アルマ動物病院の評判・口コミ - 東京都世田谷区【カルーペット】

アルマ動物病院
03-5758-6658
あるまどうぶつびょういん

アルマ動物病院

4.29
アクセス数: 17,895 [1ヶ月: 197 | 前期間: 235 ]
所在地
世田谷区 中町
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
循環器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 内分泌代謝系疾患
世田谷区の『アルマ動物病院』、糖尿病・内分泌病センター、リハビリ施設完備、循環器・皮膚・栄養相談・健康ドック、日祝も12時まで、駐車場5台完備
世田谷区の『アルマ動物病院』は、糖尿病・内分泌病センター・リハビリテーション施設を完備した動物病院です。

しっかり聞いて、診て、説明して、じゅうぶん理解して頂けるような診察を心がけています。

1.糖尿病・内分泌病センター
豊富な経験と知識をもとに、最適な食事療法とインスリン療法を駆使することで正常血糖をめざし、正常な日常生活を実現し、合併症(白内障による失明や腎疾患など)の発症を予防します。

2.リハビリテーションと整形外科
各筋肉の張りや萎縮を評価して、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患や靭帯損傷・関節炎などの四肢関節疾患の診断をおこなっています。
まず内科療法である薬物療法やレーザー治療と共にリハビリテーションを積極的に行っています。

3.循環器科・皮膚科・体格・栄養相談・健康ドック
・皮膚科
免疫系や内分泌系の検査を必要に応じて行い、治療に関してもドッグフードを主体とした食事そのものから見直して栄養指導を行うと共に、皮膚の状態にあったエッセンシャルオイル、アミノ酸、ビタミン剤などの添加と、薬浴等を併用する治療を行っています。
・体格・栄養相談
体格の診断として獣医学的な骨格系と理学的な筋肉・腱・靱帯系、そして体脂肪測定を行い、トータルな体格診断を行います。
・栄養相談
犬や猫の代謝を考慮して、ハンドメイド食を取り入れた栄養指導を行っています。
・健康ドック
年2〜3回は健康検査を!との主旨で特に高齢の犬猫で推奨しています。                         

家族の一員としてかけがえのない“うちの子”にたいしてアルマ動物病院は、飼い主様と共に心の通い合う治療を常に心がけて行い、あわせて“健康の増進”のお役に立ちたいと考えています。

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

ぴのらん
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

キャバリア10歳です。昨年末から、びっこをひくようになり、かかりつけの動物病院で診てもらった時は「様子見」でした。 今年6月に段々症状が酷くなり、別の病院でレントゲンを撮ってもらい、関節炎と診断され... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年07月 
4.5
十字石419
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

マラセチアという皮膚病にかかってしまった愛犬♂3歳。他の病院でもらっていた塗り薬・飲み薬と毎週うちで専用シャンプーをしているのにもかかわらず一向に症状が良くならなかったので、セカンドオピニオンを聞けた... (続きを読む)

投稿時期: 2016年05月 | 来院時期: 2016年01月 
4.0
ホワイト390
さん
1人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

いつも家に来ていた野良猫を保護して飼うことにしましたが、その子は、いつも鼻を気にするように手で触っていたり、鼻水が出てたり、鼻が詰まったようにブーブー鳴ったり、くしゃみも頻繁にしていました。 野良猫... (続きを読む)

投稿時期: 2015年08月 | 来院時期: 2004年 
4.5

5件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

糖尿病・内分泌病センター

糖尿病・内分泌病の2次診療施設として、豊富な経験・知識と技術で診療を行っております。
お困り・ご不安がございましたら是非お問い合わせ下さい。

当院の治療方針は豊富な経験と知識をもとに、最適な食事療法とインスリン療法を駆使することで正常血糖をめざし、正常な日常生活を実現し、合併症(白内障による失明や腎疾患など)の発症を予防します。

糖尿病治療の主体は飼い主様となります。
このため複雑な病態の把握、治療への理解と技術をしっかりと習得して頂く必要があります。
当センターではこれらをカウンセリング形式で行っております。
外来時間外の予約診療となります。
診療は飼い主様、担当獣医師様からお電話でのご予約をお願いします。

リハビリテーションと整形外科

テネシー大学発行のリハビリテーション公式ライセンスであるCCRPをもとにしたリハビリテーションおよび理学療法の院内セミナーを行っています。
当院スタッフは各筋肉の張りや萎縮を評価して、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患や靭帯損傷・関節炎などの四肢関節疾患の診断をおこなっています。

まず内科療法である薬物療法やレーザー治療と共にリハビリテーションを積極的に行っています。                              特に2008年から付属施設“Club Alma”において水中療法であるハイドロセラピーをおこない、豊富な経験を積み重ねてたくさんの成果を挙げています。

当院付属のハイドロセラピー施設“Club Alma”は2008年にスタートして以来、多くの症例の施術を行ってきました。2015年に全面リニューアルをおこない、ジェットプールの拡大、超音波バスを導入しました。

対象の症例を整形外科手術後のリハビリテーションはもちろんのこと、手術を行っていない関節疾患などにも積極的に施術をおこない、内科療法の1つとしてのリハビリテーションに力を入れています。

循環器科・皮膚科・体格・栄養相談・健康ドック

◆循環器科
心臓内の血流を観察するドプラー解析法を用いた超音波検査を中心に行っています。
この超音波検査法によって診断と共に心機能の評価を行って最適な薬物の選択をし、定期的な検査により治療の評価を行います。

◆皮膚科
免疫系や内分泌系の検査を必要に応じて行い、治療に関してもドッグフードを主体とした食事そのものから見直して栄養指導を行うと共に、皮膚の状態にあったエッセンシャルオイル、アミノ酸、ビタミン剤などの添加と、薬浴等を併用することによって、出来るだけステロイドを使用しないような治療を行っています。

◆体格・栄養相談
体格の診断として獣医学的な骨格系と理学的な筋肉・腱・靱帯系、そして体脂肪測定を行い、トータルな体格診断を行います。
そして、その子その子にあった、栄養と運動の指導を行っていきます。

◆栄養相談
犬や猫の代謝を考慮して、ハンドメイド食を取り入れた栄養指導を行っています。

◆健康ドック
年2〜3回は健康検査を!との主旨で特に高齢の犬猫で推奨しています。
春の健康診断よりも検査項目を増やして、より総合的な診断を行います。

院長紹介

長谷川 承

メッセージ

当院は“ALMA”(スペイン語で“心”)の通い合う病院をモットーとして2001年に開院致しました。
そして気軽に何でもお話し頂け、ご相談頂ける。
そんな病院を目指しています。

私は大学院時代からライフワークとして糖尿病を研究、診療しています。
糖尿病は食事管理が最も大切な疾患の1つで、治療を通して栄養の重要性を痛感するようになりました。
この思いから開院時より“健康も病気も食事から”として栄養指導を大きな柱としておこなっています。
しかし、運動不足による肥満症や関節疾患は栄養指導だけで治療・予防することが難しいことから、運動療法としてハイドロセラピーをもう一つの柱としておこなっています。
現在では整形外科手術後をはじめとする各リハビリテーションと共に免疫や自律神経など内科学的な分野での効果にも取り組んでいます。

家族の一員としてかけがえのない“うちの子”にたいしてアルマ動物病院は、飼い主様と共に心の通い合う治療を常に心がけて行い、あわせて“健康の増進”のお役に立ちたいと考えています。

スタッフ紹介

医師

・興田(よだ)(写真左)
得意科目
腫瘍学、画像診断、理学療法(ハイドロインストラクター)

・箕内(写真右)
得意科目
皮膚科

医師

・福永(写真左)
得意科目
歯科、理学療法

・藤木(写真右)
得意科目
皮膚科、麻酔科、救急、理学療法

病院詳細

病院名
アルマ動物病院
住所
〒158-0091 東京都世田谷区中町4-24-18-101 (地図)
電話
03-5758-6658 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
循環器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 内分泌代謝系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
08:45-11:0008:45-11:0008:45-11:00-08:45-11:0008:45-11:0008:45-12:0008:45-12:00
14:45-18:0014:45-18:0014:45-18:00-14:45-18:0014:45-18:00--

※休診日/第1・3月曜日・木曜日 ※木曜が祝日の場合は休診

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.alma-ah.com
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒158-0091 東京都世田谷区中町4-24-18-101

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • 犬・猫のリンパ腫。診断と治療

    名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、がん治療に力を入れている。岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や経験も豊富な院長の伊藤祐典先生に、がん治療に取り組む姿勢やリンパ腫についてお話を伺った。

    • パル動物クリニック
    • 伊藤 祐典院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • 犬の膿皮症の治療~再発性膿皮症と薬剤耐性菌への対応

    川西能勢口駅から徒歩10分の「川西池田いぬとねこの病院」では皮膚科・耳科の診療に力を入れている。犬で代表的な皮膚科疾患である膿皮症は、再発をしやすく薬剤耐性菌を考慮した治療が欠かせない。山本孟院長に再発性膿皮症と薬剤耐性菌について伺った。

    • 川西池田いぬとねこの病院
    • 山本 孟院長
ページトップへ