たかはま動物病院の評判・口コミ - 愛知県高浜市 【Calooペット】

たかはま動物病院
0120-566-526
たかはまどうぶつびょういん

たかはま動物病院

4.74
アクセス数: 4,082 [1ヶ月: 244 | 前期間: 254 ]
場所
高浜市 稗田町
動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
その子その子の体質に合わせた「オーダーメイド」の治療をご提供いたします
当院は開院33年を迎え、地域の皆様のホームドクターとして大切なペットの健康サポートに日々尽力しております。

従来の西洋医学はもちろんのこと、東洋医学の漢方薬の処方・鍼灸治療・ホメオパシー療法を取り入れております。
ペットにもオーナー様にも優しい診療をご提供いたします。

西洋医学的手法で診察を行い、必要な場合は血液検査、超音波検査やレントゲン検査などを実施します。
これに東洋医学的な診断を加え、30年間培ってきた経験を活かしトータル的に診断をします。
オーナー様に治療についてしっかりとご説明し、西洋医学にプラスして漢方薬・鍼灸治療・ドイツホメオパシー療法を取り入れ最低限の治療のみ行います。

当院で対応できない検査や手術が必要な場合は、他市の動物高度医療センターをご紹介いたします。

土日祝日も診療しておりますので、お気軽におこしください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

arisankazoku
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

 知人の紹介でお世話になって4年目です。それまで、我が家の犬は毎月フィラリアの予防薬を飲まされ、毎年混合ワクチンを接種されてきました。ところが、たかはま動物病院は、予防薬は「5月から12月」ワクチンは... (続きを読む)

投稿時期: 2016年11月 | 来院時期: 2016年08月 
5.0
セレショウ707
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

高浜に住んで18年になります。転勤が多く、異動の度に病院探しで、いろんな病院にお世話になって来ました。 利益追求に走る病院が多い中、それとは全く違う病院で、長きにわたってお世話になっています。 い... (続きを読む)

投稿時期: 2016年10月 | 来院時期: 2016年09月 
5.0
tanku
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

初代わんこからじつに三十年あまりのかかりつけ医です。 いつも変わらず真摯に、動物そして飼い主に向き合って くださいます。 人間は言葉があり意思の疎通が容易にできますが、動物は そうはいきません... (続きを読む)

投稿時期: 2016年10月 | 来院時期: 1996年 
5.0

5件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

漢方薬とサプリメント

当院は20年ほど前から東洋医学を取り入れ、改良を重ねながら漢方薬の投与を実施してまいりました。

ワンちゃん・ネコちゃんに必要な成分が入っていて、お値段もお求めやすい漢方を10種類に絞り西洋医学治療と並行して使用しています。

また生薬を配合したサプリメントも取り入れて使用しています。
人間同様にペット用にもたくさんのサプリメントが出回っていますが、高額なものや体に害を及ぼしてしまうものもあります。
当院では長年の改良により4種類のサプリメントを使用することにたどり着き、値段も高くなく副作用の心配もありません。

西洋医学治療や漢方投与と併用することで更に効果を高めます。

鍼灸治療

当院では漢方薬と併用して、副作用の少ない経路に絞って鍼灸の診療を行っております。

東洋医学発症の中国では馬や牛などの大動物の経路を解明し、獣医学として体系化されてきました。
日本でもこれを基に犬や猫の経路・経穴の研究が進んできました。
当院の獣医師は全国の鍼灸学会や研究会に積極的に参加し、日々学んでおります。


ミニチュアダックスフントによく併発する椎間板ヘルニアではこの3点の他に脊椎の左右を通る太陽膀胱系の経路に電気を流します。

ワンちゃんのてんかん発作には頭部にある「風附」に針を刺します。

鍼灸治療だけでは治療の効果は不十分で、西洋医学治療・漢方薬・サプリメントなどと組み合わせて治療を実施しております。

ホメオパシー療法

ホメオパシーとは「似たものが似たものを癒す」という治療法であり、ドイツを中心に世界中で民間療法として普及されています。

当院は西洋医学の良いところとホメオパシー療法を組み合わせて、ホモトキシコロジー(同種毒物療法)を診察に取り入れております。

ホモトキシコロジーは科学的な観点からも認められている治療方法です。

治療に取り入れてから、他の治療方法と併用し少ない種類で最大限の効果があるものを常にご提供いたします。

近年、老猫の甲状腺機能亢進症という疾患が急激に増加しました。
当院では甲状腺機能亢進症のネコちゃんが脱水症状を起こしていることに着目しました。
脱水を止めるために鍼灸治療とともに、ホモトキコロジーのいくつかのレメディーを投与することで治療の効果があることを発見しました。
高額で危険な手術や投薬をせずに20歳まで生きたネコちゃんもいます。
ホモトキコロジーが慢性的な疾患の多くの病例に、ワンちゃんよりネコちゃんに効果的なことがわかりました。

院長紹介

都築 求

メッセージ

1983年にここ愛知県高浜市にて開院した「たかはま動物病院」も、今年で33年になります。
当院は私の他にもう1名の獣医師と助手1名の計3名で対応している小さな病院です。20年ほど前から獣医師向けの東洋医学セミナーなどを利用して勉強し、漢方薬および鍼灸治療を従来の西洋医学的治療に加えていくことにしました。従来の西洋医学的治療だけでは病気が治せなかったり、あるいは副作用があったり、また度重なる検査と治療で飼い主様に高額な医療費を請求しなければならないことを避けるためでもありました。
 その後紆余曲折がありましましたが、現在は来院した動物はまず従来の西洋医学的手法で診察・検査しある程度の診断を行っています。さらに東洋医学的な診断をこれに加え、また私の30年来の経験と勘を駆使して総合的に診断を下します。どんな高齢動物であっても痛みや苦しみがなく、食べることができ、歩くことができ、排泄が正常にできるための必要最低限の処置を最低限の費用で飼い主様に行って頂くことを目標とし、動物たちと飼い主様がより長く穏やかな時間を共に過ごせるようにとの思いを込めて日々全力で治療に向き合っています。

病院詳細

病院名
たかはま動物病院
住所
〒444-1321 愛知県高浜市稗田町2-7-47 (地図)
電話
0120-566-526 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
15:00-19:0015:00-19:0015:00-19:00-15:00-19:0015:00-19:0015:00-19:0015:00-19:00

※休診日/木曜日

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.takahama-animalhospital.com
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒444-1321 愛知県高浜市稗田町2-7-47

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術 NEW

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法 NEW

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
ページトップへ