佐野獣医科病院の評判・口コミ - 静岡県浜松市北区【カルーペット】

佐野獣医科病院
さのじゅういかびょういん

佐野獣医科病院

4.55
アクセス数: 13,653 [1ヶ月: 257 | 前期間: 234 ]
所在地
浜松市北区 初生町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
得意な診察領域
眼科系疾患 消化器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
浜松市北区の『佐野獣医科病院』土曜も19時まで診療。駐車場あり。犬・猫・うさぎの診療。3つの診察室・内科・皮膚科・外科・整形外科・腫瘍科・歯科・眼科。
『佐野獣医科病院』は、浜松市北区初生町で犬・猫・うさぎの診療をおこなう動物病院です。

金指街道(国道257号線)の一本東の道(通称 もくれん通り)にあり、土曜も19時まで診療を行っております。

【佐野獣医科病院のご案内】
3つの診療室や手術室、充実した設備の下、動物の種類や症状に合わせた診療を行っております。
浜松市周辺では最大級の規模となっております。

◆診療科
内科・皮膚科・一般外科・整形外科・腫瘍科・歯科・眼科など様々な診療科に対応しております。特に整形外科に力を入れています。

豊富な執刀経験を持つ獣医師が担当しております。

◆各種予防・健康管理
フィラリア・ノミ・ダニ予防、予防接種
病気や予防接種、健康診断はもちろん、動物達と快適に暮らしていくためのお手伝いをいたします。

◆トリミング・ペットホテル

◆広々とした駐車場
15台分の広々として停めやすい駐車場を完備、お車の中で診療をお待ちいただくこともできます。
また、雨に濡れない屋根付きの駐車スペースもございます。

◆大きな診察室・手術室
動物の種類や症状、治療内容に応じてそれぞれの診察室を使い分けています。
大型犬の手術もできる大きなスペースもございます。
内視鏡やデジタルレントゲン、手術用顕微鏡、高周波メスなどの最新設備あり。

佐野獣医科病院では、「手当て」「わかりやすいご説明」「最新設備」の3つを大切に、真心を込めた治療を行っています。

看護師・獣医師全員で、動物たちが安心して過ごせる病院づくりを目指してまいります。

口コミ

4件中 3件を表示(すべて見る

momomama
さん
11人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

子犬が外耳炎になったようでお世話になりました。 耳掃除が大嫌いで大暴れする犬を院長先生と若い先生がふたりがかりでケガをしないように優しく優しき声をかけながら見てくださいました。 ペットに対して... (続きを読む)

投稿時期: 2016年12月 | 来院時期: 2016年12月 
5.0
R
さん
8人中 8人が、 この口コミが参考になったと投票しています

猫を2匹飼っています。たまに2〜3日家を空けることがあるのですが、いつも部屋はキレイなまま賢く留守番をしていてくれます。今回帰ると、部屋中にトイレのペレットやウンチを擦ったような痕、そしてマーキング... (続きを読む)

投稿時期: 2016年03月 | 来院時期: 2016年03月 
5.0
木星496
さん
10人中 10人が、 この口コミが参考になったと投票しています

浜松に引っ越して来てから16年。ずーっとお世話になっています。 患者さん御家族と待合室で話しても、やはりこの先生は素晴らしい!と話題になります。 先生もスタッフの皆さんも、とにかくこの子たちの... (続きを読む)

投稿時期: 2015年11月 | 来院時期: 2014年01月 
5.0

4件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

「手当て」「わかりやすいご説明」「最新設備」真心を込めた治療

飼い主さまに丁寧にお話を伺うとともに、病気や治療方法などの説明は、写真や図をお見せしながらできるだけわかりやすくお伝えしています。

動物たちや飼い主さまの不安な気持ちを和らげ、一匹一匹の様子に合わせた最適な治療を進めてまいります。

◆一般内科
食欲が見られない、このところ寝てばかりいる、なんとなく元気がない……。
原因はわからないけれど気になることがありましたら、ぜひご相談ください。

◆消化器科
食事内容の指導から超音波や内視鏡を用いた高度な診療まで可能ですので、なんでもご相談ください。

◆腎泌尿器科
泌尿器の病気としては、膀胱炎や尿路結石、腫瘍、腎不全などが一般的です。
当院では動物の様子や検査結果、診察などを通して、丁寧に診断を行います。

◆呼吸・循環器科
心臓の病気は末期になるまで、なかなか症状が見られません。
散歩で走らなくなった、体力が落ちた気がするなど、些細なことでも気になったらお気軽にご相談ください。
定期検査をして早期発見・早期治療を心がけましょう。

◆皮膚科
毛が抜けてはげた、かゆがる、フケや赤みが見られる、肌がべたつくなど、皮膚のトラブル全般を扱います。

外科・腫瘍科・歯科・眼科

動物たちの負担を抑えて体に優しい治療を行えるよう、内視鏡やデジタルレントゲン、手術用顕微鏡、高周波メスなどの最新設備を整えており、一匹一匹の様子に合わせた最適な治療を進めております。

◆一般外科
高周波メスを使い出血や痛みの少ない切開を行うなど、動物たちに優しい治療を心がけております。
衛生管理が行き届いた手術室で、豊富な執刀経験を持つ獣医師が担当いたします。

◆整形外科
当院では整形外科に力を入れており、できるだけストレスを与えない治療を心がけております。
骨折などの症状で他院で治療を断られてしまった場合にもご相談ください。

◆腫瘍科
各種検査機器を充実させ、抗がん剤による治療にも取り組んでおります。
もちろん外科手術により根治を目指したり、放射線治療などのために大学病院等を紹介したり、その子に合った治療プランを検討しますので、高齢でも諦めず一緒に治療に取り組みましょう。

◆歯科
歯周病を防ぎ、お口のコンディションを整えて動物たちの歯を守りましょう。

◆眼科
精度の高い角膜手術も行っております。
目のことで気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

各種予防・健康管理

◆フィラリア・ノミ・ダニ予防
月1回の投薬で予防をしておくと安心です。

◆予防接種
犬6種・10種混合ワクチン、猫3種・6種混合ワクチンをご用意しております。
また、日本では狂犬病の予防接種が狂犬病予防法で義務付けられています。
必ず年1回お受けください。

◆去勢・避妊治療
望まれない繁殖を防ぐだけでなく、乳腺・子宮・卵巣・前立腺などの病気予防につながります。
また、発情して泣き叫ぶことがなくなったり、攻撃性が抑えられるようになります。

◆健康診断
動物たちが健康で幸せに暮らしていくためには、病気の早期発見・早期治療が欠かせません。
当院では7歳以上の子に健康診断の受診をおすすめしております。
血液検査をはじめ、レントゲン、エコー、検尿、検便、心電図、眼科検査など、より詳細な検査も行えます。

◆健康管理
病気や予防接種、健康診断以外にも、一緒に暮らす上で気をつけることや飼い方など、わからないこと・お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。飼い主さまと動物たちがストレスなく快適に暮らしていくためのお手伝いをいたします。

院長紹介

佐野 昌延 (さの まさのぶ)

メッセージ

当院の方針は、飼い主さまのお話と診察・検査結果を大切にする事です。

診察の際は飼い主さまから細かな観察に基づくお話を伺います。
また、五感を駆使して動物に触り、聞き、色・におい・痛みを感じ、最後に検査機器による検査をいたします。
こうした基本的な問診や五感を生かした診察なくては動物たちの苦しみをすくい取って救えないからです。

治療には最新の学問、技術、機器、薬品を導入することも欠かせません。
しかし私は、「手当て」「アットホームな環境づくり」もとても大切だと思っています。

「手当て」とは撫でてあげたり、名前を呼んであげたり、目やにや鼻水を拭いてあげたり、人の手の暖かさで動物に安心感を与える重要な行為です。

当院では一匹一匹の動物たちの性格を見極めながら、お見舞いや面会を重視し、さらに「手当て」の精神を忘れずに動物たちと向き合えるように気を配っています。

これからも佐野獣医科病院では、動物たちが安心して過ごせる病院づくりを目指してまいります。

【経歴】
1978年 日本獣医畜産大学獣医学科卒業
1978年 埼玉県所沢市の動物病院に勤務
1983年 佐野獣医科病院開院

スタッフ紹介

副院長:佐野 正典

院長の豊富な経験に私の新しい知識を組み合わせて、今まで以上に皆様のお役に立てるよう頑張っています。

私は眼科、消化器科、循環器科を得意としていますが、一つの科でくくれる症例というのは決して多くないと思っています。
「目が見えないのは目の病気!」「吐いちゃうのは胃腸の病気!」と言いきれればどんなに楽かと思うものですが、実際はなかなかそう単純にいきません(ちなみに盲目も嘔吐も、例えば腎臓病で起こることだってあります)。
そういった病気を首尾よく治せた時の達成感は、やりがいの一つでもあるのですけど。

動物は自分で話すことができませんから、どこが悪いかなんてご家族にだってそう簡単にわかることではありません。
「なんだかよくわかんないけど、とりあえずあの病院行っておけば大丈夫」、そう言ってもらえるような信頼できる町の獣医さんを目指して、日々精進してまいります。

【経歴】
2012年 日本大学獣医学科卒業
     千葉県市原市の動物病院に勤務
2015年 佐野獣医科病院勤務
2017年 JVOC主催獣医眼科基礎講習会 全過程修了

佐野獣医科病院スタッフ

獣医師: 國谷 晃子
看護師: 山上 龍之介
看護師: 松尾 帆華
看護師: 鈴木 涼子
トリマー・看護師: 山村 まなみ
受付: 佐野 恵子

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
佐野獣医科病院
住所
〒433-8112 静岡県浜松市北区初生町818-5 (地図)
電話
053-437-7777 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ
得意な診察領域
眼科系疾患 消化器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:00-10:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://sano-animal-hospital.net/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒433-8112 静岡県浜松市北区初生町818-5

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 膝の関節疾患(膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂) NEW

    横浜市中区にある「横浜山手犬猫医療センター」では、整形外科診療にも力を入れている。小型犬の半数以上は膝関節がゆるく、痛みや跛行などの症状が出る可能性があるという。川合智行先生に、代表的な膝の病気である膝蓋骨脱臼と十字靭帯断裂について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 川合 智行先生
  • 犬の顔面神経麻痺の治療~鍼灸治療による麻痺の改善~ NEW

    長野県軽井沢駅から車で20分の「西軽井沢どんぐり動物病院」は鍼灸治療を取り入れている病院だ。犬の顔面神経麻痺は投薬による治療法がない病気だが、鍼灸治療により改善が見込めるという。岩切久弥院長に、顔面神経麻痺やヘルニアの治療について伺った。

    • 西軽井沢どんぐり動物病院
    • 岩切 久弥院長
  • 動物と人が幸せに暮らせる環境づくりをサポートしていきたい

    兵庫県明石市小久保にあるこすもす動物診療所は、犬、猫から、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、小鳥といった小動物まで診察可能。開院以来、大切な動物を飼い主が安心して任せられる獣医療を精力的に展開する院長夫妻にお話を伺った。

    • こすもす動物診療所
    • 小川 篤史院長
    • 小川 まき先生
  • 飼い主、そしてペットと時間をかけてじっくり向き合いたい

    根津駅から歩いてすぐにある「上野の森どうぶつ病院」は、ジェネラリストの内村祐介院長と循環器のスペシャリストである諌山紀子副院長が診療を務める。年中無休、夜間救急対応、セカンドオピニオン等、頼りになる動物病院作りを続けるお2人にお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 内村 祐介院長
    • 諌山 紀子先生
  • 飼い主さんと向き合い、一緒に歩みながら治療をする動物病院

    川崎市幸区「さいわい動物病院」は、商店街の中にある街の動物病院。院長の杉山博輝先生は、飼い主さんに優しく接することを大切にしながら、幅広い分野の治療に全力で取り組んでいる。杉山先生に、病院の特徴や診療の際に心がけていることを伺った。

    • さいわい動物病院
    • 杉山 博輝院長
ページトップへ