こもれび動物病院の評判・口コミ - 兵庫県芦屋市【カルーペット】

こもれび動物病院
0797-25-1220
こもれびどうぶつびょういん

こもれび動物病院

4.73
アクセス数: 13,522 [1ヶ月: 701 | 前期間: 592 ]
所在地
芦屋市 春日町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
得意な診察領域
皮膚系疾患 消化器系疾患 けが・その他
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気
打出駅より徒歩1分、駐車場有 芦屋市の『こもれび動物病院』 平日・土曜日は19時まで診療 エキゾチックアニマルもおまかせください!!
『こもれび動物病院』は、芦屋市の鳴尾御影線沿いに、2017年3月に開院いたしました。

犬・猫・鳥・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・ハリネズミなどのエキゾチック、小動物も診療いたします。

動物たちに配慮した優しい設計の院内は、入り口が二つに分かれています。
ワンちゃんは左側のドアから、ネコちゃん&その他の動物さんは右側のドアからお入りいただくと、それぞれの待合室、診察室、入院室がございます。

■一般診療
病気のことだけではなく、しつけや飼育相談など、気軽にお尋ねください

■外科手術
去勢・避妊手術から病気に対する手術まで、いろいろ行います

■予防診療
予防できるものは 予防するのが一番です

■健康診断
定期的な健康診断で、病気の早期発見を

■各種検査
病気の診断や健康状態の確認をするために、血液検査やレントゲン検査、超音波検査など、様々な検査を行います

■往診
どうしても来院が難しい時はご相談ください

皆様とたくさんの喜びを、ときには悲しみを分かち合うことができればと思っております。
あたたかくて優しい、そんな“木漏れ日”のような病院を目指して参ります。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

7件中 3件を表示(すべて見る

リリコ
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

生後2ヶ月半のキンクマハムスターが脱腸し、近所の動物病院の紹介で伺いました。 時折、身をよじって痛がるのと、脱腸を目の当たりにしたショックで本当に辛かったのですが、先生もスタッフの方も本当に親身で優... (続きを読む)

投稿時期: 2019年07月 | 来院時期: 2019年07月 
5.0
pink
さん
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

芦屋に引っ越してきて10年。 3年半前にMダックスとMIXの猫を16歳で立て続けに亡くし、半年後に心臓の悪かったマルチーズが12歳で亡くなりました。皆、かかりつけの西宮のクリニックに結局そのまま遠く... (続きを読む)

投稿時期: 2019年04月 | 来院時期: 2019年04月 
5.0
アモモ
さん
16人中 16人が、 この口コミが参考になったと投票しています

長雨で雀や野鳥が道端で疲れ果てて座り込んでて、雀は、すぐに死んでしまい野鳥は、どうにかこもれび病院に連れて行き命が助かりました、親切に見て頂き、まだひなどりで『頑張れ頑張れ』と小鳥に言葉をかけて励ます... (続きを読む)

投稿時期: 2018年07月 | 来院時期: 2018年07月 
5.0

7件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

当院の特徴

当院は、入り口が二か所に分かれております。

左側が、ワンちゃん専用の入口と待合室になっていて、 そこからワンちゃん診察室へと入ることができるようになっています。

そして、右側の扉が、ネコちゃん&小動物エキゾチックさん専用の入口になっていて、そこから、専用待合室、専用診察室へとつながります。

入院室も、ワンちゃん用とネコちゃん用、それぞれのお部屋をご用意しています。

動物病院に来る、動物さんたちのストレスを少しでも減らせることができればという思いから、このようなつくりになりました。

ワンちゃんが苦手なネコちゃんも、ここなら安心して連れていける!
ワンちゃんも、他の動物に気兼ねなく入れる!
と思っていただければ嬉しいです。

エキゾチックアニマルの診療について

エキゾチックアニマルの診療も積極的に行っております。

■ウサギ
歯科治療、避妊去勢手術、うっ滞毛球症の治療など

■フェレット
副腎疾患、インスリノーマ、リンパ腫の治療など

■鳥(小鳥・大型鳥)
そのう検査、レントゲン検査、超音波検査なども行っております

■ハムスターやモルモットなど、その他小動物
歯科治療、皮膚腫瘍の切除など

さまざまな検査、処置、治療、手術を行っておりますので、気になることがありましたらまずはお電話でも結構ですので、ご相談ください。

『アニマルドック』を始めました

大切な家族である動物たちと1日でも長く幸せに過ごせるように、健康診断をおすすめいたします。

動物は、人の何倍も早く年を取っていきます。
また、言葉を話せないので体調不良を上手く伝えることができません。

なので、1年以内の定期的な健康診断で、体の大きな変化が見つかることがあります。
当院では、年齢や体調に合わせて、4つのコースと、オプションをご用意しております。

対象の動物:犬、猫、うさぎ、フェレット
検査は、日祝以外、予約制での半日健診となり、後日、結果をご報告させていただきます。

院長紹介

藤田大介

メッセージ

当院では、飼い主様・動物との対話を大切にし、丁寧な診察を心がけ、地域の皆様に親しまれ、信頼される動物病院を目指して参ります。
病気のことだけではなく、予防やしつけ・飼育相談など、何でも気軽に相談していただき、一人でも一匹でも多くの笑顔と出会えるように努めて参りますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

所属学会
日本獣医がん学会

2000年3月
大阪府立大学農学部獣医学科卒業
2000年4月
兵庫県の北須磨動物病院に勤務(副院長)
2016年12月
北須磨動物病院退職
2017年3月
こもれび動物病院開院(院長)

病院詳細

病院名
こもれび動物病院
住所
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町4-8 (地図)
電話
0797-25-1220 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
得意な診察領域
皮膚系疾患 消化器系疾患 けが・その他
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気
診察時間
 
09:30-12:3009:30-12:30-09:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:30
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※水曜:休診 土曜午後・日祝午前:予約診療

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://komorebi-animal-clinic.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町4-8

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで NEW

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 希少疾患にも対応できる、皮膚科と腫瘍科の専門診療

    大阪市天王寺区の「上本町どうぶつ病院」は、皮膚科と腫瘍科の専門診療を行っている。国内トップクラスの専門医を招致し、治療に悩む飼い主さんに寄り添う診療を提供する中西崇之院長へ、専門外来を開設した経緯や専門診療の特長について伺った。

    • 上本町どうぶつ病院
    • 中西 崇之院長
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
ページトップへ