大下動物病院の評判・口コミ - 大阪府堺市北区【カルーペット】

大下動物病院
072-255-6887
おおしたどうぶつびょういん

大下動物病院

3.91
アクセス数: 7,481 [1ヶ月: 127 | 前期間: 232 ]
所在地
堺市北区 百舌鳥梅町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
何でも気軽に相談できるホームドクターであるために
当院では病気や怪我の治療はもちろん、犬のトレーニングについての知識をスタッフ全員が身につけており、しつけや問題行動の解決にも力を入れております。
また、しっかりとコミュニケーションを図ることで動物、そして飼い主様との信頼関係を築き、どんなことでも相談していただきやすい環境づくりに努めてまいります。
動物たちからも、飼い主様からも、病院の「怖い、痛い、堅苦しい」などといったレッテルを取り除き、気軽に訪れることができる場所だと捉えていただき、敷居を高くしないことを心がけています。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

4件中 3件を表示(すべて見る

sakura_marin
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

パピーの頃は違う病院に通ってました。その病院は、先生が数人居て行く度に先生が違いました。 同じ先生に診てもらった方が安心と思い、大下動物病院にかわりました。 現在、愛犬は8歳。 大下動物病... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年05月 
5.0
ネレイド738
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

引っ越したためワクチンと狂犬病の予防接種に行きました。 受付の方はとても愛想がよく、元気そうな方でした。診察室は二部屋あり、夜に行ったときは、若い男性の先生でした。 今までのワクチンの証明書を求め... (続きを読む)

投稿時期: 2016年08月 | 来院時期: 2015年11月 
4.0
sakukomo
さん
17人中 13人が、 この口コミが参考になったと投票しています

半年前から通っています。 兎の涙が止まらないので目薬を出してもらいましたが1ヶ月経っても改善せず大下動物病院が休診日の日に悪化したため別の病院に行き処方された目薬で改善しました。(どちらの病院で... (続きを読む)

投稿時期: 2015年07月 | 来院時期: 2015年07月 
2.5

4件中 3件を表示(すべて見る

院長紹介

大下 勲

メッセージ

私は「一生懸命」という言葉を心得とし、どんなことにも全身全霊取り組んでまいります。もちろん、一人よがりになるのではなく、飼い主の皆様、動物達としっかりコミュニケーションをとり、皆様にとっての“最善”とは何かを常に考えた上で診察や治療を行っています。
動物の病気を治療し、サポートさせていただくということは、飼い主様、つまり人とのつながりも広がっていくと考えています。病気だけを診るのではなく、皆様との信頼関係を築いていくことができるように尽力してまいります。

病院詳細

病院名
大下動物病院
住所
〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町3丁目28-6 (地図)
電話
072-255-6887 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:00--
17:00-19:3017:00-19:3017:00-19:30-17:00-19:30---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.oshita-animal.com
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町3丁目28-6

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主、そしてペットと時間をかけてじっくり向き合いたい

    根津駅から歩いてすぐにある「上野の森どうぶつ病院」は、ジェネラリストの内村祐介院長と循環器のスペシャリストである諌山紀子副院長が診療を務める。年中無休、夜間救急対応、セカンドオピニオン等、頼りになる動物病院作りを続けるお2人にお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 内村 祐介院長
    • 諌山 紀子先生
  • 飼い主さんとの対話を大切に、家族目線で医療を提供したい

    川崎市中原区の「めい動物病院」は、犬猫の一般診療を中心に循環器科や皮膚科、眼科の専門外来を受け入れている。「家族の一員だと思って、なんでも聞いてほしい」と話す竹内潤一郎先生に、専門である循環器診療や診察に対しての思いを伺った。

    • めい動物病院
    • 竹内 潤一郎院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 犬猫の眼科診療。失明から回復させる最新手術

    仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。

    • エビス動物病院
    • 山下 洋平院長
  • 犬にも猫にも快適な空間を実現、うさぎの診療や腫瘍科に注力

    八千代市と船橋市の境にある「はる動物病院」は、猫と大型犬にも優しい待合室が特徴のクリニックで、うさぎの診療や手術が得意なことでも知られている。腫瘍科認定医を取得している瀧口晴嵩院長に、同院の方針や診療の際の心がけについて伺った。

    • はる動物病院
    • 瀧口 晴嵩院長
ページトップへ