口コミ: 全国のイヌのジクロード 3件【カルーペット】

口コミ検索: 全国のイヌのジクロード 3件

全国のイヌを診察するジクロードに関する動物病院口コミ 3件の一覧です。

[ 病院検索 (10817件) | 口コミ検索 ]
17人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています
工藤動物病院 (東京都中野区)
投稿者: ホククと さん
5.0
来院時期: 2011年04月 投稿時期: 2012年10月
うちの犬は元々片目が白内障にかかっていたのですが、もう一方の目も白内障になり、散歩中も物にぶつかることが多くなりました。ネットで調べた結果、ここの病院・先生は犬の白内障手術において優れた腕・設備を持っているとわかり、はるばる来院しました。白内障手術についてはかなりの数をこなしているようで、少し安心しました。
手術後一週間の入院を経て犬を迎えに来院しました。術中の経過についても細かく記録されていて(何時何分縫合など)、その後のリスクや対処についても詳しく説明していただけました。それでもわからないことがあったり、不安なことがあったりしたら、電話・来院してくださいと言っていただきました。先生・助手さんの対応もあり、安心感を持つことができたと思います。
本当に評判の良い病院のようで、診察待ちをしている間にも次から次へと飼い主の方が来院されていました。保険が効かないペットの手術ということで、かなり高額ではありましたが、元気に走っている犬の姿を見て、ここで治してもらって本当に良かったと思っております。
動物の種類 イヌ《純血》 () 来院目的 その他
予約の有無 あり 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 10分〜15分 診察時間 10分〜15分
診察領域 眼科系疾患 症状 黒目が白い
病名 白内障 ペット保険
料金 300000円 来院理由 Webで知った (当サイト以外)
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています
おがた動物病院 (山形県南陽市)
投稿者: 小梅 さん
4.5
来院時期: 2014年06月 投稿時期: 2014年08月
眼球自体が異常に盛り上がっており、目の中に黒い斑点が2,3個あるのを発見しました。涙も垂れ流れていて、斜視になっていました。
いつも行っている動物病院が休みだったため、親戚が行っている
おがた動物病院に急遽連れて行くことになりました。
病院はいつも患者さんでいっぱいらしく、この日も混んでいました。
待合室でしばらく待って、診察していただきました。
とても丁寧で、いろろな検査がありました。(カメラで撮ったり、ポンポンと眼圧の検査?など)
結果は、原因は不明。病名も、眼下の専門の所に行って検査しないとわからないとの診断でした。
ただ、このままだと緑内障になる可能性があるらしく、予防の目薬と飲み薬を数種類出していただきました。
とりあえず、経過を見ることにしたのですが、2日もすると目の腫れも引いてきました。
とても丁寧に見ていただいたので、不安が和らいだと思います。
動物の種類 イヌ《純血》 (フレンチ・ブルドッグ) 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 30分〜1時間 診察時間 30分〜1時間
診察領域 眼科系疾患 症状 目の色がおかしい
病名 ペット保険
料金 3600円 来院理由 知人・親族からの口コミ
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
127人中 124人が、 この口コミが参考になったと投票しています
工藤動物病院 (東京都中野区)
投稿者: たか さん
1.0
来院時期: 2017年06月 投稿時期: 2017年12月
 愛犬8才の白内障手術(両眼)をこの病院で受けましたが、術後ひと月経たずに網膜剥離を併発、両眼とも失明しました。以下はその経緯です。

 瞳が白くなり見え方も悪い様子のため、近所の医院の紹介で工藤動物病院を受診。白内障との診断で早期手術を勧められました。
 「犬の眼は手術の合併症対応が難しいが、克服するプロトコルを考案、他の医師へも開示している」との院長記事も読み、これは良い病院に会えたかと。
 検査では手術適合との診断で入院、手術。「無事成功」し術後1週めには院長いはく「この子はもう一生眼の心配はいらない!」とも。

 手術2週で抜糸。程なく片目が濁り、再三電話すること数時間でやっと電話口に出た弟子の先生は「炎症でしょう。院長が来る明日まで来ないで」と。翌日院長に診せ「濁りは薬で治るので全く心配ない」との診断でひと安心。

 ところが翌週、通院ももうすぐ最後という朝、突然犬の動作が異様に。全く見えていないのです。緊急で連れて行くと弟子の先生が「網膜剥離を起こして失明状態」。いはく、
・眼を強くぶつけたのでは。
・自分の足で眼を強くこすったのでは。
・生来眼が弱い子だったのでは。(何のための術前検査?)
・元々必ず成功するとは言ってない
等々、竦んでいる愛犬を押しやり「飼主が悪い/犬が悪い」に終始。
肝心の治療は
・眼の水を出すよう利尿剤を処方する
・眼の中の水が引けば見えるようになる
・次は来たい時にどうぞ(「次回の診察は?」に対して)

 工藤病院がこうした有様のため、日を置かず別の専門医院で診てもらった処、
ー激しい眼内炎症の痕跡があり、まだ収まっていない
ー炎症で発生した繊維素が網膜を内側から引っ張り、出来た裂け目から水が入り網膜が浮いた
ー治す方法は網膜の復位手術以外に無い。利尿剤で治る訳が無い
とのことで、白内障手術による典型的な合併症発症例ということでした。
(その後炎症が長引き、網膜の手術は見送らざるを得ませんでした。)

 辛い経験談でしたが、正しい病院選びをして同じ思いをしないで済む方が少しでもいらっしゃれば不幸中の幸いと、書き留めた次第です。  



動物の種類 イヌ《純血》 来院目的 入院
予約の有無 あり 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 1時間〜2時間 診察時間 2時間以上
診察領域 眼科系疾患 症状 黒目が白い
病名 白内障 ペット保険
料金 約70万円 (備考: 通院5回、入院4日、白内障手術両眼の総計概算) 来院理由 他病院からの紹介
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ