬や猫などの予防接種、健康診断、一般診療を行っており、その中でも腎泌尿器疾患、内分泌疾患、循環器疾患、皮膚疾患など内科分野を得意としています。
またエキゾチックアニマル(鳥類全般、うさぎ、フェレット、ハムスター、モルモット、ハリネズミなど)の診療にも力を入れています。近年、犬や猫と同様にエキゾチックアニマルを飼っている飼い主さんも増えていますが、その専門性の高い分野のため正しい診察ができる病院が多くないのが現状です。当院は京都府内でも数少ないエキゾチック診療も可能な動物病院として、その役割を果たしていきたいと考えています。

地域の皆様の大切な家族のため、一匹でも多くの動物の苦しみや飼い主様の不安を取り除くため、私たち一丸となり心をこめて診療致します。
いなば動物病院を、どうぞ宜しくお願い致します。

口コミ

7件中 3件を表示(すべて見る

アイリス エンサタバラエティ931
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

文鳥、インコ、鶏を診てもらってます(^^)女性の先生がとても鳥さんの扱いがうまくて、うちの文鳥はてんかん持ちなのですがパニックになる前にササッと検査など終わらしてくれます。なかなかどこも診てくれない鶏... (続きを読む)

投稿時期: 2021年10月 | 来院時期: 2021年 
5.0
ピケ1027
さん
5人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

口コミとか見ていたらインコが得意なのかな?って思って行ってみたけれど、大型犬でもしっかり診てもらえました。 皮膚のシコリの細胞をとってすぐに何か調べてもらい、以前行ってたところと違い最善の治療を提案... (続きを読む)

投稿時期: 2019年11月 | 来院時期: 2019年11月 
5.0
Orange
さん
21人中 21人が、 この口コミが参考になったと投票しています

飼っているオカメインコ13歳オスがお世話になりました。 今まで病気しらずでしたが、ある朝調子が悪そうになりごはんを食べない状態でしたので、こちらのサイトで病院をみつけ、すぐに電話をして連れて行き診て... (続きを読む)

投稿時期: 2018年05月 | 来院時期: 2018年05月 
5.0

7件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

動物の様々なトラブルに対応(エキゾチック診療も対応)

いなば動物病院では、犬や猫だけでなく、エキゾチックアニマル(鳥類全般、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、ハリネズミ等)の診療も行っております。

皮膚や耳が痒い・赤い、嘔吐・下痢をした、なんとなく元気がない、不慮の怪我をしてしまった、異物を飲み込んでしまった・・・人間であれば自分の不調を言葉にして伝えることが出来ますが、動物はそうはいきません。

飼い主様が軽い症状だと思っていても、その症状には基礎疾患があったり、命に係わる病気が隠れていたりすることも少なくないです。

動物たちの病気にも一時的な治療で良くなる病気もあれば、生涯付き合っていかなければならない病気、高齢化に伴い多くなる病気、種別・性別に伴う病気など様々あります。

病気を発見するための必要な各種検査から、検査結果の説明、病気に対しての治療方針まで、飼い主様の不安が少しでもなくなるようにしっかりご説明をさせていただきます。

病気の治療だけではなく、しつけやコミュニケーションの取り方、日々のケアまで、どんな小さな疑問でも構いませんので、まずはご相談ください。

予防医療

【混合ワクチン】
様々な伝染病の予防に必要な注射です。
使用環境により接種するワクチンの種類が変わります。

【狂犬病ワクチン】
狂犬病の蔓延を防ぐため、狂犬病予防法により飼い犬の登録と共に年一回の接種が義務付けられています。

【フィラリア予防】
蚊から感染する寄生虫性の病気です。
室内だけで飼育している動物も、人が室内で蚊に刺されるようにフィラリアに感染するリスクはあります。
錠剤や粉薬、飲むのが苦手な子用のおやつタイプ、皮膚に垂らすだけのスポットタイプ、一回の注射で通年効果が持続するタイプがあります。

【ノミ・マダニ予防】
吸血による貧血や痒みのほか、アレルギーや伝染病を媒介することもあるため、予防をお勧めしています。
気温の上昇と共に活動が活発になる寄生虫ですが、近年は暖房器具などにより室内は通年快適な環境となり、ノミの活動時期や範囲の拡大、ダニを介した感染症の認知度の上昇により、以前より予防の推奨時期も広がっています。

おやつタイプや皮膚に垂らすだけのスポットタイプ、長期間効果が持続するタイプ、フィラリア予防が同時にできるタイプがあります。

健康診断・去勢手術・避妊手術

【健康診断】
新しく家族になった、中高齢になった、元気だけど気になることがある・・・タイミングは様々ですが自分の不調を症状として出しにくい動物だからこそ、検査をすることで早期に病気を見つけて、症状の重篤化を防ぐ事ができます。
まだ若いから、と思っていても、動物はあっという間に年をとります。
一年に一度は健康診断を行いましょう。

話すことができない動物は、検査をすることで発見できる病気も多くありますのでお気軽にご相談ください。

【去勢手術・避妊手術】
子供ができなくなるためだけの手術でなく、病気の予防としても大切な手術です。

雄であれば前立腺疾患や精巣腫瘍、会陰ヘルニアなど、雌であれば子宮蓄膿症など子宮卵巣疾患、乳腺腫瘍などの病気の予防につながります。

また、性成熟に伴うマーキング行為や発情期に伴うストレスを軽減することにも出来ます。

しかし、手術をすることで未然に防げる病気があっても、全身麻酔や不妊手術に対する抵抗感など不安も大きいかと思います。
術前の検査だけではなく、手術をした場合・しなかった場合の相談をする中で、不安の解消や飼い主様にあった選択が出来ればと考えています。

院長紹介

川田 大史

メッセージ

いなば動物病院 院長の川田大史です。
子どもの頃からの夢であった獣医師になり、様々なご縁の元、ここ京都で動物病院をする事になりました。
近年、ペットと飼い主の距離が近くなり、家族の一員としての認識がより一層強くなっています。
私も物心つく頃には猫達が一緒に暮らしていたり、祖父母の家に遊びに行けば柴犬がいたりと、思い返せば自分の身近には常に大好きな動物達がいました。

そして、大切な動物達が生命の危機に陥った時に彼らを助けてくれた獣医さんを見て、子供心に獣医師という仕事に就きたいと思いました。

獣医師になった後も、知識や技術を磨く中で「この子が病気になった時、誰よりも近くでその苦しみと向き合い、治療してあげたい」と思える出会いがありました。
残念ながらその子は亡くなってしまいましたが、最後まで一緒に戦う事が出来ました。
その時の思いを胸に可能な限り一匹でも多くの動物の苦しみや飼い主様の不安を取り除くための手助けが出来るよう貢献することが出来たらと思っています。

経歴
2012年 北里大学卒
2012年~ 大阪・寝屋川市 ひまわり動物病院勤務
2017年12月~ いなば動物病院 開院

スタッフ紹介

副院長 川田 さいこ

宜しくお願い致します。

【経歴】
2013年 北里大学卒
2013年~大阪市天王寺区 夕陽丘動物病院勤務
2017年12月~ いなば動物病院 開院

病院詳細

病院名
いなば動物病院
住所
〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入ル上ル因幡堂町728-2 (地図)
電話
075-353-2700 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

※鳥に関しては鳥類全般(小鳥、大型鳥、猛禽類、水鳥、家禽など)が診察対象です

得意な診察領域
皮膚系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00-17:00-20:0017:00-20:00--

※休診日/木曜日、日曜午後、祝日午後 ※契約駐車場はGSパーク因幡堂町(必ず受付時に駐車券をお渡しください。契約駐車場以外の駐車場の駐車料金は、負担致しかねますのでご了承ください。)

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.inaba-vet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入ル上ル因幡堂町728-2

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
  • 治療から移動動物園まで。人と動物が幸せに暮らす環境を作りたい

    川越市「アリス動物病院」は地域とともに発展してきた病院だ。犬猫、ウサギなどの一般診療と予防医療に注力、外科や腫瘍科では遠方からの来院も多い。2020年にはドッグランをオープンし、動物イベントも開催。竹島昌俊院長に病院の特徴や今後の展望を伺った。

    • アリス動物病院
    • 竹島 昌俊院長
  • ケアから高度診療まで。チームでオールインワンの獣医療を提供

    蒲田駅徒歩10分、蓮沼駅徒歩1分の「もりかわ動物病院」は爪切りから専門診療までオールインワンの医療を提供している。2021年には大田区で初となるCT検査装置を導入し、より高度な手術も可能に。森川伸也院長に当院の特徴や診療への思いを伺った。

    • もりかわ動物病院
    • 森川 伸也院長