押田動物病院の評判・口コミ - 埼玉県ふじみ野市【カルーペット】

押田動物病院
おしだどうぶつびょういん

押田動物病院

4.20
アクセス数: 57,793 [1ヶ月: 698 | 前期間: 674 ]
所在地
ふじみ野市 うれし野
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 消化器系疾患 整形外科系疾患
すべてはより高き動物医療と動物たち、そしてご家族のために・・・
当院は、犬と猫の診療を中心にしておりますが、キャットフレンドリークリニックのゴールドレベル認定病院でもあり猫専用診察室を完備しております。

CTによる画像診断から再生医療にいたるまで積極的に先端医療を取り入れつつ、動物たちに心のこもった治療と、高度な医療技術をあわせてご提供することを最も重要な使命だと考えております。

ご家族の皆様に安心感を持ってもらい、動物たちが癒され、笑顔の絶えない生活を送れるようお手伝いさせて頂きます。

動物たちが言葉にできない想いを理解し、先読みした治療することを大切にしています。

現在、完全予約制となっておりますが、いつでもお気軽にご来院ください。
ペットに関して気になることがありましたらどんな些細なことでもご相談を受け付けておりますので、お問い合わせください。

また当院では、時間外診療・夜間診療も緊急の場合は対応可能な体制がございます。
往診については外来診療優先ですが、動物の状態やご家族の都合で移動が難しい場合、可能な時間帯・エリアで対応させて頂きます。

詳しくはお問い合わせください。

お知らせ

木曜日のAM10:30からPM3:00を「静かな予防クリニック」としてワクチン専用に解放しております。ワクチンだけなのに普段は待ち時間が長く、ストレスが心配な方はどうぞご予約ください。急患にも対応していますが、獣医師一人で対応しているため対応に限りがありますが、ご相談ください。

口コミ

7件中 3件を表示(すべて見る

ヘルクレス626
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

以前は怖い看護師さんがいてピリピリしてましたがその方が辞められたのか、最近は感じの良い優しい看護師さんばかりです。 こちらでは、通常の診察、去勢手術やトリミングなどとってもお世話になっています。 ... (続きを読む)

投稿時期: 2019年10月 | 来院時期: 2019年09月 
4.5

医療機関スタッフからのコメント

投稿日: 2019年10月19日

ご評価ありがとうございます スタッフが笑顔で働ける環境づくりを取り組んだ結果、患者様へのご対応もご満足いただけまして幸甚にございます。働き方改革のしわ寄せが院長の労働状況を悪化させており、入院動物の深...

レウコジュム253
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

僧帽弁閉鎖不全症と診断されて1ヶ月半、心臓の雑音が少し大きくなったので、 設備が最新のこちらの病院に行ってみました。 説明を細かくしてくれて「心臓の大きさが肋骨12本分あるから少し大きい」など... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年05月 
4.5
ミルゆず
さん
13人中 12人が、 この口コミが参考になったと投票しています

押田動物病院様には二頭の愛犬がお世話になっております。 ミニチュアシュナウザー♀が腎不全、腎盂腎炎ステージ4、右水腎症、膵炎、膀胱炎と5種類の病にかかり、何処へ行っても、危篤状態ですし、これだけの病... (続きを読む)

投稿時期: 2017年04月 | 来院時期: 2013年10月 
5.0

7件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

健康診断のすすめ

当院では、CTも完備しており病気の早期発見・早期治療のために、定期的な健康診断をお勧めしております。

獣医療では病気が悪化した状態で診察を受けられる場合が多く、「もう少し早ければ」というオーナー様の声をお聞きします。
定期的に健康診断を実施することで、病気の早期発見・早期治療に結び付くことができると考えております。

健康診断を受けるだけで健康になるわけではありません。異常があった場合に治療を受けず、そのままになっているケースはとても残念な結果をうむことにもなりかねません。

健康診断に決まったコースは設定しておりませんので、ご相談の中でその子にあった検査をご提案させて頂きます。

当院では健康な時の健康診断をおすすめしております。
健康な状態ですと様々な検査をスムーズに行うことが出来て、今後体調をくずした時に大変役立ちます。

主に血液検査・尿検査・糞便検査・眼科検査・レントゲン検査・CT検査・内視鏡を行います。

飼い主様からの積極的な治療への参加をお待ちしております。

再生医療(がん免疫細胞療法)

自分自身の細胞を体外で増やし目的にあった細胞に変化させ、本人にまた戻す治療方法です。
近年では生まれつき備わっている免疫の力をさらに強め、がんの発症を抑えることが試みられています。

【4つのメリット】
1. 副作用がほとんどない
本来自分の持っているリンパ球を増殖して投与するので、拒絶反応や副作用の心配がほとんどありませんので、がんの進行度に関係なく安心して使用できます。
2. 延命効果が見られる
末期がんと呼ばれる段階ですと体が弱り、手術療法や放射線療法ができません。体を痛めつけずがんを大きくしないことを目的とした治療法になります。
3. QOLが上がる
がんの進行により痛みや貧血など辛い症状が現れますが、免疫療法はこのような症状を軽減する作用があります。
リンパ球投与後に食欲も戻り体重も増えて、通常の生活を送ることができます。
4. 他の療法との相乗効果
手術後の再発予防や様々な治療方法との併用により相乗効果が期待できます。他の療法の副作用も軽減できる効果もあります。

4K内視鏡手術

4K内視鏡手術では、痛みの少ない手術をより安全に行うことができます。高解像度の映像で、小さな血管や病変を確認しながら低侵襲で回復も早いため、避妊手術の場合は日帰りが可能となります。

院長紹介

押田 英之

メッセージ

動物が癒されると、そこにはご家族の笑顔がポッと咲きます。
そんな笑顔で満開の病院に出来れば幸せです。

■経歴
北里大学獣医畜産学部(現獣医学部)卒業
北里大学大学院獣医畜産学研究科途中退学
麻布大学獣医学部(外科学第二研究室所属)卒業
澤動物病院 神奈川動物医療センター勤務
■所属団体・学会
公益社団法人日本獣医師会
公益社団法人埼玉県獣医師会
獣医麻酔外科学会
日本獣医再生医療学会
■細胞培養師・免疫細胞培養医(J-ARM認定)
■特定化学物質及び四アルキル鉛等 作業主任者

スタッフ紹介

獣医師

押田 博子 
麻布大学(外科学第二研究室)卒

山城 伸太朗 
麻布大学(内科学第二研究室)卒

獣医師

伊藤 大貴 
日本獣医生命科学大学(病理学研究室)卒

佐久間 龍之助 
麻布大学(臨床繁殖学研究室)卒

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
押田動物病院
住所
〒356-0056 埼玉県ふじみ野市うれし野2-14-20 (地図)
電話
049-256-6601 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ

※犬・猫の専門病院です

得意な診察領域
歯と口腔系疾患 消化器系疾患 整形外科系疾患
診察領域
眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0010:30-15:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.oshida.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒356-0056 埼玉県ふじみ野市うれし野2-14-20

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 犬猫の眼科診療。失明から回復させる最新手術

    仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。

    • エビス動物病院
    • 山下 洋平院長
  • 膝の関節疾患(膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂)

    横浜市中区にある「横浜山手犬猫医療センター」では、整形外科診療にも力を入れている。小型犬の半数以上は膝関節がゆるく、痛みや跛行などの症状が出る可能性があるという。川合智行先生に、代表的な膝の病気である膝蓋骨脱臼と十字靭帯断裂について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 川合 智行先生
  • 犬や猫の腎臓がん・膀胱がん

    JR大高駅近くにある動物病院サンペットクリニックは、治療だけではなく日頃のケアも行うオールインワンの病院。院長の川崎栄也先生は腎臓がん・膀胱がんなど腫瘍外科を得意としており、丁寧な説明と治療が評判を呼んでいる。できるだけ痛みの少ない手術に尽力している。

    • 動物病院サンペットクリニック
    • 川崎 栄也院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長