公園通り動物病院の評判・口コミ - 北海道札幌市西区 【Calooペット】

公園通り動物病院
011-641-6870
こうえんどおりどうぶつびょういん

公園通り動物病院

4.77
アクセス数: 16,748 [1ヶ月: 564 | 前期間: 550 ]
所在地 :
札幌市西区 八軒六条西
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ
診察領域:
皮膚系疾患 腫瘍・がん
この動物病院の口コミを書く
農試公園近くの『公園通り動物病院』
札幌市西区八軒・地域のホームドクターとして、ご相談から専門医療に至るまで力を尽くします。
腫瘍診療と皮膚、アレルギー診療に力を入れています。近隣の専門・大学病院への紹介診療も行っています。
土日・祝日も診療しておりますので、お困りの際にはぜひ当院にご連絡ください。
当院に通っていただいている患者様により良い動物医療サービスをご提供いたします。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

6件中 3件を表示(すべて見る

Caloouser67801
さん
Pick Up!
11人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

公園通り動物病院の先生たちはとても親切で、こちらの話を笑顔でよく聞いてくれますので安心しておまかせできます(^_^)! 病院に入るとまず、院内が優しい黄色の色合いでキレイです! 待合室には犬の... (続きを読む)

投稿時期: 2015年06月 | 来院時期: 2015年06月 
5.0
つくね
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

今までは遠くの動物病院にいっていたので近くのところにないかと探していってみました。何でも初めてのところは不安でしたが色んな話を聞けて良かったです。くだらないことでも新味になって答えてくれて良いところで... (続きを読む)

投稿時期: 2017年12月 | 来院時期: 2017年12月 
4.5
ブッカブー765
さん
10人中 10人が、 この口コミが参考になったと投票しています

13歳オスのコーギーを飼っていました。 初診時から、とても丁寧に病状について説明をして下さり、どういった対処ができるのか、とても親切にかつ迅速に対応をしていただきました。 飼っていたコーギーの... (続きを読む)

投稿時期: 2016年11月 | 来院時期: 2016年10月 
5.0

6件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

院内のご案内

当院は診察室を2つご用意しております。
手前の部屋は一般診療用、奥の部屋は感染の疑いのある症状の方と分けております。飼い主様のご意向にじっくり向き合えるよう座ってお話を伺っております。

手術は基本的に予約制となっております。
避妊・去勢手術ほか、様々な手術に対応しておりますので、ご不明な点などお気軽にご相談ください。
必要な場合には、大学病院や専門医への紹介も可能です。
入院期間や手術費用につきましてもお見積りすることも出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
当院では、緊急な場合を除き、手術の前に検査を行い十分なご説明をしてご理解を頂いてから、日程のご相談へと進ませて頂いております。

腫瘍性の疾患について

・メス犬でもっとも多い腫瘍‘乳腺腫瘍’
性ホルモンが密接に関係している乳腺に発生する腫瘍です。治療方法としては外科手術が第一に挙げられます。しかし、高齢の場合には様々なリスクがあるため、手術前の検査や手術の可否については慎重に検討いたします。
手術の際には、切除等の外科的手術を施し、病理組織検査によって腫瘍の良性・悪性の判断をします。良性の場合は経過を観察し、悪性の場合は腫瘍の再発や転移などを定期的に確認し、場合により抗がん剤投与を行います。
・肥満細胞が腫瘍化する‘肥満細胞腫’
主に皮膚に多く見受けられます。しこり周辺の組織を広範囲に切除し、その後組織を病理組織検査にて判断し、悪性度が高い場合には化学療法を行ってまいります。最近では従来のものより副作用が少ない犬用の薬も出来ており、治療方法の改良が期待されております。
・リンパ系組織から発生する‘悪性リンパ腫’
全身の体表リンパ節への発生が多く見られます。化学療法プロトコールという投薬の用量や治療手順に沿って治療を進めて参ります。治療開始時には副作用のリスクも高いため、入院での治療を行う場合もございます。

皮膚疾患・アレルギーについて

・慢性的な皮膚疾患‘アトピー性皮膚炎’
皮膚の炎症を伴う症状で、同様の症状が多数存在し、アトピー性皮膚炎と診断するには、各種の検査や治療を進め各種皮膚疾患ではないことが判断されて始めて‘アトピー性皮膚炎’の診断とされます。
症状を緩和する外用薬やインターフェロン療法、減感作療法などの治療方法がございますので、症状に合わせてお選びいたします。
住居の空調・衛生管理・ストレス予防なども有効です。

‘食物アレルギー’
本来身体に害にはならない物が免疫反応によって炎症が起こる症状です。皮膚が痒くなる皮膚炎から下痢・嘔吐・排便過多などの消化器系の異常症状が起こることもございます。血清IgE検査やリンパ球反応検査などのアレルギー検査を行い、食物アレルギーを起こしにくい食事を摂取する除去食試験にて症状を診て参ります。症状が緩和しない場合にはステロイド剤を用いることもございます。

院長紹介

福島 裕介

メッセージ

獣医師を意識し始めたのは、子供の頃に学校の先生から獣医師という職業を教えてもらったことがきっかけでした。もともと動物は好きだったので色々な動物を飼っておりました。動物たちと暮らす中で共に生きる喜びを感じ今この仕事をしております。
患者様に最前の治療を行う為には、飼い主様のお話をしっかり聞くことが重要だと思っておりますので、どんどん質問してください!
飼主様が理解し安心してご帰宅いただけるよう真心を込めたサポートをいたします。お気軽にお立ち寄りください。

スタッフ紹介

福島靖子(獣医師)

麻生大学 獣医学部 卒業
獣医アトピー・アレルギー・免疫学会 所属

田中美里(動物看護士)

認定看護師

病院詳細

病院名
公園通り動物病院
住所
〒063-0846 北海道札幌市西区八軒六条西5-1-1 (地図)
電話
011-641-6870 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ
診察領域
皮膚系疾患 腫瘍・がん
診察時間
 
-09:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:00
-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※駐車場 病院正面に4台分(無料)完備。クレジットカード各種対応(VISA、Master、JCB、AMEX、ダイナーズ、ニコス、DC)

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.parkstreet-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒063-0846 北海道札幌市西区八軒六条西5-1-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察 NEW

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して NEW

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
  • 犬・猫のリンパ腫。診断と治療

    名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、がん治療に力を入れている。岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や経験も豊富な院長の伊藤祐典先生に、がん治療に取り組む姿勢やリンパ腫についてお話を伺った。

    • パル動物クリニック
    • 伊藤 祐典院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 動物と人が幸せに暮らせる環境づくりをサポートしていきたい

    兵庫県明石市小久保にあるこすもす動物診療所は、犬、猫から、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、小鳥といった小動物まで診察可能。開院以来、大切な動物を飼い主が安心して任せられる獣医療を精力的に展開する院長夫妻にお話を伺った。

    • こすもす動物診療所
    • 小川 篤史院長
    • 小川 まき先生
ページトップへ