宇治中央どうぶつクリニックの評判・口コミ - 京都府宇治市【カルーペット】

宇治中央どうぶつクリニック
うじちゅうおうどうぶつくりにっく

宇治中央どうぶつクリニック

4.70
アクセス数: 85,016 [1ヶ月: 1,569 | 前期間: 1,920 ]
所在地
宇治市 槇島町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
皮膚系疾患 内分泌代謝系疾患 腫瘍・がん
宇治市槇島町の『宇治中央どうぶつクリニック』土曜も20時まで、日祝も診療。駐車場完備。エキゾチックアニマルにも対応。日常ケアから腫瘍科・循環器科など難治性疾患まで幅広く対応。トリミング・ホテル。
『宇治中央どうぶつクリニック』は、宇治市槇島町の動物病院です。

平日(水曜午後を除く)と土曜は20時まで、日祝も午前診療をおこなっております。
駐車場8台分完備、有料駐車場代当院で負担致しますので、お車でのご来院もご安心ください。

【宇治中央どうぶつクリニックのご案内】
一般診療ははもちろん、予防医療や介護・しつけ・セカンドオピニオンに至るまで幅広く対応しております。

◆診療対象動物
犬・猫
うさぎ、フェレット、ハムスター、ハリネズミなど小型哺乳類
インコや文鳥、オウム、フクロウ、ウズラなどの鳥類
カメ、ヤモリ、トカゲなどの爬虫類
カエル、ウーパールーパー、イモリなどの両生類、魚類

◆一般診療
体調不良や体のかゆみ、足や腰の痛み、下痢や嘔吐などの日常的な診療
健康診断やワクチン、寄生虫予防(フィラリア・ノミ・マダニ)、避妊/去勢手術などの予防医療

◆専門診療
腫瘍科、皮膚科、泌尿器科、循環器科を得意としております。
難治性疾患もご相談ください。

◆老齢動物介護

◆セカンドオピニオン

◆爪切り、耳掃除などの日常ケア

◆シャンプー、トリミング
◆ペットホテル

治療方針や検査方法など出来るだけ複数のご提案をし、オーナー様にご納得いただける説明を心掛けています。
怖がりの子も別室の待合室をご用意出来ますので、安心してご来院ください。

口コミ

15件中 3件を表示(すべて見る

紅梅932
さん
23人中 13人が、 この口コミが参考になったと投票しています

小さな動物なので、どこの病院へ行けば良いのか、かなり悩みましたが口コミでこちらの病院の診察を受けました。とても親切で一生懸命に対応していただき、先生も看護師さんも飼い主の気持ちに寄り添って頂き本当に感... (続きを読む)

投稿時期: 2020年04月 | 来院時期: 2020年04月 
5.0
ひなたん
さん
16人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

初めて受診しました。ご近所さんのアドバイスで此方の動物病院さんに行きました。 自宅で散髪を初めてしましたが、終わってから様子がおかしいと思う事が有りましたが食欲はいつも通りがっつくのでそのままに... (続きを読む)

投稿時期: 2020年02月 | 来院時期: 2020年02月 
5.0
リズ
さん
40人中 27人が、 この口コミが参考になったと投票しています

先生は猫を飼っておられるようで、猫の事に詳しいです。うちの子もあまり怖がらないので、いつもお世話になっています。どんな症状でも分かり易く説明をしてくださいます。スタッフの方も親切な方が多く安心できます... (続きを読む)

投稿時期: 2018年09月 | 来院時期: 2018年08月 
4.0

15件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

一般診療

健康診断やワクチン、寄生虫予防(フィラリア・ノミ・マダニ)、避妊/去勢手術などの予防医療から、体調不良や体のかゆみ、足や腰の痛み、下痢や嘔吐などの日常的な診療まで幅広く行っております。
また、動物の症状は多岐にわたります。
下記のような症状が見られる場合は受診をお勧めいたします。

全身症状: 元気や食欲がない、水をたくさん飲む、悲鳴を上げる
皮膚: 皮膚が赤い、ふけが多い、毛が抜ける、臭う、べとつき、しこりがある
口: 口臭がする、よだれがある
鼻: 鼻水をたらす、くしゃみをする、鼻血が出る
目: 涙が多い、目ヤニ、目が白い、目をしょぼしょぼする
耳: 耳を痛がる、頭をふる、耳が臭う、耳をかゆがる
胃腸: 吐き気・嘔吐、下痢・血便、便に虫が出た、便が出にくい
尿: 尿の色が赤い、回数が多い、量が多い
呼吸器: 咳が出る、呼吸が荒い、イビキが大きい
脳神経: 顔が傾く、ぐるぐるまわる、足がもつれる、痙攣、性格や行動パターンが変わった
ホルモン: 毛が抜ける、お腹が出てくる、息が荒い下り物が多い、元気がない、食欲がおちてきた、もしくは増加した
その他: おなかが膨れている、乳汁が出る

専門診療

宇治中央どうぶつクリニックでは、腫瘍科、皮膚科、泌尿器科、循環器科を得意としております。

◆腫瘍科
腫瘍の進行度合い、年齢、健康状態、飼い主様の通院可能な頻度などで、最適な検査や治療は大きく変わります。
総合的に判断し、優しく最適な方法をご提案します。

◆皮膚科
大切なのは、原因を特定する事です。
原因に応じ正しい治療する事が、早期解決に繋がります。治りが悪い皮膚病はご相談下さい。

◆泌尿器科
主な症状は、多尿、頻尿、残尿感、血尿、尿の異臭、尿漏れ。
当院では症状を的確に診断するため、尿検査、血液検査、X線検査、超音波検査、CT検査等行います。

◆内分泌科
代表的なものは、甲状腺・副腎・性ホルモンです。
体形の変化、多飲多尿、食欲増進もしくは低下、脱毛などの症状を伴います。
上記症状がある場、症状がないのにホルモン病と診断された際などはご相談下さい。

◆循環器科
主な症状は、運動や興奮時、夜中や明け方の咳、スタミナ低下。
猫においては、心筋症や不整脈、心筋梗塞、血栓症の発生が多くみられます。
当院では、聴診、心電図、レントゲン、超音波、血液マーカー等の検査を行います。

老齢動物介護

動物は人間より早く老化が進みます。
ついこの間まで幼かった子が気が付けば老齢になっています。

内臓の働きや関節、足腰も弱くなります。視力も落ちますし、耳も遠くなります。
痴呆になってしまう子もいます。寝たきりになる子もいます。様々な問題に直面するのが老齢動物介護です。

 
当院では、様々な老化現象やそれに伴う問題行動、夜鳴きなど、老齢動物の介護についても力を入れています。
お困りの際は、一度ご相談ください。
また要介護の老齢動物のお預かりも対応いたしております。

院長紹介

稲村 喜嗣

メッセージ

ご覧くださっている皆さんはおそらくご家庭で動物を飼っていらっしゃることでしょう。
私も老いた猫4匹と暮らしています。
こないだまで元気に走り回ってたこの子たちが、今は朝から晩まで寝てばかり。
動物は人間より寿命が短い分、老いるのも早く、飼い主は、ペットの子育てや躾から介護まで責任があります。

動物と暮らしていく中で、躾やシャンプー、爪切り等の日常ケア、病気の予防や治療、老齢期の介護まで様々な問題に直面するでしょう。
そんな時、些細なことからお困りのことまで何でも相談できる動物病院でありたい、そう願っています。

「これくらいの疑問を獣医さんにわざわざ相談していいのかな?」と遠慮してしまった経験のある方は多いと思います。
本当は、動物病院は動物のことなら何でも相談していい場所なんです。お気軽に来院してくださいね。

【経歴】
2006年 鳥取大学農学部獣医学科卒業
2006年~2009年 ダクタリ動物病院京都勤務
2009年~2016年 林屋動物診療室本院勤務
同院副院長就任(※2011年~)
2015年~ 日本獣医がん学会認定医Ⅱ種取得
2016年 宇治中央どうぶつクリニック開院

スタッフ紹介

◆髙谷 莉衣子
私のライフパートナーは犬です!虫や魚の観察が好きです!

◆山本 沙織
ヨーキーちゃんに囲まれたいです!!!動物の知識をもっと深めたいですね!

◆江藤 亜希
一人一人自分の家族のように思ってトリミングしています♪

◆阪本 咲
いつか超大型犬と猫とうさぎと暮らすのが夢です!

◆土屋 さとみ
いろいろな動物に触れ合えて刺激のある毎日を送っています!

◆山本 美帆
わんちゃんの負担にならないよう素早いトリミングを心がけています!今は、デザインカットに興味があり、勉強中です♪

◆柳瀬 多嘉子
幼いころから動物に囲まれて暮らしてきました。動物の生命力にいつも驚かされます。

◆小椋 京香
趣味のサーフィンを大好きな犬とできるように練習中です。

◆板橋 清乃
興味のある分野:内分泌科(ホルモン病)、エキゾチックアニマル

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
宇治中央どうぶつクリニック
住所
〒611-0041 京都府宇治市槇島町一町田14−2 (地図)
電話
0774-39-8499 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類

※その他の哺乳類も診察いたしますので、お気軽にご相談ください。

学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
皮膚系疾患 内分泌代謝系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
17:00-20:0017:00-20:00-17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00--

※水曜・日曜・祝日は午前診療のみ。ゴールデンウィーク、お盆、年末年始も通常通り(元旦は午前受付のみ)の診療を行っております。

※夜間救急については極力対応いたしますが、夜間セミナーなどで獣医師不在になる場合は対応ができません。
来院前に電話でのご連絡をお願いいたします。
※時間外診療の際は、時間外料金が別途かかります。対応する時間帯によって異なりますので、電話にてお問い合わせください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://uji-chuo-animal.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒611-0041 京都府宇治市槇島町一町田14−2

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
  • 犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓の超音波検査に精通し、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針について伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
  • 腹腔鏡手術での犬猫の避妊手術

    JR京浜東北線王子駅から徒歩10分にある王子ペットクリニックは、腹腔鏡を使用した犬・猫の負担の少ない手術や検査、処置を行う新世代の技術を積極的に導入している動物病院である。腹腔鏡手術に長けている重本仁先生に手術の特徴について伺った。

    • 王子ペットクリニック
    • 重本 仁院長
  • 犬のアトピー性皮膚炎。かゆみを抑える治療

    東村山市「久米川みどり動物病院」は一診療施設ではあるが、複数の専門診療も行っている。皮膚科ではアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の相談が多いという。薬を飲むだけではない治療を心掛けている寺井洋子先生に、アトピー性皮膚炎の治療について伺った。

    • 久米川みどり動物病院
    • 寺井 洋子先生
ページトップへ