紫原動物病院の評判・口コミ - 鹿児島県鹿児島市【カルーペット】

紫原動物病院
むらさきばるどうぶつびょういん

紫原動物病院

4.72
アクセス数: 14,732 [1ヶ月: 298 | 前期間: 318 ]
所在地
鹿児島市 紫原
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
得意な診察領域
腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 腫瘍・がん
大切なお知らせ

4/10(日)、4/24(日)は院長が狂犬病集合注射のため診療時間が変更となります。(15時~予約制)
4/29(金)・5/3(火)~5/5(木)は休診になります。
水曜日は完全予約制となります。

鹿児島市の『紫原動物病院』、1.5次診療・予防医療・再生医療・一般内科・外科・ペットドック、トリミング・ペットホテル完備、土日も診療、駐車場完備(8台)
鹿児島市の『紫原動物病院』は、犬猫ウサギを対象に、予防医療・再生医療・一般内科・外科・ペットドックと幅広く診療しております。

当院は地域の中核病院となるべく1.5次診療の実現を目標にしています。
1.5次診療とはホームドクターが行う1次診療を行いつつ、さらに高度な獣医療を提供し治療にあたることです。

1.先進医療
紫原動物病院では、免疫療法および脂肪幹細胞療法を受けられます。
治療法がないと諦める前に、当院までご相談ください。
活性化リンパ球療法、キラーセル療法→がんの成長を抑制し、全身に散らばったがん細胞を攻撃して効果を発揮します。
脂肪幹細胞療法→炎症性疾患・免疫介在性疾患の治療が可能です。

2.半導体レーザー
「優しい治療」と「高度医療」をご提案するために半導体レーザーを導入しております。
・がんの治療
がん治療についてICG(インドシアニングリーン)という色素を用いたレーザー補完代替療法を準備しております。
体外からレーザー照射する事によって、腫瘍の血管増殖や炎症を抑え、延命とQOLの上昇を目指します。

3.ペットドック
ペットドックでは複数の検査を同時に行うので、多くの病気の早期発見につながります。また、病気の進行具合を判断して、今後の方針を決めることができます。

伴侶動物の高齢化に伴う様々な出来事とうまく付き合っていく事にも重きを置いています。動物たちと飼い主様にとって何が一番良い方法か話し合い治療をさせて頂きます。

お知らせ

〇春の予防シーズン到来

・フィラリア予防(4~12月、予防前のフィラリア検査は必須となっております)
・狂犬病予防注射
・ノミ、マダニ予防(年中)
・猫もフィラリア予防をしましょう!
・年に一度の混合ワクチンもお忘れなく。ワクチンの抗体検査も行っております。

年に1度の健康診断、シニア期(7歳以降)は年に2回の健康診断をおすすめしております。

ネット予約

予約はこちら

口コミ

8件中 3件を表示(すべて見る

TK
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

小柴3歳を飼っています。 最初爪切りだけで行ってみました。爪切りは小さい時に嫌な思い出があるらしくかなり怯えます。 初回来院時はかなり緊張していましたが、先生もスタッフさんもとても丁寧に対応して頂... (続きを読む)

投稿時期: 2021年01月 | 来院時期: 2021年01月 
5.0
ぶぶすけ
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

20歳になる おじいちゃん犬が今年になってから調子が悪く毎週お薬を貰いに通っています。スタッフの皆さんも先生方も いつも変わらず優しい対応をして下さって介護の中 とても気持ちが落ち着きます。ちょっとし... (続きを読む)

投稿時期: 2020年08月 | 来院時期: 2020年08月 
5.0
蝶蝶
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

信頼できる先生と動物と飼い主に気持ちのいい対応をしてくださるスタッフの皆さんがいる、通いやすい病院です。 動物を飼っていると色々ありますが、些細なことでもきちんとアドバイスしていただき納得の治療... (続きを読む)

投稿時期: 2020年08月 | 来院時期: 2020年08月 
5.0

8件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

再生医療(活性化リンパ球、キラーセル、幹細胞療法)

免疫療法(がんに対する活性化リンパ球療法・キラーセル療法)

1. 生活の質(QOL:Quality of Life)の維持・向上
がんになると痛みやだるさなどつらい症状がみられます。こうした苦しい状況を和らげて「その子らしい生活」を送ることができるようになります。

2. 副作用がほとんどない
免疫療法では患者の血液を採取し、免疫細胞であるリンパ球を増やして投与するので、拒絶反応といった副作用 がほとんどみられません。

3. 延命効果、再発予防が期待できる
がんの成長を抑制し、全身に散らばったがん細胞を攻撃して効果を発揮します。

脂肪幹細胞療法(自家・他家)
様々な炎症性疾患・自己免疫性疾患が適応となる可能性があります。

当院では健康な犬猫の脂肪を採取・培養・凍結し必要な動物にいつでも投薬できるよう幹細胞をストックしています。

色素(ICG)を用いた半導体レーザー治療

「優しい治療」と「高度医療」をご提案するために半導体レーザーを導入しております。

・がんの治療
がん治療についてICG(インドシアニングリーン)という色素を用いたレーザー補完代替療法を準備しております。
体外からレーザー照射する事によって、腫瘍の血管増殖や炎症を抑え、延命とQOLの上昇を目指します。

・体表のイボを除去
半導体レーザーを使えば、イボの除去も簡単!痛みを抑えた治療だからペットも安心です。

・歯周病・歯肉炎の治療
歯周ポケット内の殺菌作用とともに、歯肉を引き締める効果があります。ペットの口臭が気になるときはぜひご相談ください。歯石取りと一緒にどうぞ!

・去勢・避妊におけるシーリング
腹腔内に糸などの異物を残さずペットの負担を軽減できます。

・レーザーセラピー
半導体レーザーの光は、組織の内部深くまで透過していくため、高いセラピー効果が得られます。
椎間板ヘルニアによる疼痛を和らげます。
外傷の治療…傷の治療にも効果抜群です。治りにくい外傷については、レーザー併用をお勧めします。

ペットドック

ペットドックでは複数の検査を同時に行うので、多くの病気の早期発見につながります。また、病気の進行具合を判断して、今後の方針を決めることができます。さらには、健康なときのデータを毎年更新することで、今後の病気の発見がより早期にできます。

このような理由から、ぜひ年に1回、シニア動物は年に2回のペットドックをおすすめしております。

院長紹介

高橋 宏幸

メッセージ

紫原動物病院は2009年5月に開院致しました、鹿児島市紫原の動物病院です。2015年に現在の病院に移転致しました。

当院は地域の中核病院となるべく1.5次診療の実現を目標にしています。1.5次診療とはホームドクターが行う1次診療(フィラリア・ノミ・マダニ予防・避妊去勢手術等の予防医療、健康診断やペットドック、一般内科・外科)を行いつつ、さらに高度な獣医療を提供し治療にあたることです。また鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院等の2次診療施設とも連携をとりながらより良い獣医療を提供できるよう努めています。

また、伴侶動物の高齢化に伴う様々な出来事とうまく付き合っていく事にも重きを置いています。動物たちと飼い主様にとって何が一番良い方法か話し合い治療をさせて頂きます。

スタッフ紹介

獣医師:小野 優美子

飼い主様と動物に寄り添った診察を心がけています。ささいな事もお気軽にご相談下さい。
興味分野:腎泌尿器科、皮膚科、細胞診

獣医師:上野 真規

ペットホテル

病院詳細

病院名
紫原動物病院
住所
〒890-0082 鹿児島県鹿児島市紫原3丁目21−24 (地図)
電話
099-297-4649 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
ネット予約
ネット予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ
得意な診察領域
腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--
空いている混んでいる予約のみ

※水曜 9:00~12:00 (予約優先制、受付11:45まで)※午前中の受付は11:45、月・火・木・金・土の午後の診療の受付は18:45までです。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://mrskbr-vet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

4/10(日)、4/24(日)は院長が狂犬病集合注射のため診療時間が変更となります。(15時~予約制)
4/29(金)・5/3(火)~5/5(木)は休診になります。
水曜日は完全予約制となります。

地図

〒890-0082 鹿児島県鹿児島市紫原3丁目21−24

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬と猫の角膜潰瘍、内科と手術による治療 NEW

    生駒駅から車で5分にある「Rootsどうぶつ病院」は眼科診療に力を入れている。角膜潰瘍は犬猫で多い眼科疾患のひとつであり、傷の状態を正しく診断し、適切に治療内容を決定することが重要だ。滝本功卓院長に角膜潰瘍や白内障、眼科手術について伺った。

    • Rootsどうぶつ病院
    • 滝本 功卓院長
  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症、心臓病の投薬治療について NEW

    荻窪駅から徒歩15分、杉並区桃井にある「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」では、心臓病の専門診療を行っている。犬で多い僧帽弁閉鎖不全症と猫で多い心筋症の治療について、獣医循環器認定医である木﨑皓太院長に伺った。

    • 荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック
    • 木﨑 皓太院長
  • 一般診療から専門診療まで。チーム医療で飼い主に安心を届けたい

    横浜市都筑区の横浜青葉どうぶつ病院は、整形外科・外科が専門の古田健介院長と、循環器・画像診断・小動物の診療など専門を持つ獣医師によるチーム医療が特徴だ。開業までの経緯や、飼い主様とのコミュニケーションについて古田院長に伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 「栃木に高度医療を提供する」70年の歴史を継ぐ3代目の決意

    益子町の伏見動物病院は、北関東では数少ない前十字靭帯断裂の最新治療(TPLO、TTA、CBLO)を行う病院。整形外科と眼科では専門診療を実施、総合病院の役割も果たす。整形外科が専門の伏見寿彦先生に病院の特徴や痛みの少ない治療について伺った。

    • 伏見動物病院
    • 伏見 寿彦先生
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長