ペットメディカル久が原の評判・口コミ - 東京都大田区【カルーペット】

ペットメディカル久が原
ぺっとめでぃかるくがはら

ペットメディカル久が原

4.81
飼い主の声24件 (
アクセス数: 22,809 [1ヶ月: 902 | 前期間: 918 ]
所在地
大田区 久が原
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット
学位・認定・専門
日本獣医ホメオパシー学会認定医
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 東洋医学
診察領域
皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
動物たちとその家族に寄り添い、共に歩む動物病院でありたいと思っております。
当院では、最新の各種検査機器・治療機器を導入して西洋医学における治療や手術全般を行いつつ、自然療法と呼ばれる新たな治療分野の開拓も行っております。
自然療法とは、動物が持っている「自己治癒力」を引きだしたりサポートをしたりすることで、病気にかかる動物の体を調整していこうとする治療法です。そして、病気になる前の未病の段階から取り入れる事が出来るテクニックでもあります。

自然療法にはホメオパシー・ホモトキシコロジー・鍼灸・漢方・バイオレゾナンスなどがあり、手作り食の指導も行うことで、病気の根本を治すことを目指していきます。ガンや治癒不能な慢性疾患(アレルギーや炎症性腸疾患など)は、今ある症状の改善を行いながらも、病気の根本的な原因をみつけ、それらを身体から排除していくことも考え、症状を治すことではなく、病気を治すことを飼い主様と一緒に考えていきたいと思っています。椎間板ヘルニアは鍼治療、ホモトキシコロジー、漢方薬の組み合わせでほぼ100%に近い確率で治癒が可能となっております。これらの治療はほとんどの病気に適応可能で、病気に応じ、西洋医学的な治療と自然療法とどちらの治療を行うかは、飼い主様と一緒に考えて決めていくことになります。
また、動物の心のケアも重要であると考えており、精神面に作用する自然療法を導入し、動物のトータルケアにも取り組んでおります。

大切なご家族の一員であるペットの気になる点がございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。
ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

青柳 伸介 院長
街の頼れる獣医たち vol.013

「病気を根本から治す」代替医療を実践

西洋医学と代替医療の組み合わせで1頭1頭にとってベストな治療法を提案

大田区の動物病院「ペットメディカル久が原」では、鍼灸や漢方、ホメオパシーなど代替医療を行っている。「飼い主さんと一緒にペットの病気を治したい」と話す青柳伸介院長に、西洋医学と代替医療を組み合わせた統合医療や、病気の予防について伺った。 もっと読む

口コミ

8件中 3件を表示(すべて見る

パンジー347
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

突然肉球が紫色に腫れ上がってしまった。 本人は痛そうではないし火傷の跡のようにも見えたので治るのを待ってたのですが、何週間も腫れが引かずどんどん紫色になってしまいました。 抗生物質を何週間か続けた... (続きを読む)

投稿時期: 2018年10月 | 来院時期: 2018年 
5.0
ラピスラズリ443
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家は、先代の仔たちから5人のねこたちがお世話になっています。 ねこの飼い主にとっては治療の選択肢があることがとてもありがたいのです。 西洋医学のほかに漢方薬やレメディ・レーザー治療・波動治療な... (続きを読む)

投稿時期: 2018年07月 | 来院時期: 2017年 
5.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2018年08月20日

ラピスラズリさん、口コミへの投稿ありがとうございました。 病院の構造上、どうしても犬と猫の待合が同じになってしまうんですよね。 犬も猫も、ただでさえ病院に来るのはストレスなのに、 猫ちゃんにはさらに精...

カノン♪
さん
1人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

いつも2歳のトイプードルがお世話になってます。 子犬の初回のワクチン接種から診ていただいてます! 犬を飼うのが初めてだったのですが、 最初に大事な予防やしつけ、 食事に関してすごく丁寧に教... (続きを読む)

投稿時期: 2018年06月 | 来院時期: 2018年05月 
5.0

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2018年08月20日

カノンさん、口コミへの投稿ありがとうございました。 定期的に開催している手作り食のセミナーが役に立ってよかったです。 そうなんです。手作り食に変えると 涙やけや足先をなめたり噛んだりする行動が治まるケ...

8件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

16件中 3件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2018年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 点滴、他

    始めは皮ふ病を約3年掛かってすっかりなおして頂きました。 2年前に階段から落ち、歩けなくなり、合わせて目の具合も悪くなり手早く治療して頂き、今にいたっています。

  • 5.0
    投稿時期: 2018年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 外耳炎

    いつも大変御世話になっております。 西洋医学のみの診察だけでなく、東洋医学、自然療法両方からのアプローチで、犬猫の全体をみて下さるので、大変安心してお願いできます。

  • 5.0
    投稿時期: 2018年8月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 心臓、腸

    心臓検査、わかりやすい説明でよかったです。 通常通院なども満足しています。

16件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

治療方針(1):西洋医学

当院では従来の西洋医学も行っており、インフォームドコンセントに重きを置き、通常の治療や腫瘍外科・椎間板ヘルニアなどの外科手術全般も行っております。
常に様々な最新の検査機器や治療機器を導入し、正確な診断・安全安心な治療を行うことを心がけています。飼い主様へ分かりやすい説明をすることで、治療について共に考えていく、そんな動物病院でありたいと考えております。

また当院での診断・治療が困難な場合は、大学病院や二次診療施設との円滑な紹介体制も整えておりますので、ご安心ください。

治療方針(2):自然療法

多くの動物病院ではあまり取り入れられていない、ホリスティック医療を導入しております。
ホリスティック医療とは、自然療法、代替療法、オルタナティブ・メディスンなど、様々な呼ばれ方をされておりますが、自らの自然治癒力を最大限引き出すように内面から全体を活性化させるという考え方の医療です。
手作り食の指導や、ホメオパシー・ホモトキシコロジー・鍼灸・漢方などの統合医療により、動物の持つ自己治癒能力を引き出し病気の根本を治すことを目指していきます。
動物の身体・精神・心も含め全体を癒す、ホリスティック医療をご提供できたらと考えております。

飼い主様の病気への理解と治療への協力が絶対条件となりますが、気になる点などはどうぞお気軽にお尋ねくださいませ。

手作り食について

体は食べたものでできています。
より自然に近いものを食べさせると、不必要な添加物をとることなく食物のエネルギーを取り込むことができ、医食同源の観点から見ても有益です。
ペットの健やかな一生を願う全ての飼い主様に、手作りのご飯をお勧めしております。
使う食材に関しても絶対にあげてはいけないものだけ省き、あとは自由に選択していただいて結構です。
夏には体を冷やす効果がある野菜、冬には体を温める効果がある野菜というように、その時に必要なものは大地が与えてくれます。季節に収穫できる素材をいろいろ使って食事を作るということが大切です。
無農薬・有機野菜や、無農薬・有機野菜を飼料として与えられた家畜の肉、魚などを使用すると、なお良いです。
こだわりすぎると食材を手に入れるのが困難になったり食費がかかりますので、できる範囲で継続していくことが重要です。
フードに茹でた野菜をトッピングしたり、海草、魚油・亜麻仁油などを少し足して、まずは始めてみませんか?
詳しく知りたい方の為に手作りごはん入門講座も開催しております。

当院で個別にカウンセリングも行っておりますのでお気軽にお尋ねくださいませ。

院長紹介

青柳 伸介

メッセージ

従来の西洋医学、手術全般も行いますが、ホリスティック医療によるさらなる安全な病気の克服にも期待しています。
ホリスティック医療は国内でも日々症例が検討されている分野で、これからの医療だと思い日々切磋琢磨しております。
気力・体力を持った勉強熱心な若い獣医師達に専門分野をしっかり学んでもらい、従来のような1人の獣医師がオールマイティに診るのではなく、病院全体としてオールマイティに一番適切な医療を施せる。そんな病院を地域に作っていきたいと思っております。

日本獣医がん研究会会員
日本獣医伝統医学会会員
日本ホメオパシー医学会認定医
英国Faculty of Homeopathy認定医
第2回獣医鍼灸コース終了
日本ホモトキコロジー協会会員
ペット食育協会認定上級指導士
高濃度ビタミンC点滴療法認定医

1991年北海道大学獣医学部卒
同年獣医師国家資格取得
神奈川県内の動物病院で研修後、都内動物病院で院長として勤務し、2003年1月当院開院。

スタッフ紹介

獣医師:木村 早智

日本獣医伝統医学会会員
第4回獣医鍼灸コース終了

小さい頃からの動物好きが高じて獣医になりましたが、今はまだ‘動物と話ができたらいいのに’と思いながら四苦八苦する毎日です。 動物の気持ち、皆様の気持ちを大切にし、よりよい治療ができるよう、これからも努力していきますので、よろしくお願いいたします。そして、いつか動物と話せる獣医になれたらと思っております。

2005年酪農学園大学獣医学部獣医学科卒
同年獣医師国家資格取得
同年4月より当院勤務

看護士

【白井 まり子】
現在、私達の身近な存在となった動物達は、ペットではなく‘家族’というものに変わってきました。大切な家族が病気になった時はとても不安が募ると思います。私はそういった不安を少しでもやわらげられる様、動物はもちろん飼い主様にも笑顔で接していければいいと思っております。 これからも動物の気持ちを分かってあげられる様な人間になりたいです。

【下平 優希】
「三度の飯よりシュナが好き」でお馴染み、看護士の下平です。患者様とその家族である動物達のお役に立てるよう頑張りたいと思います。長年染み付いた方言を極力直そうと心がけていますので、伝わらないことがありましたら遠慮なく指摘してください。

【猪口 瑛梨香】
飼い主様とお話しする機会の多い看護士だからこそ、大切な家族とも言える動物たちのことを何でも相談できるような存在になれたらと思っております。飼い主様にも動物達にも信頼して頂けるよう、日々努力して参ります。

看護士

【平田 将大】
昔からペット関係のお仕事に興味があり、この職に就きました。数少ない男性スタッフですが負けじと頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。大型犬はお任せください!

【山本 郁花】
さまざまな子達が病院に来る中で、少しでもサポートができるよう努力し、常に笑顔で、皆様から信頼される動物看護士を目指して精一杯頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
ペットメディカル久が原
住所
〒146-0085 東京都大田区久が原3-31-10 (地図)
電話
03-5747-1831 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 東洋医学
診察領域
皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
学位・認定・専門
日本獣医ホメオパシー学会認定医
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

※※日・祝日及び平日19:00~20:00は完全予約制となります。※診察日の12:00〜16:00は手術および往診時間とさせて頂きます。

※休診水曜日。16:00~19:00まで(日祝祭日の診療は完全予約制)、夜間は予約制にて19:00~20:00まで診療しております。尚、夜間予約の連絡は19:00までとし、以降時間外料金がかかりますのでご注意ください。救急の際は、当院の患者様に限り時間外の診察を受付けております。当院電話が留守番電話となっておりますので、カルテ番号・飼い主様のお名前・電話番号・症状を入れてください。当院より折り返しご連絡させて頂きます。時間外診察料が発生しますので予めご了承ください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.petmedical.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒146-0085 東京都大田区久が原3-31-10

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 会員予約制を導入して、飼い主様や動物に優しい医療を目指す NEW

    町田市で会員予約制を導入した診療をおこなっている「町田森野プリモ動物病院」の三浦貴裕院長をご紹介します。地域の獣医療に取り組むほか、歯科医療にも注力する三浦院長。同院の特徴である会員予約制のメリットと歯科口腔外科医療にかける思いを語っていただきました。

    • 町田森野プリモ動物病院
    • 三浦 貴裕院長
  • 既成概念をぶっ壊せ!その先にある最良の動物病院を目指して

    横浜市都筑区の港北どうぶつ病院では早朝7時より診察を行うなど既存の常識にとらわれない稀有な動物病院だ。他の病院とは一味も二味も異なる発想で動物病院の常識を覆すような試みを行っている院長の新井勇人先生に港北どうぶつ病院の特徴を伺った。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 一般診療から専門診療まで。チーム医療で飼い主に安心を届けたい

    横浜市都筑区の横浜青葉どうぶつ病院は、整形外科・外科が専門の古田健介院長と、循環器・画像診断・小動物の診療など専門を持つ獣医師によるチーム医療が特徴だ。開業までの経緯や、飼い主様とのコミュニケーションについて古田院長に伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
ページトップへ