動物医療センター元麻布の評判・口コミ - 東京都港区【カルーペット】

動物医療センター元麻布
03-6384-5351
どうぶついりょうせんたーもとあざぶ

動物医療センター元麻布

アクセス数: 235 [1ヶ月: 157 | 前期間: 78 ]
所在地
港区 元麻布
診察動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
脳・神経系疾患 整形外科系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
六本木駅より徒歩9分。整形外科や神経外科、軟部外科などの高度医療が行える動物医療センターです。年中無休で朝9時から夜19時まで診療。無料駐車場1台完備。
経験を積んだ獣医師による、予防医療から検査・診断、そしてトータルで行える病院が都心にこそ必要です

近年では医療機器や検査機器の発達、医学知識の積み重ねにより、今まで分からなかった病気や治せなかった病気を治療することが可能となってきています。それに伴いペットの寿命は年々伸び、さらなる高度な医療が必要とされています。しかし、現在のところそのような高度医療を行う施設は大学など一部の病院に限られています。そして、そのような病院は数が少ないこともあり、すぐに診察して治療を行うことが困難なことも多く、治療までの時間が長くなることで、その間に病気が進行していってしまうといった問題点がありました。

動物医療センター元麻布は、小滝橋動物病院グループで多くの経験を積んだ獣医師や看護師からなるAMCグループの一つであり、一般的なワクチンや狂犬病などの予防医療から、病気の早期発見、整形・神経外科や軟部外科などの高度な医療をシームレスに実現いたします。また、小滝橋動物病院グループと連携をとることでCTやMRIなどの高次画像装置の利用が可能であり、専門的な手術も可能です。

「身近な高度医療」の実現のために努力してまいります。

ひとつでも多くの命を助けるために。

お知らせ

2020年11月3日に港区元麻布に開院した動物病院です。
もしもの際に、適切な診断と最善の治療が施せること。
そして、健康な日常を1日でも長く保つため日々のサポートにも注力すること。
これからの、安心できるかかりつけ医がスタートします。
病気の発見に必要なことは、豊富な経験と知見を持つ獣医師の見立てによる可能性の洗い出しと、適正な検査による絞り込みです。
動物医療センター元麻布では、大学病院での研修実績や認定医資格を持つ獣医師による診察と高度な検査機器による検査を院内または提携医療センターで実施できる環境にあることで、病気の早期発見を実現します。

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

得意とする科目

◆一般外科
◆整形・神経外科・軟部外科
◆腫瘍科(獣医がん学会Ⅱ種認定医)

整形・神経外科を専門としていますが、専門分野に限らず、早期発見、早期診断を心がけています。

患者さんにとってベストな治療法を提案できるよう日々精進してまいります。

設備

手術室にはCアームと呼ばれる透視装置も備わり整形外科や神経外科、軟部外科など高度な手術も行えます。

また、獣医師の磯野は小滝橋動物病院グループで10年以上働いており、CT撮影やMRI撮影なども可能です。
また、専門医とのつながりも豊富で何か合った際には連携する事もできます。

提携施設

・小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター
(MRI・整形外科・脳神経外科)

・小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター
(CT検査・軟部外科・心臓外科)

タイムロスなく正確な検査をいち早く実施できるよう、先進機器も完備する2つの特徴を持つ医療センターと連携体制をとっています。

院長の磯野も週に1回、新目白通り第2高度医療センターにて診察に立っています。

院長紹介

磯野 新

メッセージ

得意とする科目:一般外科、整形・神経外科、腫瘍科(獣医がん学会Ⅱ種認定医)

整形・神経外科を専門としていますが、専門分野に限らず、早期発見、早期診断を心がけています。患者さんにとってベストな治療法を提案できるよう日々精進してまいります。

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 卒業
2014〜2020年 日本獣医生命科学大学 外科学研究室 整形外科研究生
2020年〜 日本獣医生命科学大学 外科学研究室 整形外科 大学院生
Synthes Vet Spine Seminar 修了 Synthes Vet TPLO Seminar 修了
AOVET Course - Advanced Techniques in Small Animal Fracture 修了
獣医がん学会Ⅱ種認定医

スタッフ紹介

中村泰治

小滝橋動物病院グループ顧問
腎泌尿器・軟部外科・整形外科

今井/岩崎/菅原

動物看護師

坂本/津久井

受付(英語対応可能)

病院詳細

病院名
動物医療センター元麻布
住所
〒106-0046 東京都港区元麻布3-1-34カピラ麻布1F (地図)
電話
03-6384-5351 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
脳・神経系疾患 整形外科系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

※年中無休(三が日を除く)。ご予約をお願いしております (当日予約可)。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://amc-motoazabu.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

2020年11月3日に港区元麻布に開院した動物病院です。
もしもの際に、適切な診断と最善の治療が施せること。
そして、健康な日常を1日でも長く保つため日々のサポートにも注力すること。
これからの、安心できるかかりつけ医がスタートします。
病気の発見に必要なことは、豊富な経験と知見を持つ獣医師の見立てによる可能性の洗い出しと、適正な検査による絞り込みです。
動物医療センター元麻布では、大学病院での研修実績や認定医資格を持つ獣医師による診察と高度な検査機器による検査を院内または提携医療センターで実施できる環境にあることで、病気の早期発見を実現します。

地図

〒106-0046 東京都港区元麻布3-1-34カピラ麻布1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~ NEW

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓の超音波検査に精通し、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針について伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
  • 犬の特発性てんかん~国際基準に準拠した診断と治療~ NEW

    高田馬場駅から徒歩6分の「小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター」は神経系疾患の治療に強みを持つ病院だ。発作を起こす病気は特発性てんかんや脳腫瘍など複数あり正しい診断が重要である。大竹大賀先生に、てんかんの診断や治療について伺った。

    • 小滝橋動物病院 新目白通り 第2高度医療センター
    • 大竹 大賀先生
  • 犬・猫の内科疾患

    西武新宿線狭山市駅から徒歩10分にある彩の森動物病院は、大学附属病院で培った経験を活かし、腫瘍や血液内科疾患など治療が困難な疾患の治療にもあたっている。また嘔吐や下痢といった一般的な消化器内科疾患から内視鏡を用いた処置まで様々な診療を行う。

    • 彩の森動物病院
    • 鴨林 慶院長
  • 犬猫の腎臓病。症状と治療法

    世田谷区代田の羽根木動物病院は、犬・猫の腎臓病治療に力を入れている。慢性腎不全は完治が難しいが、早期に発見して治療を開始することで延命できる場合も。院長の有井良貴先生に、腎臓病の症状や検査、最新の治療法である再生医療について話を伺った。

    • 羽根木動物病院
    • 有井 良貴院長
  • オーナー様と共に考え治療を創る、セカンドオピニオンにも対応

    大阪市天王寺区の「クレア動物病院」は、一次診療からセカンドオピニオンまで幅広く提供。供血犬がおり、輸血にも対応している。どんな病気にも全力を尽くす田中誠悟院長に、病院の特長や病院名の「クレア(=創る)」を体現する治療方針について伺った。

    • クレア動物病院
    • 田中 誠悟院長
ページトップへ